• Home
  • /
  • Webサービス
  • /
  • Facebookの誕生日を非公開にして当日を迎えたら・・・。(方法も紹介)

Facebookの誕生日を非公開にして当日を迎えたら・・・。(方法も紹介)

birthday2014

先日誕生日を迎えました。僕です。SAGAT(@sagadylan)です。

年に一度の誕生日。

ここ数年は、誕生日を迎える度にFacebookのタイムラインが友人からのメッセージで一時的に埋まり、めったにこない通知がポンポン鳴ることでその日だけは少しだけ人気者になれたような、そんな気分になっていました。

ですが、色々思うことあって、少し前から誕生日を非公開にし、そして当日を迎えました。

Facebookの誕生日を非公開にする方法

まずは簡単に誕生日の非公開方法を紹介します。
自分のページの右上、プロフィールの編集をクリック。

Facebook birthday

プロフィール画面から連絡先と基本データをクリックして、自分の誕生日あたりにポインタを持って行くと

Facebook birthday4

編集ボタンが表示されるのでクリック。

あとはこの項目を、自分のみに設定するだけです。

Facebook birthday2

誕生日を非公開にしようと思ったワケ

Facebookに「祝わされている」

元は外国にいる友人との繋がりのためだけに使っていたFacebookも、ここ数年で日本でもすっかりメジャーになりましたね。
登録している友人が増えてからは、毎日チェックする度になんらかのお知らせが表示されています。

その中でも代表的なのが「今日は〜さんの誕生日です。」ってアレ。

そして、誰かがそれに反応してタイムラインにお誕生日メッセージを書く度に更新されるお知らせ。
僕もご多分に漏れず、一度や二度しか会ったことのない人にでさえ、タイムラインに誕生日メッセージを書いていました。

でもある時ふと、気づいてしまったのです。

僕は心から本当にこの人の誕生日を祝っているワケではなく、Facebookの通知によって誕生日を祝わされているだけなのだと。

それは、互いに積み上げてきた関係性なんてものがなんの意味もなさない、リマインダーによる上っ面だけのグリーティングです。

それに気付いた時、僕はFacebookで人に誕生日メッセージを書くことを辞めました。
本当に誕生日を祝いたい友人には、メールやLINEなどで個人的に連絡するように決めたのです。

皆が誕生日を覚えてくれている、という「勘違い」

ただ、どれだけ自分が誕生日メッセージを書くのを辞めても、自分の誕生日が表示されている限り、その日を迎えれば心優しい皆さんが僕のタイムラインに誕生日メッセージを大量に投稿してくれるのです。

祝ってもらえることは決して悪い気はしませんが、冷静に考えてみれば誕生日を祝い合うような仲じゃない人からのメッセージはただの社交辞令でしかないし、人によっちゃ「また飲みに行きましょう!」なんて、そもそもあんたと飲みに行ったことねーし。

彼らは別に、この日が僕の誕生日だと知ってたわけではないですよね。Facebookによって「思い出させられた」かあるいは「初めて知った」だけです。

なんていうか、僕にとってこれは物凄く薄っぺらく感じられました。

そこで僕は考えた。

いっそのことFacebookで誕生日を非表示にしたら、本当に俺の誕生日を知ってる人だけが祝ってくれるのでは?!と。

当然ある程度の書き込みやメッセージは減るでしょう。
毎年メールををくれてたあの子からも来なくなっちゃうかもしません。

でも僕は決めたのです。ここでフィルターをかけることに。

これによって社交辞令はなくなり、本当に大事な友人達とのみ、祝いの言葉を言い合えるようになるのではないかという期待を込めて。

誕生日を非公開にした。

とゆーわけで、およそ半年くらい前から誕生日を非公開にしました。

当日が近づいて来ても、リアルorSNSでそれを匂わせる発言等は一切せず、ただ黙々と待ちました。

そして迎えた当日———。

と言っても、日本で0時を回った段階では、NYはまだ前日のお昼。が、日本にいる人間ならもうここで射程圏内に入ったわけです。

そんな(妹の誕生日の時に僕がやるように)0時にぴったりにメッセージを送ってくるなんて人間はさすがにいないわけですが、まぁ数時間でちょこちょこ届き始めるでしょう。という淡くない期待。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

 
 
 
 
 
 

日本時間の深夜三時。一通目が来ました。

差出人は

 
 
 

母!!!

やはりお母さんです。
一番最初にメッセージをくれたのは、愛しのマザー。I love you。

それから再び待ちます。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

 
 
 
 
 
 

NYの時計の針が0時を差した段階で、僕は「龍が如く 維新」をプレイしていました。
テーマソングであるONE OK ROCKのClock Strikesが、時の残酷さをより一掃引き立てます。

[ライブレポ]ONE OK ROCK Live in NY 行ってきた!けど・・・

いや恐らく、妹や日本の友達は時差を考えてくれてるのでしょう。

こっちが当日になってから皆送ってくれるんだ、良いやつらだなぁ!!

さぁみんな!僕の誕生日タイムの始まりだよ!!!

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

 
 
 
 
 
 

戦績(?)

birthday2014

結局メールをくれたのは、母のみ。

毎年、(日本時間で誕生日になる丁度のタイミングでメールを送らせていただいている)妹からは、一切の音沙汰無し!(後日電話で話した時も、触れられもしませんでした。)

父に至っては、「お前いくつだったっけ?」と年齢を聞かれる始末。
でもまぁぶっちゃけ我が家はこれで平時運転です。母LOVE。

問題なのは友人達。
Facebookの書き込みは当然減るだろうと思っていましたが、その他メール、LINEも含め、あろうことかゼロになるとは!!

ちなみに昨年僕のタイムラインに書かれたメッセージの数は、45人。その他メールも数通。
それが見事にゼロに。

予想では、少なくとも五人くらいはなんかゆってくれるかな、と思ってました。

全くなかったですね!はい!

皆Facebookの誕生日頼りすぎやろ!マジかよ!

birthday2014

まとめ

Facebookの誕生日非公開を考えている方はくれぐれもお気をつけて。
もし誰もあなたの誕生日を覚えてなければ、僕のように泣きを見ることになりますから。

え?ちなみにその後どうしたかって?
バリバリ公開し始めましたよね。はい。

さらに一年後

また別の実験もしてみました。 
一年間Facebookの誕生日通知オフ。お祝いメッセージを一切送らなかったら、自分の誕生日はどうなるのか?(方法も紹介)

SNSとうまく付き合うために

FacebookやTwitterの「どーでもいい」投稿に対する処方箋

ブログ始めて人生変わった。やってて良かった。

田舎暮らしをしながらサイト運営したり、Webや空間をデザインしたり、ディレクターしたり、文章書いたりしているフリーランス。ブログでは、こんなにも選択肢が多く、だけどなぜか生き辛いこの世界で「どうやったら【楽しく】生き残れるか」をテーマに、日々の暮らしに役立つモノの紹介、効率化、サバイバル術、その他「生きる」ためのあれこれについて書いています。 • • • プロフィール // 問い合わせ // Instagram