「海外旅行」 一覧

Day29. ぼくの人生なんて地球からしたらそよ風にもならないけど(化石の森国立公園〜キャニオン・デ・シェリー国定公園,アリゾナ)

2017/9/17  

ホワイトサンズに続き向かったのは、アリゾナの化石の森国立公園とキャニオン・デ・シェリー国定公園。 中西部に入ってから一気に荒野が目立つようになり、まるで地球という生命体の皮膚の上を走っているような感覚 ...

Day28. 旅行計画。次の日行く場所についてくらいは事前に調べて置くべき。(アコマプエブロ,ニューメキシコ)

2017/9/17  

誰かが言った。 「旅は無計画の方が面白い。」 ぼくもそう思います。端から端まで何をするか決まってる旅なんて、何も楽しくない。「しなくちゃいけない」に縛られるほどもったいないことない。 だから基本的にこ ...

インフィード広告

Day27. 圧倒的大自然の中で感じた自分自身の不自然さ。(ホワイトサンズ国立公園)

2017/9/17  

この旅の最大の目的は「自然」でした。 直近五年を摩天楼に囲まれたニューヨークシティで暮らしたぼくにとって、「自然」とはもはや「非日常」でした。 そういうものを求めてこの旅に出て、アメリカ全土に広がる海 ...

Day26. 国境を理解できないぼくら(エル・パソ,テキサス)

2017/9/17  

日本で生まれ育ったぼくらにとって、陸続きに「この線から向こうは違う国ね」なんて状況に置かれたことが(幸運なことに?)ないので、陸上の国境というのはいまいちピンと来ません。 エル・パソに来たのは完全にホ ...

Day25. 都市が目指すもの。都市で暮らす人間が考えなくちゃいけないもの。(テキサス・オースティン)

2017/9/17  

カレッジステーションから出て、目指すは西。 ここからはひたすら中西部に向け、国立公園などをめぐる旅へと突入していくのですが、日本の倍の面積を誇るテキサスを、まずは超えなくてはいけません。 次なる目的地 ...

インフィード広告

Day24. 「懐かしい」ってなんなんだろう。(テキサス・カレッジステーション)

2017/9/17  

嬉しい、楽しい、大好き! じゃないですが、懐かしい、ってどういう感情なんでしょうか? 嬉しいとか楽しいなら非常にわかりやすい、ポジティブな感覚な気がしますが、懐かしいという感覚はいまいちカテゴライズし ...

Day23. 似顔絵描きのおじいさんを探して(テキサス・サンアントニオ)

2017/9/17  

少なくともぼく的には、決して目立った観光スポットがあるわけでも、魅力的な絶景があるわけでもありません。 それでもぼくがサンアントニオに行きたかったのは、22年前のその日のその出来事を、あまりに強烈に覚 ...

Day22. NASAの宇宙センターと初めてのAirbnb(テキサス・ヒューストン)

2017/9/17  

この旅も、もう後半戦へ突入。 最初の頃の出来事が、もうずっと昔のように思えます。 ここからは、しばらくテキサスで過ごすことに。 というのも、実はテキサスはぼくが二十二年前、ほんの三ヶ月だけ暮らした街。 ...

インフィード広告

Day21. 車でアメリカ横断するなら、都市部は避けたほうがいい。(ニューオリンズで超後悔)

2017/9/17  

この旅を通して、一つ気付いたことがあります。 それは、いくら広大なアメリカとはいえ、車での旅をする際は都市部に行くのを避けたほうがいいということ。 もしアメリカの都市部へ旅行する場合は、近隣まで飛行機 ...

Day20. 全米唯一のミスドでの幸せと全米3位の犯罪率の街で起きた悲劇(メンフィス)

2017/9/17  

(今日長いです。) 有刺鉄線の張り巡らされた人気のまったくないスペース。 行きたかったのはBeale Street(ビールストリート)と呼ばれるライブハウスとバーが立ち並ぶブラックミュージック発祥の地 ...

