二拠点生活

エッセイ 二拠点生活

2019/4/1

二拠点生活の最大の魅力は「ありがたみの往復」

大阪と兵庫県佐用町を行き来する生活を送っています。 Door To Doorで大体1時間半くらいなので比較的近いのですが、二つの拠点を持つということはやはり、家賃だったり移動交通費だったりとそれなりにコストがかかります。 それでもぼくが二拠点生活を続けるのはやはり、その生活から受ける恩恵が多いから。今回はその中でも大きなウエイトを占めている「ありがたみの往復」というものについてお話してみたいと思います。 二拠点生活に求めるもの 二拠点生活をする人たちの目的は様々ですが、その根底にあるのは「環境の変化による ...

二拠点生活 節約

2019/3/31

田舎で現金を使わない生活は可能?一年間キャッシュレスした結果...

実は日本に帰ってきてから一番戸惑ったのは、現金主体の生活でした。 ニューヨークで暮らしていた頃は当たり前のようにデビット&クレジットカードを使っていて、現金を使う機会というのは非常に限られていました。 それでいわゆる「キャッシュレス」=「現金を持たない」生活にすっかり慣れてしまい、これを日本の田舎でも実現したく、この一年であれこれと取り組んだ結果をご紹介します。

二拠点生活

2019/3/31

【経験談】都会と田舎で二拠点居住をするなら知っておきたいこと

田舎&都会の二拠点居住生活実施中です。 参考:二拠点生活、始めました。(っていうかもうしてます) しっかりと二拠点居住になったのは今年の7月ですが、昨年末より頻繁に行き来をするようになっていたので、これはこれで二拠点居住になるのではないかと思い、これまでの約一年の経験から、二拠点居住に必要なモノ&コトについてまとめてみました。 二拠点居住、週末田舎暮らしなどに興味のある方の参考になれば幸いです。

さがやんのコト 二拠点生活

2019/4/1

二拠点生活、始めました。(っていうかもうしてます)

発信を怠っていたせいであまり人に伝わっていなかったので、改めてお話します。 あんな記事やこんな記事を書いておきながら現在ワテクシ、佐用町では暮らしておりません。 正確には、佐用町「だけ」には暮らしてません。 色々訳あって、二拠点生活を始め(て)ました。 カッコよく言うと、デュアルライフってやつです。実はもう7月くらいからそんな感じです。 で、もう一つの拠点はどこかと言いますと... 実家です。 . .. ...説明させて下さい。

DIY 二拠点生活

2017/8/26

【DIY】超初心者が実際使ってみて確信した揃えておくべき工具・アイテム11選

どうも。SAGAT(さがやん)です。 都会ニューヨークから、田舎の兵庫県佐用町なるところに移住して、古民家を改修しながら暮らしてます。 壁の下地ができましたよっと。#diy #古民家 pic.twitter.com/lgeRZeLTip — SAGAT(さがやん) (@sagatman) 2017年4月20日 家は当初、殆ど廃墟みたいな感じで、とてもじゃないけれど暮らせるような状態ではなかったのですが、「DIYしたら暮らせるっしょ!」という軽いノリで住み始めました。 最初に謝っときます。DIY ...

二拠点生活

2017/4/22

こんな草も食べれるの!?山菜天ぷらパーティーで田舎の豊かさを満喫した日

佐用町にいる時は、週末は必ずと言っていいほど「カレー屋 道満」にお邪魔してます。 焼きカレー(^ν^) (@ 古民家ダイニング 道満) https://t.co/ThQzCVb1nF pic.twitter.com/i9415m4DC9 — SAGAT(さがやん) (@sagatman) 2017年3月17日 この窓際の席で焼きカレーを食べ、その後は長々と仕事をさせていただくというのがいつものパターン。 カレーは美味しいしオーナー夫妻は優しいし混んでないし静かだし電源あるしWi-Fi飛んでるし ...

シゴトづくり 二拠点生活

2018/3/7

フリーランスのアラサー独身男性が、一年一人で田舎暮らしをしてみた感想。

2016年の7月に、兵庫県の佐用町という人口1万7千人の田舎へと移住しました。 振り返ってみれば長かったような短かったような。(どっちやねん) 今回はちょっと、そんな暮らしの中での変化や差異について、かつてないほど素直に、率直に書いてみました。 人間関係の煩わしさは相変わらず。でも... 都会でも田舎でも、人間関係の重要性は変化ありません。 ぼくはもともと超自意識過剰体質なので、相変わらず人との関わりには悩まされる日々です。 ただ決定的に違うのは、「競争」という概念から解放されたということ。 ニューヨーク ...

