ブログ内検索

ライフスタイル

【クーポン付】タクシー配車アプリ「DiDi」の使い方。支払いシステムや評判も聞いてきたよ

更新日:

スポンサードリンク

タクシー配車サービスアプリといえば米大手「Uber」が有名ですが、利用可能なエリアは東京をはじめとする一部にとどまり、ぼくの地元・大阪では2018年10月現在、使うことができません。

そんな状況の中、中国の大手タクシー配車アプリDiDiが2018年9月に大阪に進出!

DiDi - AIによるタクシー配車

DiDi - AIによるタクシー配車

DiDi無料posted withアプリーチ

タクシー配車サービスの、待望の大阪上陸ということで、早速使ってきました。

実際の使い方やお金の支払い方、評判などについて解説していきます!

1,500円割引クーポンコード:JP2A7532

DiDiとは?

DiDiは、中国発のタクシー配車アプリ。

中国では「滴滴出行」の名前で知られるています。

UberやLyftと同じくアプリで簡単にタクシーをハイヤーし、決済もアプリ内で完了させることができるサービスで、2018年9月27日に日本上陸。

アジア、特に中国圏からの観光客が多いことを背景に、まずは大阪府内でサービスが始まりました。

DiDiは本来、通常のタクシー以外にも一般人でも自家用車でドライバー登録することができるのですが、日本では許可のない一般人がタクシー業務を行うことは禁止されているため、タクシー会社と提携してそのサービスを提供しています。

DiDiの使い方

そんなDiDiの使い方をご紹介します。

DiDiのインストール/登録

まずはアプリを手に入れないことには始まりません。

iPhoneの方はApp Storeより、Androidの方はGoogle Playストアからアプリをダウンロードしてください。

DiDi - AIによるタクシー配車

DiDi - AIによるタクシー配車

DiDi無料posted withアプリーチ

アプリを起動したらいきなりマップが表示されますが、まずは個人情報の登録が必要になります。 左上のアイコンをクリックして電話番号を登録しましょう。

DiDi タクシー アプリ 使い方

電話番号を入力するとSMS(メッセージ)が送られてきますので、そこに記載されている認証コードを入力してください。

Didi osaka app 2 2

あとは、【アカウント情報】より自分の名前を登録すれば。準備完了です。

DiDiでクーポンをもらう

 

DiDiでタクシーを呼ぶ

DiDiを起動するとまず、以下のように自分の現在地と稼働しているタクシーが表示されます。

DiDi タクシー アプリ 使い方

【どこへいきますか?】のフォームに目的地の名前や住所などを入力し、表示された場所にピンを立てます。

 

▼ちなみにクレジットカードを登録しない場合は、以下のように車内決済と表示。ただし現金の場合はクーポンは適応されません。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼クレジットカードを登録すると、カードの下四桁が表示されます。

DiDi タクシー アプリ 使い方

目的地が確定したら、次は乗車一を決めます。

 

▼ピンを動かして、ノリたい場所を設定。現在地である必要はありません。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼今回はちょうど反対車線にいたので、乗りやすいところにピンを置きました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼乗車位置が確定したら、タクシーを探し始めます。

DiDi タクシー アプリ 使い方

上にもある通り、5分以内に配車できない場合は自動的に注文がキャンセルとなるようです。

▼配車が決定すると、タクシーの現在地と到着予定時間が表示されます。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼リアルタイムで更新されるので、実際にどれくらいかかるのかがはっきりわかるようになっています。

Didi osaka app 8

DiDiで呼んだタクシーに乗る

▼無事にタクシーがやってきました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

DiDiで呼んだからって何も特別なとはなく、よく見るあのタクシーでした。

乗ると、アプリで表示されてる名前と目的地を確認されて、出発。

▼ドライバーさんは、iPad miniを操作していました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼動き始めるとスマホアプリの画面が切り替わり、目的地までの距離と残り予測時間が表示されます。

