この記事を読む

海外で運転する前に知っておきたい交通ルールやレンタカー保険のこと

帰国子女、右車線走りがち。 どうも、SAGAT(@sagatman)です。 海外での運転は、日本とは全く異なります。 ぼくはアメリカで運転していましたが、日本とはかなり違う運転事情に最初はかなり戸惑いました。 ガソリンや交通ルール、保険のこ…

この記事を読む

映画「冷静と情熱のあいだ」に対する15年の想いをぶちまけます。フィレンツェ行きます。

皆さんの今までの人生で、一番見た回数の多い映画はなんでしょうか。 そもそも、多くの人は同じ映画を何度も見ることがないかもしれません。 ぼく自身、一つの映画を見返すということはあまりないのですが、人生において、「この映画だけは何度も見たし、こ…

この記事を読む

円からユーロへの両替でおすすめの方法は?一番レートが良く手数料が安い方法はこれだ!

今度イタリアに行くことになったので、現地通貨であるユーロを手に入れる必要が出てきたのですが、通常の両替だと高い両替手数料を取られそうなので、安い方法について調べてみました。 ドルの場合はFX口座を経由しての両替が一番安いことはわかっている(…

この記事を読む

「ili(イリー)」の記事まとめ。レンタル方法、使い方、感想などなど

2017年6月1日から4日まで、、株式会社ログバーさん&株式会社ビジョンさんの企画「iliトラベラー」に参加させていただき、瞬間翻訳デバイス「ili(イリー)」のモニターとして、3泊4日の上海の旅に行ってきました! こちらでは、「…

この記事を読む

【企画】「ili(イリー)」は本当に使えるのか!?上海の地元民におすすめスポットを聞いてみた結果・・・!

株式会社ログバーさん×株式会社ビジョンさんの企画で、「グローバルWiFi」&「ili(イリー)」を持って上海に行ってきました! 今回の旅では、YoutuberであるAKIRA TOKYOことアキラ(@akira_ca)と一緒だった…

この記事を読む

中国・上海でローカル体験をするために「ili(イリー)」を使ってきたよ!使い心地は?本当に役立つのか?

みなさんは、海外旅行に行くと王道な観光地を楽しみたい派ですか?それとも、ローカルな空気感を楽しみたい派ですか? ぼくは両方です。(オイ いわゆるインスタ映えするような絶景系の観光地は、「行った感」が味わえるので外したくないのですが、同時にそ…

この記事を読む

音声翻訳デバイス「ili(イリー)」の機能と使い方を徹底分析。どんな風に使えるのか妄想してみた。

インターネットを介さず、瞬時に言語を翻訳してくれる「瞬間翻訳デバイス」、「ili(イリー)」。 かなり広く話題になっていたので、ご存知の方も多いはず。 そんな「ili(イリー)」のモニターとして、株式会社ログバーさんと株式会社ビジョンさんの…

この記事を読む

噂の翻訳デバイス「ili(イリー)」を空港でレンタルしてみた!関空での受け取り方法や料金を紹介!

先日、上海に行ってきました。 中国って、ずっと行ってみたかったんですが、全く中国語は話せませんし、中国に友達もいないので、これまでなかなか行くチャンスがなかったんですよね。 しかし今回、あの話題の音声翻訳機「ili(イリー)」を開発する株式…

この記事を読む

Day37. スピリチュアル弱者がアメリカ最強のパワースポット「セドナ」に行ってみた結果(セドナ,アリゾナ)

もともと霊感のかけらもない人間ですし、霊的なものを感じたことも見たこともないのですが、それらを全く信じていないのかといえばそういうわけではなく、日本のヤオロズの神々だとか、ネイティブアメリカンの全てに精霊は宿るというような物事の考え方はすご…

この記事を読む

Day36. ぼくはもっと「感動できる」人間だと思っていた(グランドキャニオン国立公園ノースリム,アリゾナ)

初めてキーウエストに訪れたあの日、ぼくの胸は高鳴りました。 どこまでも広がる青い海に、自分が立っているのはアメリカの最南端であるという事実に。 バージニアへとたどり着いた時、どこまでも広がる自然に震えました。 その澄んだ空気と青々とした景色…