ガジェットとモノ 二拠点生活

2017/6/8

ニューヨークから日本の田舎へと移住したぼくの新生活に役立った、2016年買ってよかったものまとめ。

ブロガー界隈では毎年恒例、今年買ってよかったものまとめシリーズ。 本年度最後の記事ということで、ぼくも書いてみました。 劇的に生活を変化させたのでいろいろと物入りだった一年でしたが、振り返ってみるとなんだか、とても生々しいラインナップになってしまいました...笑

二拠点生活

2016/12/21

都会から地方に移住するなら押さえておきたい。住みやすい場所を見つけるテクニック

先日鳥取へ訪ねた際に。リノベーションスクールで知り合った一般社団法人ワノクニ代表の平賀さんと飲みに行ったのですが、その際、田舎生活あるあるで盛り上がりました。 その中で彼に教えてもらった、住みやすい田舎を見つける2つのテクニックが、都会生まれ育ちのぼく的に目から鱗だったので、これから田舎暮らしを考えている人の参考になれば幸いと思い、シェアします。(本人から許可済み)

二拠点生活

2017/6/8

ぶっちゃけみかんってどれでも同じでしょ?→愛媛の獲れたて直送を食べてみた結果・・・

どうも原田(@sgyn710)です。 ニューヨーク時代の友人から突如 「みかんいる?」 と連絡が来ました。 ファッション関係だったはずなのに斜め上すぎると思ったら、どうやら短期でみかん収穫のアルバイトをしていたそうです。人生楽しみすぎて妬ける。 愛媛といえば、「水道からポンジュースが出てくる」なんていじられるほどのみかんの聖地。 大学時代、愛媛出身の友人の家にもよく実家からダンボールでみかんが送られて来ていました。 とは言え、愛媛のみかんって美味い美味いと言われる割に、そんなに食べた記憶がありません。 い ...

Webサービス ガジェットとモノ 二拠点生活

2017/2/9

田舎暮らしがWiMAX2+を契約した結果。

ぼくのお仕事の大半はパソコンによるもの。 さらにその大半の業務がインターネットありきの作業です。 なのでどこでもインターネットが使える環境は理想であり、そう考えた時にモバイルWi-Fiの導入はマストでした。 ただし、ぼくが暮らすのは兵庫県、佐用町。 岡山と鳥取の県境にある、いわゆる「田舎」に分類されるエリアです。 そういう環境下で果たしてモバイルWi-Fiなんて使えるの?って話ですが、佐用の家ではネット環境は整っているので、これはどちらかと言えば頻繁に帰ってくる大阪や出張先での利用メインに考えていました。 ...

二拠点生活

2016/7/21

家の前にいたサワガニを食べる!?千種川の河川敷でバーベキューしてきました

大阪から友人であり仕事仲間でもあるデザイナーのUKIVARY(@ukeyvary)ことユーキくんが佐用町に遊びに来てくれていたので、一緒にリサーチも兼ねて色々とアクティビティをしてきました。 もともとアウトドアは好きな二人なので「河川敷でバーベキューしたいね!」なんて話はしていたのですが、いざ来てみると彼の口からはまさかの「サワガニを捕まえて、素揚げで食べてみたい」という斜め上発言が。 サワガニなんてどこにおるねん、と思っていたのですが、 いました。めっちゃ。家の前に。

二拠点生活

2018/1/2

大都会から田舎へ。兵庫県の佐用町(岡山/鳥取県境)へと拠点を移しました。

ニューヨークでの5年間の生活、42日間に及ぶアメリカ横断から帰ってから約1ヶ月。 便利すぎてぬるすぎる大阪での日々を終えて、兵庫県の奥深くへと生活の拠点を移すことになりました。 佐用町という、小さな緑豊かな町に、これからしばらくお世話になります。 ここに至るまでの経緯、そして決意とこれからの展望について、珍しく恥ずかしげもなく書いていきたいと思います。 長くなりますが、ご興味を持っていただければ、ぜひお読みください。

Copyright© metroglyph メトログリフ , 2019 All Rights Reserved.