ライフスタイル

朝一杯の白湯から一日をはじめる。

更新日:

もうかれこれ五年くらい、毎朝一杯の白湯を飲む生活をしています。

白湯の効果

内臓を温めると、消化とかデトックスにいいらしいです。

個人的には、寝起きでいきなりコーヒーを飲んだり食事をすると胃がびっくりして腹痛やら下痢になりやすくなるので、まずは白湯で内臓を起こすようなイメージです。

白湯の作り方

白湯とお湯の違いは、沸かし続けるかどうか。

通常のお湯が沸いたらすぐ使えるのに対し、白湯は、湧いた状態で10〜15分ほど放置し、それから飲みます。

この長めの沸かし時間で、完全に余分な成分をなくし「真っ白」なお湯にする、ということで白湯ですね。

昔はやかんでやっていたのですが、一人暮らしをし始めてからはやかんがないので、もっぱら湯沸かし器で作ったお湯です。

ぶっちゃけ、「エセ白湯」です...。

白湯の飲み方

エセ白湯ではありますが、飲み方には気をつけてます。

大体、50度くらいの少しぬるいくらいがいいと言われているので、沸かしてからしばらく置いたものを、保温カップに入れて、少しずつ飲みます。

飲む時は、朝の用意をしながら。

着替えて、一口飲んで、髪の毛セットして、一口飲んで...みたいな。

一口ずつ、飲みながら、内臓と対話するイメージです。

意識的に飲むと、本当に喉から、食堂、胃の方に、内臓が少しずつ起動していくような、そんな感覚を覚えます。

大体コップ一杯分飲み終えて、ある程度動いたな、と思ったら食事をします。

五年間飲み続けた白湯の効果は?

消化やデトックスにいい、と言われる白湯ですが、実際ぼく自身が飲み続けてどんな効果があったか、と言われると、正直よくわかりません。

ただこの五年、極端に太ることもなければ、便秘などに悩まされたこともなく、昔はよく朝から腹痛に悩まされていたのも、最近は全くなくなりました。

これが白湯の効果なのかはわかりませんが、朝一のこのルーティンが、ぼくの一日のリズムを作ってくれていると「思い込ん」でいるので、多分ぼくはこれを、無意識レベルで続けていくと思います。(思い込みは、大事。

そんな感じです。

関連記事

ブログ内検索

-ライフスタイル

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2019 All Rights Reserved.