ブログ内検索

イタリア 旅行 海外旅行

ウフィツィ美術館は予約なしでOK?チケットの種類や予約方法を紹介

更新日:

スポンサードリンク

フィレンツェの人気観光地のひとつであるウフィツィ美術館は、フィレンツェを実質的に支配していたメディチ家により16世紀に建設された、メディチ家の美術品を展示する美術館。

古代ギリシア、ローマの彫刻をはじめ、ボッティチェリや、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラッファエロらなどのルネサンスの巨匠の作品などが約2500点も展示されています。

年間の来場者数は200万人を超えると言われ、普通に入場しようものなら2~3時間待つことも。

しかし事前にちゃんと予約をしておけば、スムーズに入場することができます。

この記事では、ウフィツィ美術館を予約していく方法と、実際に行ってみたレポートを紹介していきます。

ウフィツィ美術館のチケットの料金について

2018年3月より、ウフィツィ美術館は新しい料金体系となりました。

  • 2018年3月1日から2018年10月31日まで20ユーロ
  • 2018年11月1日から2019年2月28日まで12ユーロ

ただし、予約して行く場合はこの料金に1枚あたり4ユーロの手数料が追加となります。

この価格を高いと見るか安いと見るかですが、4ユーロで待ち時間を大幅に短縮できると思えば、個人的には手数料を払っても予約していくことをおすすめします。

ウフィツィ美術館の予約方法

ウフィツィ美術館の予約方法は以下の3つ。

  1. 公式チケット予約サイト(B-ticket)から予約する(英語/イタリア語)
  2. チケットのオフィスに電話して予約(英語/イタリア語)
  3. 海外ツアー予約サイトVELTRAで予約(日本語)

英語やイタリア語に不安のある方は日本語が使える「VELTRA」を利用した方法がおすすめですが、ぼくは1番の「B-ticket」を利用してチケットを購入しました。

実際にぼくが行った方法を紹介します。

B-ticketでチケットを見つける

▼まずは「B-tcket.com」にアクセスし、GALLERIA DEGLI UFFIZI(ウフィツィ美術館)の「BUY YOUR TICKETS」クリックします。

▼次のページでは、日程を選ぶことができます。イタリア語と英語を切り替えることができます。

ウフィツィ美術館に行く日程を選んだら、次は時間帯です。

▼15分区切りで、入場する時間を購入することができます。

長居したい人が多いのか、午前中から売り切れていく傾向があります。

▼「Reduced and combo」のボタンをクリックすると、割引(Reduced)とセット(Combo)のチケットを選択できます。

  • 割引料金はEU加盟国に市民権を有する18~26歳の人のみに適用されます。
  • 無料料金は、18歳以下(16歳以下は大人の同伴が必須)の全員に適応。
  • その他、EU圏内で学ぶアート系の学生や教職員、その他関連団体の職員などは無料で入場することができます。
  • 毎月第1日曜日は無料開放の日となります。(大混雑するようです)

▼時間を指定したら、一番したのIn to the shopping cartをクリック。

▼次ページの内容に問題がなければ、Privacy Policyのチェックボックスにチェックを入れて「Continue」を押して手続きをすすめてください。

会員登録/ログインの画面になります。

▼おそらく多くの方が初めてなので、Registerを押して会員登録をしましょう。
(すでに会員登録したことがある方は、Loginで大丈夫です)

▼念のため、すべての項目の和訳をつけておいたので参考にしてください。(*マークが付いている項目のみ必須なので、ないところは飛ばしても大丈夫です。

▼すべての入力が無事完了すると、登録したアドレスにパスワードが掲載された確認メールが届きます。

▼メールに掲載されていた情報を入力して、ログインしましょう。

無事にログインできたら、ショッピングカートから、決済を行いましょう。

チケット料金の支払い

▼クレジットカードはVISA/Mastercard/America Express/JCB/Dinersを利用できます。

▼Buy Nowをクリックして、クレジットカード情報を入力します。

無事に支払いが完了したら、登録したメールアドレスに「La tua conferma ordine」というメールが届きます。

▼このメールに書かれた「Order no.(予約番号)」と「Customer(名前)」、「Customer Number.(顧客番号)」が受け取りに必要な情報となります。

▲ぼくは念の為、このメールを印刷して持っていきました。

※ちなみにこの時は、以前の料金体系なので現行の料金とは異なります。

チケットの受取り

当日、チケット受け取り窓口へと向かいます。

受け取り窓口は「3番」。

▼メインエントランスの、ちょうど向かい側の建物の一階にあります。

時間によっては、ここでもチケットの受け取りのために人が並ぶので、チケットの受取は時間に余裕を持って行うようにしましょう。

▼印刷したメールを見せたら、とても簡単にチケットを引き換えてくれました。

ウフィツィ美術館へ入館

受け取ったチケットを持って早速入館します。

▼ちなみにここがエントランス。

この列がどうなっているかというと...

