ブログ内検索

ガジェット

ASUSモバイルディスプレイMB16ac購入!USB-C対応だけどMacbookで充電しながらだと使えない!?

更新日:

スポンサードリンク

Asus mobile display  31  34

仕事をするにもブログを書くにも、家や会社では大抵外部ディスプレイを利用して二画面で作業しているのですが、外出先ではもちろんMacbook単体です。

ですがここ最近、打ち合わせのちょこっとした時に相手に自分の画面を見せたかったり、出張先や外でも二画面で作業したい場合などが増えてきました。

そんなタイミングで偶然、たまたま知り合いが持っていたモバイルディスプレイを見る機会が。

以前からUSBひとつで画面が二つにできるアイテムがあることは知っていましたが、まさかこんなにコンパクトで簡単なものがあったとは...!

想像以上の軽さ、薄さに、USBひとつで二画面環境が整うこのアイテムに衝撃を受け、その日の夜に即購入してしまいました。

ぼくのバックパックに新たに仲間入りしたこのアイテム、詳しく紹介します。

モバイルディスプレイ「ASUS MB16AC (ZenScreen) 15.6インチ」レビュー

Asus mobile display  1  34

この度ぼくのバックパックに仲間入りしたのがこいつ、「ASUS モバイルディスプレイ MB16AC (ZenScreen) 15.6インチ」。

友人がもっていたのは、これの前モデルだったのですが、価格が5000円ほどしか変わらなかったこともあって、最新版だったこちらを購入しました。

パッケージを空けると最初に迎えてくれるのは、本体のカバー。

Asus mobile display  2  34

折りたたみができるようになっており、形をかえることでディスプレイのスタンドになります。

Asus mobile display  3  34

中身をすべて取り出してみました。

Asus mobile display  5  34

内容品は本体のほか、専用カバーUSB-CケーブルとUSB-Aアダプタオリジナルボールペン説明書となっています。

高級感の漂うデザイン

本体は15.6インチの大画面で、メタリックなベゼルが高級感を醸し出します。

Asus mobile display  6  34

ふと見ると、ディスプレイ右下に丸い穴が。

実はここにボールペンをさすことで、なんとカバー無しでもスタンドとして使うことができるようになっています。

Asus mobile display  7  34

左下には二つのボタン。

これらを操作することによって、オンオフやモニターの輝度、色味などを調整することができます。

Asus mobile display  8  34

左側面にはUSB-Cの挿入口。

Asus mobile display  9  34

「ASUS MB16AC (ZenScreen)」はUSBからの電力のみで稼働するので電源がなく、よって入力端子はこのUSB-Cのものひとつだけです。

Asus mobile display  10  34

裏返すと、メタリックな背面パネルにキラリと光るASUS(エイスース)の文字。

Asus mobile display  11  34

誰に見せるものではありませんが、こういうところがカッコいいと使っている満足感が高まりますよね。

専用カバーで立て方が自在

Asus mobile display  12  34

専用カバーを装着してみました。

Asus mobile display  14  34

このように、本体を挟み込むようにして取り付けます。

ちなみにこの状態での薄さは8mm。激薄です。

磁石になっているので、取り外しも簡単。

Asus mobile display  13  34

ついている折り目に従っておることで、様々なスタイルでディスプレイを立てることができます。

Asus mobile display  16  34

おそらく、一番オーソドックスな立て方がこちらの背面で三角をつくる方法。

Asus mobile display  19  34
Asus mobile display  18  34

折り方もシンプルで安定感もバツグンなので、これならいつでもどこでも安心して二画面体制が取れます。

またこのカバー、縦置きにも対応

Asus mobile display  20  34

カバーの一部斜めになっている部分を折り込むことによって、少し傾いた状態でも安定感をもったまま縦向きに置くことができます。

Asus mobile display  21  34

また、見下ろすように作業をしたい時や打ち合わせなどにつかえそうなのが、ちょっと角度を小さくした立て方。

Asus mobile display  23  34

Asus mobile display  24  34

上の方に三角を作ることで、ほんの少し傾けた形が作れます。

12インチMacbookとの比較

Asus mobile display  25  34

持ち運びすることを前提としているので携帯性はとても重要ですが、Macbook(12インチ)と比較してみるとやっぱり結構サイズ感があります。

公式によれば、こちらのサイズは359.7mm(横)×226.4mm(縦)

少し大きめのカバンじゃないと、持ち運びはちょっとつらいかも、という感じ。

ちなみに重さは0.78kg。MacbookProが1.37kgなので、約半分くらいです。

モバイルディスプレイの使い心地

Asus mobile display  27  34

肝心の使い心地を確かめるために、繋いでみました。

接続はUSB-Cのケーブルを使用します。

Asus mobile display  26  34

シンプルにつなぐと、なんの問題もなく二画面表示になりました。

外でコーディングしながらプレビューできるとか、マジ最高。

Asus mobile display  29  34

左下のボタンで明るさや色味などを細かく設定が出来ます。

ちょっと操作にクセがありますが、慣れるとスムーズに使うことが出来ます。

Asus mobile display  30  34

Macbookで充電しながら使えるのか?

と、ここに来て一つ問題が発生。

ぼくが愛用しているMacbook12インチは、USB-C端子が一つしかありません。

ということは充電しながらディスプレイが使えない問題が発生。

ちなみに通常のUSB機器を接続したい場合は、ハブを利用して端子数を増やしています。

しかしこのHooToo USB Cハブ、USB-Cの挿入口は一つしかなく、それも充電用の入力用です。

Asus mobile display  1  1

Asus mobile display  32  34

しかしご心配なく。本製品にはUSB-Aへの変換アダプタが同梱されており、USB-Aタイプのハブにも接続可能です。

Asus mobile display  1  2

これでHooToo USB-Cハブにも接続は問題なし。

Asus mobile display  2  2

ハブ経由で接続すると、しっかり二画面で表示されました。

これで出先でも、充電を気にせずバリバリ仕事がこなせますね。

Asus mobile display  34  34

ちなみに、ハブを経由してるのに充電をしていないと、供給電力が不足して画面がうつらなくなります。

充電しないときは、本体と直接USB-C接続するようにしましょう。

この一枚が、ノマドワークを劇的にアップグレードする

いかがだったでしょうか「ASUS モバイルディスプレイ MB16AC (ZenScreen) 15.6インチ」。

可能な限り荷物をコンパクトにしたいノマドワーカーにとって、効率をとるのか軽さをとるのかは悩ましいところ。

かつてはぼくもカバンひとつに憧れたものですが、今では打ち合わせや出張時にはかかせないアイテムになってしまいました。

出張や旅行先でも二画面で作業したい人はもちろんのこと、コワーキングスペースなどで仕事をする人、会社のデスクを広く使いたいけど大きな画面も捨てがたい人などにもおすすめ。

約35,000円と、気軽に手を出しづらい値段ではありますが、二画面の恩恵やそこから生み出せる価値に投資するなら全然アリな選択かと。

0.8kgの重さを効率のために苦としないなら、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ブログ内検索

-ガジェット

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2018 All Rights Reserved.