iPhone 6 Plusの画面を保護するためにスクリーンプロテクターを導入しました。Tech ArmorのBallistic Glassは透過率99.9%で感度も最高!

SPONSORED LINK




eyecatch

iphone 6 Plusの大画面は非常に魅力的なのですが、その大きさはそのまま画面がダメージを受ける確率があがったことにもなってしまいます。
購入直後に画面がバキバキに割れた人の話などもあったので、僕も即座にスクリーンプロテクターを導入しました。

Tech Armor

今回僕が購入したのは、米Tech Armor社より発売されているモデル。
似たような商品が多く迷ったのですが、Amazon.comでのレビューが良く、ブルーライトをカットしてくれるのと画面の透過性が高かったのが決め手になりました。

開封の儀

届いたパッケージです。
iPhone6Review

裏側。
iPhone6Review

中を取り出してみます。
iPhone6Review
プラスチックのケースに一式が詰められています。

左から、プロテクター本体と説明書類、保証書。
iPhone6Review

説明書類の中には、クリーナーとプラスチックの板、そしてシールタイプのホコリ取りとマイクロファイバー。
iPhone6Review

説明書には、正しい貼り方が書いてあります。
iPhone6Review

ガラスタイプのものは初めてだつたのですが、思っていたよりも分厚く、固いんですね。
これは安心感があります。

貼り付け

早速貼り付けます。

まずは画面をしっかり拭いて埃をとります。
iPhone6Review

クリーナーでしっかり拭き・・・
iPhone6Review

シールとマイクロファイバーでホコリを一つ残らず処理。
iPhone6Review

埃がなくなったらいよいよ貼り付け!

…の前に、オフィシャルサイトで説明動画を見ましょう。

さらっとやってますが、中々緊張感があります。

頭の中でシミュレーションを一度やっておきます。
これをやるのとやらないのでは大違いだと、シカマルも言ってました。

さて、とゆーわけで本番!
iPhone6Review

慎重に角を合わせながら、貼る、というよりは載せる感じで設置します。

すると、中の空気がじわーっと抜けていき、画面に張り付いていきます。
iPhone6Review

ちなみに僕はこの時点でまだ貼り直しが出来ると勝手に勘違いしていたのですが、貼り直しは出来ません。要注意!(僕は結果的に少しずれてしまいました・・・涙)

空気を完全に抜くために、付属のプラスチック板で真ん中から外へ空気を押し出していきます。
iPhone6Review

以上で完成です!
iPhone6Review

まとめ

全iPhoneユーザーはプロテクターを貼るべきだ。
貼ってからの感度や画面の見やすさなどは、一切問題ありません。
むしろ、クリアさそのままで指紋も残らず、画面を保護している安心感もあって、いいコト尽くし。

こちらの製品は、ブルーライトカット版やより指紋がつきにくくなる版など色々あるので、一度見比べてみてはいかがでしょうか?

 
 
 
そんな感じで。

 
 
 

この記事の更新に使用したアプリ

カテゴリ:[仕事効率化][ユーティリティ]
カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]
↓このブログを書いた人↓

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。

LINE@発信中!

就職経験無し、田舎暮らしのフリーランサーが、この不安だらけの世の中でいかに楽しく生き残るかについて書く「現代サバイバル論」をLINE@で発信しています!

ブログでは見せない、ちょっと尖ったオピニオン発信中!