Macbook Pro 15インチ(mid 2010)のHDDをSSDに換装したら現役続行余裕だった話。

Macbookpro_hdd_ssd

着々とギークの道を歩みつつある気がします。

前々からやりたいなーと思っていた、Macbook Pro(mid 2010)のSSD換装。
準備が整ったのでついに実行に移しました!

今回は、そのプロセスの備忘録です。Macbookpro_hdd_ssd

SSDとは?

そもそもSSDってなんじゃい、という方のために簡単に。

SSD=Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)。
中身のことは僕も詳しくわかりませんが、HDDのもっとすごいやつという認識。(雑

SSDにするメリット

とにかく早くなる

実際にSSDを搭載したPCや換装済みのMacbook Proを触らせてもらっての感想です。

僕のMacbook Proはもう4年目に突入し、動きもかなりもっさりしてきたので、現役続行のためにSSDへの載せ替えは不可欠と感じていました。

SSDにするデメリット

SSD換装にはいくつかのデメリットもあります。

まず、HDDに比べて高い。

一時期よりマシにはなりましたが、それでもまだ高い。

1TBなんかにすると、ちょっと気軽に買える値段ではなくなります。

またwiki曰く、データ復旧できないとのこと。

方法が確立されてないので、故障した時にデータの復旧が出来ないそうです。

とはいえ、自分はデータ復旧なんてしたことないし、それは別にいいや、ってことで換装決定。

用意したもの

Macbookpro_hdd_ssd

そんなわけで換装作業に移るため、まずは用意したもをまとめて紹介。

Samsung SSD 840 EVO 120GB

言わずもがな、SSD本体です。

実はSamsung製品にはあまりいい思い出がない(GalaxyS2は酷かった)ので極力買いたくなかったのですが、値段に負けて購入してしまいました。

ただし、もともと320GBのHDDから120GBに容量をグレードダウンです。

データ管理はほとんどクラウドと外付けに移行するとして、中身のストレージは節約する方針に切り替えました。

ドライバー(T6)

created by Rinker
兼古製作所(Anex)
¥395 (2020/08/07 21:16:03時点 Amazon調べ-詳細)

この段階ではまだよくわかっていなかったのですが、Macbookを開けるために特殊なドライバー(T6型と呼ばれるもの)がいるということで注文しました。

後々わかりますが、これだけは代替がほぼ不可能だと思うので、一番安いのでいいので購入をおすすめします。

普通のプラスドライバー

created by Rinker
兼古製作所(Anex)
¥1,185 (2020/08/07 21:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

一応僕がセットのをもってるのでセットで紹介してますが、単体のプラスドライバーで問題ありません。

サイズは、PH00というものを用意しましょう。

HDDケース

取り出したHDDを格納するためのケース。

移行だけならSATAケーブルというものだけ用意すればいいのですが、自分は取り出したHDDをそのまま外付けHDDにするつもりだったのでケースを購入しました。

本体HDDのデータ整理

まず、予算の関係で120GBのものしか買えなかったので、データを削減。

もともと約300GBほどあったデータを外付けHDDに移したり削除したりして、80GBくらいまで減らしました。

TimeMachineでバックアップ

HDDのデータを、TimeMachineを使ってバックアップしてください。

最新のデータにするため、作業直前がおすすめです。

SSDのフォーマット

続けて、新しく購入したSSDを、Mac用にフォーマットします。

購入したHDDケースに新品のSSDを挿入。

Macbookpro_hdd_ssd Macbookpro_hdd_ssd

(別にケースに入れなくても、ケーブルをつなげば大丈夫です。)

Macbookpro_hdd_ssd Macbookpro_hdd_ssd

認識したらライトが点灯しました。

そしたら、アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティを開いて

①パーティション追加
②名前を決定
③フォーマットを”Mac OS 拡張(ジャーナリング)

Macbookpro_hdd_ssd

で適用したら完成。

本体のHDDとSSDを入れ替える

いよいよ本番。
Macbookpro_hdd_ssd

プラスドライバーで、裏の10個のネジを外していきます。

▼開けてびっくり
Macbookpro_hdd_ssd

きったな!!!!!!

