新しいアプリが”開発元が未確認のため開けません”と言われた時の対処法。

uncerified-developpers-application

筋金入りのマカーです。

サードパーティー製のアプリをインストールした後、初めて使用する時に見る(であろう)メッセージ「開発元が未確認のため開けません」。
わかってしまえばなんのことは無いのですが、過去何度か新人Macユーザーに聞かれたことがあったので、解決方法をこちらに残しておきます。

開発元が未確認のため開けません

わかってしまえば何のことは無いです。やり方は簡単。

まずはシステム環境設定へ行き、「セキュリティーとプライバシー」を選択。
uncerified-developpers-application

「一般タブ」の↓四角で括った部分。ここの変更が必要になります。
uncerified-developpers-application

ようは、初期設定だとAppleストアにあるorAppleが許可したアプリしかダウンロード許可しないよーんという設定になってる訳です。
それを、どんなアプリでもOK!にしちゃう設定ですね。
一部ではこれをMacの「ビ○チ化」と呼びます。嘘です。

そのためには、まず設定変更の為に解錠が必要です。左下をクリック。
uncerified-developpers-application

するとこんな画面が出てくるのでパスワードを打ち、ロックを解除して下さい。
uncerified-developpers-application

晴れて選択可能になりました。
一番下を選択して下さい。
uncerified-developpers-application

一応注意のメッセージが。
uncerified-developpers-application

誰彼構わず相手にすると危険な目にあっちゃうかもよ、ってメッセージです。
人間もMacも一緒ですね。何の話やねん。

設定は以上です。
これで先ほど開けなかったアプリを開いてみると

uncerified-developpers-application
最初のメッセージから変わって、「いいの?本当に開いていいの?」的メッセージが出て、「開く」という選択が出来るようになりました。
なんだか、口説き落としたような気分です。
そんな経験ないけど。

まとめ

Macは女性のように扱え(格言)

すいません、意味不明ですね。
誰かの御役に立てたら幸いです。

 
 
 
そんな感じで。

本当にゼロからスタートの人は、こういうの読んで始めるのもいいかもですね。

 
 
 

この記事の更新に使用したアプリ

カテゴリ:[仕事効率化][ユーティリティ]
カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。