Day19. 生きているのではなく、生かされているという感覚。(イリノイ・プレインビュー)

2017/9/17  

キャンプをしていて切に思う。 ぼくら人間は、ことごとく「生かされている」ということに。 「生きる」「生きていく」だなんて、おこがましいとすら感じる。 空気に、地面に、水に、火に、ぼくらはどこまでも、生 ...

インフィード広告

Day18. ピザとストⅡと英語教育に関するちょっとした提案(シカゴ)

2017/9/17  

シカゴ自体には別に全く興味はありませんでした。 というか、そもそも大都市を訪ねること自体、この旅の本意ではありません。 ただ、ニューヨーク外に住む数少ない友人の一人、Stevenがシカゴにいました。

Day17. ぼくらが見えないフリをしているもの(インディアナポリス〜シカゴ)

2017/9/17  

アメリカ横断、放浪の旅を体験した人々の話をこれまでも多く聞きましたし、それに関する書籍も何冊か目を通しましたが、どこでも触れられることのなかった、そしてやってみて初めて気づいた、ある事実があります。 ...

Day16. せっかくの旅で「しなくちゃいけない」に縛られることほどもったいないことない(シンシナティMLB観戦)

2017/9/17  

この日は、フランクロイドライトの名建築、落水荘を見に行く予定をしていました。 この旅を企画したときから、落水荘だけは必ず行こうと地図にメモしていたくらい楽しみにしていた場所。 FIT在学中、せまるプレ ...

インフィード広告

Day15. ぼくはキャンプの神様に嫌われているのかもしれない(ペンシルバニア州立大学〜ダネゴル)

2017/9/17  

一人キャンプ。 テントを張るのも、キャンプファイヤーを起こすのも、ご飯を作るのも、寝るのも、すべて一人。 下手したら電波も届かず、電気も使えず、THE 孤独。 そんな状況に、一体どうしてこれほどまでに ...

Day14. さらばニューヨーク。ぼくはこの天然パーマと旅をしていく。(ニューヨーク〜ペンシルバニア)

2017/9/17  

この旅が始まってからは、基本車中泊でいつシャワーを浴びれるかもわからないような生活をしているので当たり前なのですが、それを抜きにしてもかれこれ一年近く、まともにヘアワックスをつけるような生活をしていま ...

Day12. "ホーム"の重要性(ニューヨーク)

2017/9/17  

フロリダへ飛び、バージニアを経て、一度ニューヨークに帰ってきました。 相変わらずの友達。住み慣れた家。もう見たくもなかったはずの摩天楼。 生まれ育ったわけではないけれど、長く住んだ、ある意味、第二の故 ...

インフィード広告

Day11. 一つの場所で暮らし続けて飽きることはないの?(バージニア〜ワシントンD.C.〜ニューヨークシティ)

2017/9/17  

一度きりの人生、いろんな場所を見てみたい!いろんな経験をしてみたい! そういう思いを地で行き、住む先を次々に変えて、旅をしながら暮らすという、いわゆるノマドライフ。 インターネットが発展し、必ずしも仕 ...

Day10. Walmartで買える!長距離運転に欠かせないグッズと田舎での生活について(JMUキャンパス散策)

2017/9/17  

先日はカヌーに国立公園にキャンプファイヤーとこれでもかと言わんばかりに楽しませてもらって叔父にも随分と時間を使ってもらったので、この日は個人行動。 と言っても天気がすこぶる悪く、気温も非常に低かったの ...

Day9. 友の死とぼくの決意。(シェナンドー川カヌー下りとニューマーケット戦場跡)

2017/9/17  

昨晩、床に着く前に、大学時代の軽音部のLINEグループに、訃報が入りました。 一学年上(ぼくは浪人だったので年齢は同じ)の友人が、亡くなったとのこと。 彼は、ぼくが軽音部に入って最初に、もう一人の親友 ...

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2019 All Rights Reserved.