そもそも開いたのが二年ぶりくらい。

そらホコリもたまりますわ・・・。

ホコリ取りで掃除しました。

本体右下の黒い部分を開くと、HDDが現れます。

▼まずは、上の2つのネジを外します。Macbookpro_hdd_ssd

▼こんな感じで取れました。
Macbookpro_hdd_ssd

▼そしたらHDDを慎重に外します。
Macbookpro_hdd_ssd

テープ型?のケーブルなので、勢いよく取るとちぎれちゃいそうです。慎重に。

▼引っこ抜きます。
Macbookpro_hdd_ssd

次は外したHDDについてる特殊なネジを外します。

▼ここで例の、T6の星型ドライバーが登場。Macbookpro_hdd_ssd

▼4つのネジを外して、それをそのままSSDの方に装着。Macbookpro_hdd_ssd

▼HDDを外したのの逆の手順で、同じように設置。Macbookpro_hdd_ssd

▼最初に外したパーツも付け直します。Macbookpro_hdd_ssd

念の為にカバーのネジは付けずにはめるだけでひっくり返し、起動してみます。

起動→OSインストール

先ほど外したHDDをケースに入れ、挿入。

「Command + R」を押しながら起動すると地球儀が現れて、言語選択。

そこからOS X ユーティリティになるので、Time Machine バックアップから復元します。

Macbookpro_hdd_ssd

通常であればこれで問題なく復元作業が完了するはずです。

が、自分の場合はちょっと面倒くさいことになりました。

HDDの”パーティション”容量に注意

注意しなくてはいけないのが、移行するときにSSDに必要な容量は、HDDの容量そのものではなくパーティションに使われてる容量だということ。

これを理解しないまま作業を進めていたので、途中ぼくは何度も失敗するハメに。

どういうことかというと、掃除してHDDの中身を80GBまで減らしたのですが、HDDのパーティションは200GBくらいで固定でした。(これ以下に出来なかった)それで120GBのSSDにディスクユーティリティから移行しようとした訳なんですが、原因がわかるまで軽く2時間はテンパってました。

簡単に言えば、中は80cmだけど枠は200cmの絵を、120cmの箱に入れたいって言ってるようなものだったんですね。

ちなみにこの解決策としては、USBメモリにいれたMacの復元ディスクアシスタント使う方法。

※使うUSBメモリは1GB以上であればなんでもOKらしいです。

下記リンクからディスクアシスタントをダウンロードし、USBメモリにアシスタントをインストールします。

復元ディスクアシスタント | Apple

インストールされたUSBをSSDを入れたMacに挿した状態で「option押しながら起動」すると、OS Xユーティリティが開きます。

そこから、OS新規インストール。

Macbookpro_hdd_ssd

上手くいくと、移行アシスタントが始まります。

Macbookpro_hdd_ssd

これで移行したいデータを選べば、あとは自動でサクサク移行がすすみます。

データ容量によっては結構時間がかかるみたいですが、

あとは、初めてMacを設定した時と同じように初期設定画面が続いてログインすると、移行元の状態がそのまま登場します。

===

とゆーわけで、長い道のりでしたがようやく移行完了です。

SSD換装して起動してみた感想

実際にどれくらい動きが早くなって見たかを検証するため、システム環境設定>起動ディスクに行き、起動ディスクをSSDに変えて再起動

…起動はやっ!!!!!!

正直、びっくりするくらい早くなってました。

今までだと、再起動押してからまともに起動するまでに5分くらいかかってた気がするんですが(酷い)、この時点で起動まで30秒を切ってました。感動。

追記:TRIM機能をオンにするのを忘れずに

これは当時知らなかったのですが、SSDにはTRIMという機能があって、これをオンにしておくか否かで、スピードや寿命が全然変わるようです。

なので、SSDに換装した人は必ずこちらをオンにするようにしましょう。

詳しくは下記の記事が詳しいです。

MacでSSDの速度を向上させる(速度低下を防ぐ)「TRIM機能」を有効化する – 「せきねさん家」 

SSD換装はおすすめ?

SSD換装マジおすすめ。

新しくMacbookを買い換えるより全然安いし、簡単だし、環境も変わらないし。

強いて言うなら容量が減ったから今後本体でのデータの扱いは気を使わなくちゃいけないけれど、より大きい容量を買えばそんな心配もいりません。

今使ってるMacが遅い、けど買い換えるのはちょっと・・・って方は、やってみる価値ありです!

シェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください