MENU
SEARCH

1つのiPhoneで2つの電話番号が使えるデュアルSIMを始めたら、世界が変わった。

これまで、仕事用とプライベート用でスマホを2台持ちしていたのだが、どうしても意識がその時に使っている方にいってしまっていた。

そのため、どちらかを家や職場に忘れてきたり電話に気付けなかったりなんてこともよくあったので、2台を管理するのを億劫に感じていたのだが、つい数ヶ月前にリリースされたahamopovoLINEMOという3大キャリアの新サービスがeSIMに対応することを知り、これを気にスマホを1台に集約することにした。

eSIMというのは、いわばデジタル化されたSIMカードのこと。物理的なSIMカードを差し込むことなく、キャリアの通信回線が使える。

ふたつの回線のうち、どちらかをeSIMにしてどちらかをリアルなSIMカードにすることでデュアルSIM(SIMカード2枚挿し)状態にすることができ、これによって仕事用の番号とプライベートの番号の両方を1つのスマホで受けることが出来るようになる。

昨年購入したiPhone 12 Proが、eSIM&デュアルSIMに対応していることもあって、新プランのeSIM対応を聞いた時からこの構想は頭の中にあったのだが、先日、重たかった腰をついに動かして、この手続きを行った。

結果は、“最高”だった。

一応、今後同じような運用を考えている人に向けて、僕のプロセスを紹介しておく。

目次

デュアルSIM化に必要だったもの

  • SIMフリーのスマホ
  • 身分証明書

この2点だけ。

デュアルSIM化にかかった時間

トラブルがあったため(後述)ぼくは結局2時間くらいかかったが、スムーズにできれば作業時間はトータル30分程度かと。

ただし、審査があったので間で30分くらいの待ちがあった。

デュアルSIM化前の状態

仕事用スマホの情報

機種: iPhone XS
キャリア: au
契約内容: 新auピタットプラン+通話定額
おおよその月額料金:5,000〜6,000円

プライベート用スマホの情報

機種: iPhone 12 Pro
キャリア: LINEモバイル
契約内容: コミュニケーションフリープラン 10GB / 音声通話SIM
おおよその月額料金:3,220円+通話料1,000円いかないくらい

2つ合わせてトータルで、10,000円くらいだった。

デュアルSIM化後の状態

使うスマホはiPhone 12 Proに統一し、リアルSIMはpovo、eSIMをLINEMOにすることでデュアルSIMを実現した。

キャリア1: povo
契約内容: povo+5分以内かけ放題
おおよその月額料金:2,728円+550円

キャリア2:LINEMO
契約内容: スマホプラン+通話オプション(割引キャンペーン)
おおよその月額料金:2,728円

合計金額は6,006円

データ追加や5分以上の通話でこれを超える可能性があるが、トータルデータ容量が40GBな上、5分以上の通話をすることはめったにない(と思う)ので、おそらくはほぼほぼこの金額でいけるだろう。

元々auのプランにあったかけ放題はなくなってしまったものの、5分以内は通話し放題だし、使える容量が相当増えたにも関わらず4割程度金額が安くなったので、結果的には満足している。

何よりスマホ2台持ちから解放されたのが嬉しい。

実は最初の構想とは違っていた

余談だがこのデュアルSIM体制、元々はahamo + povoの組み合わせで実現をする予定だった。

というのも、やはりdocomoの電波に対する信頼度が高かったし、元々LINEモバイルもdocomo回線で使い続けていたので、できればdocomoから離れたくなかった。

なので当初は

  • LINEモバイル→ahamo
  • au→povo

という乗り換えをしようとしたのだが、ここでふたつの問題が発生した。

まず第一に、ahamoの登録がうまくいかなかった。(dアカウントが認証されなかった)

これは当初から頻発していたトラブルらしいが、dアカウントにdカードを連携させているとahamoの契約ができないという謎仕様によるもの。(なんじゃそれ)

しかもdカードの連携解除のための暗証番号を忘れてしまってアカウントにロックがかかってしまい、ここで心が折れてしまった。

そもそもahamoは未だeSIMに対応しておらず(今後対応予定らしい)、そのためにはもう一つのキャリアをeSIMにするのが必須だった。

ここで第二の理由が出てくるのだが、auからpovoへの切り替えではeSIM化ができなかった。(別キャリアからのMNPであればeSIMでできるらしい)

これについても夏以降に対応予定らしいが、それまで待ってられない。

MNPはMobile Number Portabilityのことで、キャリアを乗り換える際に電話番号を維持したい時に使う方法。今回の場合だと、実質auのプランを変えているだけなのでMNPが出来なかった。

LINEモバイルからLINEMOはMNPによってeSIM化ができたので、すぐにデュアルSIMの実現をするためには、今回のpovo+LINEMOの組み合わせを選択するしかなかった。