この記事を読む

ほぼ毎月旅行しているぼくの旅費節約テクニックをまとめて紹介する

航空券やホテルの予約をする時に、これらをできるだけお得に、安くしたい、と思うのが人の”さが”。 ぼくももちろんそのうちの一人ですが、長いこと海外に住んでいたり、人一倍旅行好きということあって、飛行機やホテルを取る機会…

この記事を読む

Day35. 絶景を目の前にしてあえてシャッターを切らないという勇気(アンテロープキャニオン)

カメラの技術が発展し、今やスマホでも驚くような写真が綺麗に、簡単に、撮れる時代になりました。 それ故に人は、目の前の素晴らしい景色を、瞬間を、とにかくそのカメラに収めようとします。 もしかしたら、自分の目そのものよりも、レンズを通して見てい…

この記事を読む

【動画あり】三重県松阪の知られざる名物?美味くて安くて幸せになれる「とりホル」とは。

三重県松阪に日帰り出張で行ってきました。 松阪と言えば「松阪牛」のイメージがありますが、地元の方曰く「松阪と言えば、”とりホル”ですよ!」とのこと。 とりホル・・・? 聞いたことのないワードでしたが、聞けば「鳥焼肉」…

この記事を読む

Day34. アメリカ人の自然リスペクト(グランドキャニオン国立公園〜ホースシューベンド)

国立公園を走り回って切に感じたのは、多くのアメリカ人が、ものすごく自然を大切にするマインドを持っているな、ということ。 もちろん、自国の大事な観光資源であるからケアするのは当たり前なんだけれど、その場所での人々の姿勢とかマナーがとてもしっか…

この記事を読む

Day33. 自然の中でキャンプするのは最高だけど風呂に入らないのは三日が限界だ(グランドキャニオン国立公園)

ユタからアリゾナへ入って、THEアメリカな景色を堪能し、(不本意ながら)新しいGoProも手に入れ、悠々と旅を再開したわけですが、一つ気がかりだったのが “思ったほどキャンプが出来ていない” ということ。 キャンプす…

この記事を読む

Day32. 憧れのアメリカ横断の景色に興奮しすぎたらGoProがぶっ壊れた話(モニュメントバレー)

「アメリカ横断」という言葉にみなさんはどんな景色を思い浮かべますか? ぼくにとってのアメリカ横断というのは、まさにこの上の画像、モニュメントバレーの景色でした。 どこまでも広がる荒野に一本だけ走る道。そこを駆け抜けていく一台の車。 この道の…

この記事を読む

Day31. ネイティヴアメリカンに見る「地球と調和する」という生き方(メサ・バーデ国立公園〜アーチズ国立公園,ユタ)

当たり前のことですが、かつて人は自然に存在するものを工夫して使い、熱や光、あるいは水や風などをコントロールして生きていました。 しかし今ぼくらは、いわゆる文明によって生まれた、いわば「人工物」によって「文明的な」(と勝手に呼んでいる)生活を…

この記事を読む

家の前にいたサワガニを食べる!?千種川の河川敷でバーベキューしてきました

大阪から友人であり仕事仲間でもあるデザイナーのUKIVARY(@ukeyvary)ことユーキくんが佐用町に遊びに来てくれていたので、一緒にリサーチも兼ねて色々とアクティビティをしてきました。 もともとアウトドアは好きな二人なので「河川敷でバ…

この記事を読む

佐用町南光ひまわり祭り2017開始!知っておきたい情報と注意点をまとめました。

ぼくが現在暮らしている兵庫県の佐用町では、夏季のあいだ南光ひまわり祭りというイベントが行われています。 佐用町の南光地区を中心に、各エリアで栽培されるたくさんのひまわりが一斉に開花して街を彩る姿は圧巻。 期間中は、関西・中部を中心に全国から…

この記事を読む

Day30. アメリカ大陸のど真ん中で現金を失って考えたもの。(キャニオン・デ・シェリー〜メサ・バーデ国立公園,コロラド)

知り合いが一人もいない、アメリカ中部の街のど真ん中で、お金がなくなりました。 というか、現金を得る手段を失いました。 当然めちゃくちゃ焦りました。 だってお金がないと「あれもできない」「これもできない」から。 そこで考えました。 「お金って…