▼この長蛇の列。

ちなみにこれ、事前に受け取ったチケットを持っている人の列です。

反対側に一般の列があるんですが、倍以上です。

絶対予約した方が、いいですよね...(笑)

ちなみに英語やイタリア語でチケットを予約するのが怖い、という方は、日本語で使える海外ツアー予約サイト、VELTRAを使うのがおすすめです。

>>>海外ツアー予約サイトVELTRAで予約(日本語)

ウフィツィ美術館に行ってきた

事前チケットを持っている人たちの列は比較的入場がスムーズで、一見長く見えた列も、30分程度並んだくらいで入場することができました。

▼基本的には、このような廊下が内側にある部屋をぐるっとかこんでおり、廊下から順番に部屋を見ていく、というのがこの美術館の鑑賞の仕方になります。

▼廊下には彫刻、天井にもびっしりと絵画が描かれており、建物の中を余すことなくアートが埋め尽くしています。

部屋の中は、シンプルな展示から、びっしりと絵画や彫刻に埋め尽くされた部屋まで、様々。

▼こちらは最も美しい部屋と言われる、トリブーナ。メディチ家のコレクションがしきつめられています。

▼廊下の窓の外からはドゥオモを見ることができたり

▼反対側からはアルノ川、ポンテ・ベッキオ橋を望むこともできます。

ウフィツィ美術館の名作絵画たち

ここからは、ウフィツィ美術館の主だった展示品の一部を、少しだけ紹介します。

▼荘厳の聖母(ジョット)

▼受胎告知(シモーネ・マルティーニ)

▼聖母戴冠(ロレンツォ・モナコ)

▼春(ボッティチェリ)

▼マニフィカトの聖母(ボッティチェリ)

▼ヴィーナスの誕生(ボッティチェリ)

▼ウルビーノ公夫妻の肖像(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)

▼受胎告知(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

▼ウルビーノのヴィーナス(ティツィアーノ)

▼ホロフェルネスの首を斬るユディト(カラヴァッジオ)

ウフィツィ美術館への行き方

ウフィツィ美術館へは、フィレンツェの玄関駅、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩がおすすめです。

ゆっくり歩いても20分、スムーズに歩いけば15分程度で到着します。

バスやタクシーを使うこともできますが、街の景色を楽しんでいるといつの間にか着くので、ぜひとも徒歩で行ってみてください。

住所Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI(Googleマップ)

そんな感じで。

円からユーロへの両替でおすすめの方法は?一番レートが良く手数料が安い方法はこれだ!

今度イタリアに行くことになったので、現地通貨のユーロを手に入れる必要が出てきたのですが、通常の両替だと高い両替手数料を取られそうなので、安い方法について調べてみました。 ドルの場合はFX口座を経由して ...

映画「冷静と情熱のあいだ」に対する15年の想いをぶちまけます。フィレンツェ行きます。

皆さんの今までの人生で、一番見た回数の多い映画はなんでしょうか。 そもそも、多くの人は同じ映画を何度も見ることがないかもしれません。 ぼく自身、一つの映画を見返すということはあまりないのですが、人生に ...

【地図付き】映画「冷静と情熱のあいだ」フィレンツェのロケ地巡り完全ガイド

映画「冷静と情熱のあいだ」が好きです。 好きすぎて、自分の30歳の誕生日をフィレンツェのドゥオモで過ごして来ました。 もちろんドゥオモだけでなく、あの映画に使われたフィレンツェのロケ地の数々を徹底的に ...

フィレンツェ ドゥオモ 予約
フィレンツェのドゥオモは予約必須!チケット料金や行き方について

フィレンツェに行ったら絶対に欠かせない観光地といえば、やはりフィレンツェ大聖堂こと「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」。 中でも、このサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドゥオモ(ドーム)に ...

関連記事

ブログ内検索

-イタリア, 旅行, 海外旅行

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2018 All Rights Reserved.