キャリア切り替え&eSIM化の手続き

auからpovoへの切り替え

auからpovoへ切り替える際は、恐ろしくスムーズだった。

povoのページで申し込みを開始するとau IDを求められ、その後も必要に応じて情報を入れボタンを押していくと、あっけなく切り替えが完了した。

確かに、「auからpovoへ」とまるで乗り換えのような言い方をしているが、実際のところは料金プランを変えているだけなので、当たり前と言えば当たり前だ。

なんにせよ、「え?もう終わったの?」というくらいスムーズだった。

LINEモバイルからLINEMOへの切り替え

対してLINEモバイルからLINEMOへ移行する際は、事実上別のキャリアへの乗り換えという扱いになるため、間でMNPが必要だった。

まずLINEモバイルのマイメニューでMNPの予約番号を取得。5~10分程度かかるので、その間にLINEMOの手続きを始めるのが吉。

LINEMOの申し込みページでは、個人情報や免許証の撮影、自分の顔の撮影、MNP情報の入力などを進めていく。

この時、eSIMの選択が少しわかりにくいので要注意。画像↓の赤枠のところを選択しないとでてこない仕様。

入力が終わると、LINEMOの方で審査が始まり、30分後くらいにeSIM用のプロファイルのDLリンクがメールで送られてくるので、あとはリンク先の案内に従って手続きをしていくだけ。(上の申し込み画面から時間が経っているが、実際の待ち時間は30分程度だった)

所定の手続きを済ませてeSIMのプロファイルをDLし、完了したら回線切り替えを終えると使用可能になる、というプロセスだった。

実際のプロセスについては以下の記事について記載したのでもしよかったらご参考に。

この時、実はpovo(au)のSIMの入れ替え作業も同時に行っていたのだが、設定の際に間違えて一度eSIM用のプロファイルを消してしまった。

手続きに従い「回線切り替え」ボタンを押す→スマホを再起動するというプロセスが必要なのだが、これをし損ねるといつまでたっても電話番号が認証されず圏外の状態になるので、不安になってプロファイルを一度消す人が多いらしい。

その後プロファイルの再設定を試みるもDLリンクが再利用できず、サポートに電話したりしていて、結局開通までに1時間くらいかかってしまった(結果的にはLINEMOのマイページから再DLできることがわかり事なきを得たのだが、調べてみるとよくあるミスらしい。)が、ちゃんとやればこの辺りの手続きも5分もかからないだろう。

デュアルSIM化のメリット・デメリット

デュアルSIM化のメリット

実際にデュアルSIMにしてみて、なんとまぁ便利なんだと実感している。

一つのスマホで二つの番号。

電話の取りこぼしもないし、両方の番号でSMSも使える。

どちら宛の電話なのかも一目でわかるし、こちらからかける際も、相手に応じて電話番号を切り替えられる。

なにより二つ持ち歩かなくていいというのが最高だ。

休日は仕事用だけ留守電になるように、なんてことができるのかはまだわからないが、そのあたり細かく設定できれば、非常に取り回しがよくなるだろう。

あとこれは個人的な嗜好の問題だが、iPhoneのコントロールを開いた時にふたつのキャリアが出てくるのはまだ珍しいので、友達とかに自慢できる。(実際、うちの妻がこれをみた時に「かっこいいーーー!」と叫んでいた

デュアルSIM化のデメリット

ただし、良い点ばかりでもない。

上述した設定がもしできない場合、休みだろうがなんだろうが、このスマホに来る仕事用の連絡から逃れられない。

夜間モードを使うなどの対策は出来るが、オフの時は物理的に仕事用のスマホを遠ざけるというのはメンタルコントロールにおいて結構有用な方法だったため、これができなくなるので少し注意が必要だ。

また、LINEなどのアカウントを切り替えられる機能のないアプリは、二つのアカウントを同時に使うことはできなくなった。(Androidではマルチアプリのような機能を使ってできるらしいが)

特にLINEはほとんどはプライベートでしか使っていないのだが、一部仕事用のスマホに入れていた別アカウントで取引先の人とやり取りしているのもあって、この時だけは古い方(iPhone XS)を使わなくてはいけなくなったのは、少し億劫だ。

これもやり取りにLINEを使うのを辞めるか、本アカウントに移行する形で対応しようと思う。

まとめ

というわけで実際にデュアルSIM化するまでの工程と、やってみて感じたことについて書いてみた。

今まで当然のように2台持ちをしていたが、やはりスマホは1台がいい。

もちろん上述したデメリットもあるが大したものではないし、それよりも電話を取り損ね続けたりどこかに忘れてきたりするよりはずっといい。

何よりこの環境を実現するために必要な工程がこんなに簡単だったことが驚きだった。

デュアルSIMでなくても、もし新キャリアプラン(特にau→povo)の乗り換えを検討している人は、本当に簡単なのでさっさとやっちゃった方がいいと思う。

そんな感じで。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

PLEASE SHARE
さがやん
ブロガー/企画屋
仕事や遊びを効率化するガジェットやツールを愛して止まないブロガー。大阪でデザイン制作やスタジオ運営をする会社を経営しながら、田舎の古民家と行き来する二拠点生活を行っています。
目次
閉じる