【英会話】無料かつ一人で簡単に出来る究極のスピーキング勉強法。

Ultimate english study5

先日、オンラインで海外ブロガーミートアップなるものをやったんですけども、その時に軽く話したぼくの英会話勉強法というのが、別に反響とかも何もなかったんですけど個人的に面白いかな、と思って記事にしてみることにしました。

これは、父より伝授された、一子相伝の秘技、秘術の様なものなのですが、今回はぼくのブログの読者さまだけに、特別にお教えします。

1.二人ほど座れるスペースを用意する。

Tatami

ぶっちゃけ机に椅子とかでも何でもいいんですが、こっちのほうが集中出来そうなので。

畳も正座も、特に意味はありません。

2.目の前に何かを置く。

Ultimate english study2

これもぶっちゃけ、モノであれば何でもいいです。

ただ、初心者には特徴のある何かがいいでしょう。理由は後述。

ちなみにぼくの目の前にあるのはこいつです。

映画「TED」がすごく好きで、好きが乗じて思わず買ってしまったものです。

久しぶりに映画"TED"を見たけど、やっぱり下世話なギャグ満載で面白かった。英語の勉強には、非オススメ☆

2014.01.14

まさか、髭が生えるようになってからぬいぐるみが欲しくなるなんて思ってもいませんでした。

さて、ここから本番です。

3.目の前の何かに、英語で思いつく限りの悪口を言い続ける!!!

Ultimate english study3

もう本当に、思いつく限りの悪口を言います。言いまくります。

目の前のこいつの「人格をめちゃくちゃにしてやる」くらいの勢いで悪口を言います。

目標は二十分。

二十分間、たとえ日本語でも、たとえ人間相手でも、悪口を言い続けるって相当です。

かなりの憎しみが必要ですし、それらを表現するボキャブラリーも必要です。

当然最初は、三分と持たないでしょう。

ボキャブラリーが尽きたら、次のステップです。

4.目の前の何かを、英語で褒めまくる!!!

Ultimate english study4

とにかく褒めます。褒めちぎります。

もう褒められすぎて、照れて動き出して殴ってくるんじゃないかっていう位まで褒めます。

これも目標二十分。

やってみればわかりますが、悪口を言うのと同じくらい、もしくはそれ以上に難しいです。

ボキャブラリーが尽きるまでとにかくやります。

5.毎日続けます。

これを、とにかく毎日続けます。

最初は先に言ったように、ぬいぐるみなど特徴が豊かなものを相手にするといいでしょう。

Ultimate english study5

とにかくこいつを徹底的にけなし、褒めまくるのです。

その時間が伸びてきて、ボキャブラリーが増えてきたなと感じたら、次は対象の特徴を減らしていきます。

例えばこんなの。

Ultimate english study6

これはあの、建築とかで図面引いたりする時に使う、長い定規みたいなのです。

たまたま目の前にaったので試してみましたが、めっちゃ難易度高いですね。

「細い」「冷たい」「長い」くらいしか思いつきませんし、それが悪口なのか褒めてるのかもよくわかりません。

さらに難易度をあげてみました。

.
.
.

Ultimate english study7

これは、あれです。

Ultimate english study8

ギターの弦を巻く時にペグをくるくる回すやつです。

こいつ、やばいです。

形容する言葉が見当たりません。

形がそもそもなんとも言えないので、それが良いところなのか悪いところなのかも判断しづらい。

しかしそれを無理やり言葉にしていくのです。

それが、力になるのです。(真顔)

.
.
.

と、まぁこんな感じで徐々に小さくシンプルにしていき、最終的にはと父が言っていました。

石を二十分間、英語でけなし続ける。

考えてみてください。

出来ます?ただの石ですよ、そのへんに落ちてるやつ。それを二十分間ひたすらけなし、そして褒め続ける。

ネイティブですら、不可能に近いのではないでしょうか。

これができたら、もはや英語が上達するとかいうレベルの話じゃない、正直。

この勉強法の意味

一見ふざけているように見えますが、この方法、スピーキングの訓練に凄まじい効果を発揮します。

一度試してみれば、わかるとおもいますが、恐ろしいほど言葉が続きません。

最初はせいぜい10秒といったところじゃないでしょうか? F○ck!とかS○it!であとは固まるのみ。

自分の想像以上のスピーキング能力の低さに、ショックすら覚えます。

実際にこれを二十分間実行しようと思うと、喋りを途切れさせずに展開させる豊富な技術膨大なボキャブラリーが要求されます。

日々向上させていこうとすれば、様々なボキャブラリーを覚えるようになり、またそれをいかに使うかを研究することで、イディオムだったり言い回しの技術も上がっていきます。

また、一人で行うので何の恥ずかしげもなく、感情的に話す練習もでき、よりリアリティのある表現ができるようになるのではないでしょうか。(ぼくはいつも、アメリカの映画やドラマ風に喋る練習をあわせてしていました)

鍛えたスピーキング力は、実践してこそ

と、これまで紹介したのはあくまでも一人で行うスピーキングの練習。

しかし結局のところ、人相手に喋ることをしなければ絶対にスピーキング能力というのは安定的に向上しません。

少しでも成長したのなら絶対に、人と会話すようにしましょう。

実際に人と会えなくても、今はオンライン英会話みたいな、手軽にビデオ通話などを利用して英会話もでき
るんですし、使わなければ損です。

>>>会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

>>>DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

ただし、ここで講師の人に悪口言っちゃったらダメですよ!!笑

さいごに

いや、これまじで効くから。

だまされたと思ってやってみてください。

ちなみにぼくは、こんな真正面に座ってセッティングしてやったりはしてませんが、たまに目の前にあるものに対して全力で悪口を言ったりしてました。

あと、一人で運転してる時に外の車に英語で文句言いまくるのも効果的。(あいようにねケンカにならn)

ちなみに二十分というハードルは多分親父も適当に言っただけだと思います。
これ本当に二十分できたらマジですごいわ。(ぼく絶対五分も持ちません)。

お時間ある時に、一度みなさんもトライしてみては。
自分のボキャブラリーの少なさに衝撃を受けると思います。

そんな感じで。

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。