成田空港に泊まるならカプセルホテル”9h(ナインアワーズ)”がオススメ。

9hrs  15 of 28

日本からニューヨークに戻る際に成田発の便を使ったのですが、朝の便だったこともあって前日夜に成田空港に入り一泊しました。

チェックインまで6時間ほど、到着ゲートのベンチで一泊するつもりで横になったのですが、それまでの移動(大阪から最終の新幹線で東京→成田)でかいた汗と現地の蒸し暑さに耐え切れず・・・。

そこで利用したのが、成田空港内にあるカプセルホテル“9h(ナインアワーズ)”

たった数時間の短い滞在でしたが、空港のベンチで寝るよりも遥かに心地よい体験が出来たので紹介させて頂きます。

9hへの行き方

Googleマップへのリンク

9hは、空港に連絡する第二駐車場の地下一階に所在。
成田空港第二ターミナルの二階より向かいます。

9hrs  28 of 28

二階から駐車場への連絡通路。
移動歩道(?)に乗って進みます。

9hrs  27 of 28

進んだ先に、大きく表記が。
キャリーの方は表記通りエスカレーターでもいいのですが、カートを利用している方はこの看板の真後ろにエレベーターがあります。

9hrs  26 of 28

地下に降りると、ペットホテルがあります。
そのまま真っ直ぐ進みます。

9hrs  24 of 28

左手に屋外につながる通路が。
目的地はこの先です。

9hrs  23 of 28

通路を進むと、無事到着です^^

9hrs  22 of 28

利用レポート

入り口に入ると、正面に受付、左は男性、右は女性用のドアというシンプルな構造。
受付で利用時間を決め、説明を受けて備品を受け取り、中に入ります。

ロッカー

9hrs  1 of 28

最初にロッカーがあり、ここで荷物を預けたり着替えたり。

9hrs  5 of 28

ロッカーは二段になっており、キャリーなら楽々入るサイズ。
スーツケースも問題なさそうです。

9hrs  3 of 28

こちらが受付で渡されたバッグ。

9hrs  4 of 28

スリッパ、館内着、歯磨きセット、バスタオル&ハンドタオルとなっています。

9hrs  1 of 1

館内着はこんな感じ。病院着みたいで決して行けてませんが、これに着替えて奥に進みます。

トイレ&洗面所

9hrs  21 of 28

出てくるのはトイレ&洗面所エリア。

9hrs  19 of 28

電源&ティッシュ付き。
備え付けのドライヤーもありました。

9hrs  18 of 28

この先に、カプセルエリアとシャワーエリアの分岐点があります。
先にシャワーエリアへ向かいます。

シャワー

9hrs  7 of 28

シャワールームはそれぞれ個室になっていて鍵も閉めれます。

9hrs  8 of 28

清潔感があって、結構広い。

9hrs  9 of 28

小物置きもあり。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープが備え付けられています。

9hrs  10 of 28

TAMANOHADA(玉の肌)というブランドとのオリジナルコラボ。
いい香りでした。

壁の表記にデザイン性が伺えます。

9hrs  11 of 28

カプセルルーム

先ほどの分岐点に戻ってカプセルルームへ向かいます。

写真、背後がシャワールームで、正面がトイレ/ロッカー、左がカプセルルームとなります。

9hrs  12 of 28

ここから先は完全にサイレント空間。

9hrs  13 of 28

普通のカプセルホテルと違うのは、カプセルの位置が下段上段とずらして配置されており、上の音が下にダイレクトに聞こえないようになっています。

室内はこんな感じ。

9hrs  15 of 28

サイズは決して大きくありませんが、人一人寝るには十分で特に狭い感じもしません。

9hrs  16 of 28

シーツがパリッとしているのが最高。

枕元には電源あり。

9hrs  17 of 28

ライトはノブで微調整が可能です。

右側には、bgmと書かれた音量調節らしきノブと、非常用のボタンが。
bgmに関しては、よくわかりませんでした。音楽流れてなかったけど、深夜だったからかな。

料金

気になる9hのお値段ですが、宿泊4.900円~と、カプセルホテルにしては少々高めの値段設定になっています。
ただし、前日の昼12時チェックインからの翌日午前10時、計22時間滞在可能を考えれば、悪くないかも?(そんな長い時間空港で何すんねんて感じですが)

短時間の仮眠であれば、最初の一時間は1,500円。以後一時間ごとに500円の加算となります。

また、シャワーだけの利用の場合は1,000円(一時間以内)です。

僕の場合は行ったのが深夜で本来なら自動で宿泊になるところ、5時間ほどしか使わないということもあって仮眠料金で入れてもらえました。

料金は先払いです。

予約はこちらから

楽天トラベルより予約

Agoda.comより予約

Booking.comより予約

利用のメリット

空港のベンチで寝れるのに、なんでわざわざという方もおられるかもしれませんが、僕が9hをオススメする最大のメリットはシャワーです。

特に夏場は、只でさえ飛行機に乗るための荷物を持ちながらなので、到着するまでにも汗をかきます。
空港内でも移動することにもなりますし、そんな空港の空調も完璧とは言えません。(特に深夜)

そんな中で汗でベトベトになった身体で飛行機に乗るのは気持ち悪いですし、長いフライトだと飛行機内でまた汗をかく可能性だってあります。

また、ベンチの開放具合によっても寝れるスペースが確保できるかも怪しいです。
実際僕が行った時も寝床を探してさまよう人たちをたくさん見ました。

実は空港内には同じようにシャワーも浴びれて仮眠もできる施設があるのですが、値段や設備を見ても、個人的には9hの利用がオススメです。

何より、普通のカプセルは男性専用が多いのに対し、9hは女性でも使える(完全分室)ので、女性の方もこの機会に是非ご利用になられてみては?

さっぱりシャワーを浴びて、個室で睡眠を取り、快適な飛行機の旅を^^

 
 
 
そんな感じで。

あわせて読みたい

この記事の更新に使用したアプリ

カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。