Google+のサムネイル画像が思った通りにいかない時はOGPを設定しよう

Google+を使い始めました。

Google+を使い始めて数日、やっとhootsuiteで流す設定をしたブログの更新情報が表示されました。

が、ここで問題発生。画像のサムネイルが思ってたのと違う。

googlethumbnail

なので、表示される画像を相キャッチ画像に設定するため、OGPなるものをいじってみることに。

OGP(Open Graph Protocol)

OGP(オープングラフプロトコル)とはなんぞや

以下サイト様が、めちゃくちゃわかりやすく説明してくださってます。

とにかくこのOGPというのは、SNS(とは言っても主にFacebook)で、シェアをするときに、この画像&説明文を表示させてね!という設定のことです。

つまり、このOGPを設定していないとSNSに表示される画像はランダムになってしまうということなんですね。

とゆーわけで、本サイトもOGPを設定してみることに。

本当は上記サイト様のようにプラグインを使わないやり方でしたかったのですが、途中で一旦失敗してしまったのでプラグインを使うことにしました。

WP-OGP Customized

参考サイト

上記サイト様の手順を参考にしました。

注意点は、このプラグインはWordPressのダッシュボードでのプラグイン検索では出てきません。
ここからダウンロードしてください。
googlethumbnail
▲右下のdownload zipより。

WP-OGP Customizedのインストール

ダウンロード及び解凍したフォルダを、FTPでwp-content/plugin内にアップロードします。

成功していれば、Wordpressのダッシュボードのプラグイン一覧にWP-OGP cutomizedとして表示されているはず。
これを有効化してください。

プラグインの設定

設定からWP-OGP customizedをクリックすると、以下のような画面になります。▼
googlethumbnail
上2つのFacebook関連の項目に関してはここが参考になります。

[追記]上記のサイトの情報が少し古かったです。
app_idはアプリの作成後、設定の基本データタブでApp Domainsに自サイトのドメイン入力。(僕の場合ならsagadylan.com)
その後、下部のAdd PlattformをクリックしてサイトURLを記入。

その後ページ上部のアプリケーションIDをコピーしてWP-OGPのapp_idに貼付けます。

あとの設定は好みで。
僕は「投稿の抜粋を利用」にチェックと、「テキストの抽出方法」を単語、「単語数(文字数)」を120に変更しました。

Facebookでの確認方法

Facebookデバッカーツールに確かめたい記事のURLを入力。

真ん中あたりに修正が必要な〜と出ますが、大丈夫みたいです。

▼こんな風に出てきました!

googlethumbnail

肝心のGoogle+は・・・?

▼投稿された記事は、こんな感じ。
googlethumbnail
やったー!出来てた!

まとめ

以上、WP-OGP Customizedの設定でした。
Facebookの設定が少々ややこしかったですが、無事に成功してよかったです。

これからはアイキャッチ画像がSNSに流れることになるので、丁寧に選ばないとだめですね。

同じようなことでお困りになってる方の参考になれれば幸いです。

そんな感じで。

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。