未経験者なのに佐用のマラソン大会でハーフ21kmを走ることになりました。

Irun

突然ですが、ハーフマラソンを走ることになりました。

申し込んでから、ハーフマラソンが21kmもの長距離ランということを知りました。だから”ハーフ”ね!なるほどね!

これまで、たまのたまにジョギング等をしていたことはありますが、それもせいぜい3,4km程度で、がっつり長距離を走ったことはありません。

ただ今回、「その場のノリ」で、走ることを決めてしまいました。

さようマラソン&ウォーク

ぼくがエントリーしたのは、冬の佐用町の一大イベント「さようマラソン&ウォーク」。

冬の佐用町における目玉イベントで、参加者は町内外から約1000人(!)もの人が集まります。

→大会の概要はこちら

…と言ってもぼくはこのイベントのことは何も知らず、ただ”地域おこし協力隊”のメンバーである平福さんが、去年死にかけながら完走した、という話を前々からなんとなーく聞いていたくらいでした。

で、とある日。

カレー屋ダイニング道満にてお昼をしていた時に、件の平福さんと偶然居合わせ、マラソンの話題になりました。

平福さん「ぼくは今年も出ますよ。原田さんも出ましょう!」

ぼく「え〜マジすか〜出ちゃう〜!?」

…で、いつの間にか参加費をクレジットカードで支払っていました。ビバ・インターネット。

関連記事:田舎で現金を使わない生活は可能なのか?一年間キャッシュレスに取り組んでみた結果・・・

前々からマラソンをしている人に憧れているわけでも、長い距離を走ってみたいと思っているわけでもありませんでした。

むしろ、ダイエットや筋トレ目的以外でやたらと長い距離を走る意味がわかりませんでした。(愛好家の方すみません)

ただなんとなく、あまりにも平福さんがしんどかったはずの去年の大会のことを楽しそうに話すので、「なんかオモロそう」と感じてしまいました。

ハーフマラソン、走れるのか

というわけで走ります、21km。まじかよ。

最後にまともに走ったのがもう一年以上前な気がするので(しかも多分2km程度)そのブランクを経て、2ヶ月足らずで21kmを走れる身体に仕上げなくてはいけません。

現実問題として、そんな状態の人間が本当にハーフを走れるのか・・・?

はっきり言って、わかりません(笑)

ただ、なんとなくノリで、イケそうな気がする。

万が一ダメでも、それはそれで一つのネタが出来る気がする。

今後の予定

と言いつつ、エントリーしたからにはちゃんと準備をしたいと思います。

どうせなら完走したいし、どうせならマラソンの楽しさをちゃんと味わいたい。

と言っても開催まではもう2ヶ月切っているので、あまり悠長なことは言ってられません。

とりあえずは身体を「走ること」に慣らしていきつつ、まずは自分の限界がどこにあるのかを確かめます。

で、最終的に21km走れるところまで持っていきます。

目指せ完走。

目標が明確に立つとヤル気になるもんですね!ぎゃんばります。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中!クリックして応援お願いします!

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。