自分にとっての専門性を考えたら「カッコいいこと」しかなかった。

いきなり誤解を招くタイトルですみません。

毎度“metroglyph”にお越しいただきありがとうございます。さがやん(@sgyn710)です。

ここ最近、自分のブログに一貫性がないことに居心地の悪さを感じていました。

ブログなんてものは好きなことを好きなように書きゃあいいのだと思うのですが、なんかこう、まとまりがないよなぁ、というモヤモヤ感がずっとありました。

人気ブログをザーッと見てみると、やっぱりみんななんらかのテーマであったり専門性があり、基本的にはそこに準じたコンテンツが並んでいます。

Twitterを見ていても〇〇ブロガーというように専門性を打ち出している人も多く、一目でその人が何者なのか判断できます。

で、自分のブログを見返してみたところ。

・田舎暮らし

・二拠点居住

・フリーランス

・Webデザイン

・旅行

・車中泊

・映画/音楽

・ガジェット

・etc…

といった具合で、まぁ見事にぐっちゃぐちゃ。

〇〇ブロガーを名乗ろうにもとっちらかりまくりで、どのカテゴリにも深掘りしたコンテンツはなく、典型的な雑記ブログと化していました。

ニューヨークに住んでいた頃は、現地情報や留学、英語などの切り口がありましたが、帰国してからはそういったコンテンツもなく、ブログの色が全く見えない。

というわけで模索してみるも、大体のコンテンツには先駆者がいるし、その人達を追随できるほどの情熱と情報量があるかと言われれば疑問。そもそも二番煎じ感も拭えない。

強いて言うなら車中泊ネタは面白いかもしれませんが、そんなに書くことがないし、日本に帰ってからはほぼしてないし。

そもそも書きたいことが日々変わる自分に何かに特化するとか正直無理な話で、もうどうすればいいのやら。

雑記ブログでも別にいいじゃない、という意見もありますしぼくもそう思うのですが、何かこう一つ一本筋の通ったものがないと、読んでくれている人にも意図が伝わりきらないし、自分の中での運営の指針もブレてしまうので、やはり何か、とっちらかった記事たちの下敷きになる根源的なテーマを設定したいなと思いました。

そもそもなぜそれらを書こうと思ったのか

で、ざっと並ぶ記事たちを眺めながら、改めて考え直してみました。

なぜこれらの記事書いたのか。その原点。

クエスチョンストーミングという、「あることに対して次々と疑問を投げ抱えて理由を探っていく」という手法を用い、とにかく自分へ疑問を投げまくってみました。

例えば、ガジェット。

ぼくがガジェット沼にハマった原点は、元々はあの高城剛さんに憧れていたからでした。

携帯性の優れたアイテムを身にまとい、カバン一つで世界のどこでも仕事ができるハイパーノマドワーカー。

そういう生き方をする彼の姿を心の底から「カッコいい」と思い、彼と同じアイテムを買って手に入れれば、彼に近づけるのではと思っていました。(浅はか!)

ただ形だけはなく本当に彼のような生き方を実現したくて、まずはパソコン一つでどこでもできる仕事を!と思いブログやWebデザインでの稼ぎかたを学びました。

関連:【フリーランス】独学でWebデザインを学び、仕事を得るまでの道のり

その甲斐あってか実際にノマドワークを実現するようにもなり、荷物をコンパクトにしてフットワークを軽く海外へも気軽にいけるようになりました。

しかしそんなカバン一つのライフスタイルへの憧れから一転、田舎での古民家DIY生活へと舵を切ったのは、やっぱりそれを「カッコいいこと」だと思ったから。

都会の便利な環境下で育ったぼくにとって、交通機関やコンビニが目の前にない生活は未知数だったし、ましてや自給自足なんてのは別世界の話でした。

ただ「環境に依存せず生きれるようになる」ということを突き詰めて考えた時、単に「どこでもお金を稼げる人」よりもさらに「お金という環境にすら依存しない人」をカッコよく感じるようになりました。

ただ虫も爬虫類も苦手なぼくにいきなり無人島でサバイバル生活なんて不可能なので、だけど少しずつそういう「生きる力」を養いたいと思って、都会よりも不便である田舎で修行しようと思ったのが、田舎暮らしに興味を持った原点でした。

(実際に始めてみて、自分のその「生きる力」の能力の低さに愕然としましたが)

「カッコいい」からくるモチベーションすごい

上に書いたのは自分の人生におけるほんの一例ですが、就職を選択せず本気でノマドフリーランスを目指して実際になったのも、ニューヨークを引き払って田舎でDIY生活をし始めたのも、へたれな自分にしてはそこそこの行動力だと思います。我ながらやるじゃんって感じ。

クエスチョンストーミングの結果、その行動力を生み出したのは全て「カッコよく生きたい」というモチベーションでした。

つまるところ、ぼくのブログは基本的に全て「カッコよく生きるために」得た知識であったりモノであったりについて書かれた記事で構成されていました。

ただ自分自身でその切り口に気づいていなかった。故に、どれもこれもがバラバラな内容に見えてしまっていた。

というわけで改めて決めました。

このブログは、ぼくが「カッコいい生き方を目指す記録」であると。

「カッコいい」宣言の「カッコ悪さ」

「カッコいい生き方を目指します!」なんて宣言すること自体がものすごくカッコ悪いような気もしていました。

ただ、友人であり尊敬するブロガーの一人、まえはらかずひろ氏(@Maechan0502)の記事を読んで背中を押されました。

参考:会社辞めてブログで生活できたら幸せになれるの?2年間ブログ収入で生活してるプロブロガーのぼくがしんどさを正直に書いてみた – あしたはもっと遠くへいこう

この記事で彼は、自分の弱さや嫉妬心、カッコ悪い部分をさらけ出していました。

“どうやら上には上がいるようで、世の中にはたった2年間でブログ収入100万円を達成したブロガーが何人もいるようです。それもぼくより年下で何人も。

自分は2年半でやっと月10万円くらいだったから、オレって才能ないんだな。”

この一節はまさにぼくの心の声でもあり、だけど人には見せたくなかった部分の一つでした。

だけど彼がこれを書いたことでぼくは勇気をもらったし、ぼくも、自分のことをもっと正直に書こうと思わせてくれました。

.

.

.

というわけで改めて宣言しときます。

ぼくは「カッコよくなりたい」。「カッコよく生きたい」

すげー恥ずかしいけど、そういう自分の根っこの部分、正直に言っていきます。

「カッコつけ」な「ダサい」自分を認めて、そういうところも発信していくことにします。

多分、そうした方がもっと素直に、書きたいことが書けるから。

少しずつリニューアルをしていきます

というわけで晴れて(?)「カッコいいを目指すブロガー」宣言をしたわけですが、これにともなってブログもちょっとリニューアルしようかな、なんて思っております。

ブログ名ももう少しわかりやすい、耳馴染みの良いものに変えようかなと考え中。

あと、記事の内容的には今までとさほど変わらないとは思うのですが、「カッコいい」というキーワードが頻出することになると思います。

これまで「カッコつけ」てたせいで書けなかったような記事も書いていこうかな。

過去記事も少しリライトしてテーマに寄せていきたい。

…とまぁこんな感じなので、カッコつけブロガーなぼくを今後ともよろしくお願いします。

さがやん(@sgyn710)でした。

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。