Didi osaka app 8

▼窓には、DiDiの広告ステッカーが貼られていました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

DiDiのタクシーにお金を払う

目的地に到着したら、支払いです。

ドライバーさんに許可をもらって、仕組みを解説してもらいながら写真を撮らせてもらいました。

▼まずはメーターで料金を確認。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼そして、アプリに料金を手入力。料金が確認できたら、アプリ決済をタップ。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼【お客様がクーポンを利用される場合があります】という通知が出るので、確認。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼最後に確認画面が表示されて、終了。

DiDi タクシー アプリ 使い方

この時はクーポンが適応されたので無料でしたが、たとえ料金がかかったとしても上記の画像の通り【現金でのお受け取りは不要】となっています。

クレジットカードでの自動引き落としになるので、現金のやり取りが一切ありません。

昔タクシーに乗った時に一万円を渡したら運転手に逆ギレされた苦い思い出があるぼくにとって、こんなにうれしいことはありません。

(まじで忘れねぇぞ阪○タクシー)

ちなみに、希望すれば紙のレシートや領収書も切ってもらえるようです。

DiDiのタクシーを降りたら

▼タクシーを降りてアプリを開いたら、いきなり【25%割引クーポン】が付与されました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

今回の利用について、シンプルに良かったか悪かったかが問われます。

なんとなく、ボタンの左右に違和感があるのは気のせいでしょうか(いいねの方が左っぽくない?)

▼良し悪しを選択したら、満足ポイントも選ぶ画面に。

DiDi タクシー アプリ 使い方

良かったポイントを選び、コメントを添えたら送信。

個人的にはめちゃくちゃいい運転手さんだったので、全部選択してさらにはお礼のメッセージまで書いておきました。

(ただし届くのかは不明)

▼あとでクーポンの画面を確認すると、下の方に先程もらった25%クーポンが付与されていました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

▼また直後に設定したメールアドレスにレシートが送られてきました。

DiDi タクシー アプリ 使い方

紙も現金も一切不要。

本当にアプリだけですべて完結しました。

うーん楽チン。

タクシー運転手にDiDiのことを聞いてみた

タクシーに乗っている道中、ドライバーさんにDiDiについて聞いてみました。

以前、普通に乗車した時にドライバーさんと、Uberを始めとするシェアリングエコノミーやUberについて話した時はかなり否定的だったのに対し、今回話したドライバーさんは、DiDiの仕組みについてはとても好意的に思っている、とのことでした。

聞いたところ、運転手としてはこれによって歩合が変わるわけでもないし、むしろ外国人などこれまで言語がわからないと乗せにくかったことへのハードルが下がって機会が増えたと感じているようでした。

ただ会社によっては、これまで使っていた車載カーナビを外さなくちゃいけなくなって、アプリのナビに不満を抱く人もいるとか。

それでもサービスそのものはとても便利だし、もっと広がればいいのに、と仰ってました。

DiDiを使ってみて感想

今回始めてこのDiDiアプリを使ってみたわけですが、正直満足度はめちゃくちゃ高かったです。

もともとぼく自身がキャッシュレスを好んでいるというのもありますが、世界でも最高水準のサービスを提供する日本のタクシーを、このシステムの中で利用できることに感動すら覚えました。しかも地元・大阪で。

一番使いやすいと思っていたUberと比べても遜色ない、あるいはそれ以上に満足度の高い体験ができました。

何よりドライバーがDiDiを使うことに前向きだったことが良かったです。

Uberは会社に所属しない個人がドライバーになれるということで、既存の業界を脅かし、嫌われましたが、DiDiは(あくまでも日本においては)互いにWIN-WINと感じれる仕組みを作り上げていました。これってすごい価値だと思う。

中国産、ということで色眼鏡で見る人も多いかもしれませんが、正直、アプリとサービスの完成度はかなり高いんじゃないかと。

これからもっと良くなって、広がっていけばいいな、という思いも込めて、全力で皆さんの利用をオススメします!

クーポンコード【JP2A7532】を入力すれば2,500円分のクーポンをもらうことができるので、まずはとりあえずお試しで無料利用してみてはいかがでしょうか?

そんな感じで。

関連記事

ブログ内検索

-ライフスタイル

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2018 All Rights Reserved.