今更聞けないRSSのコト。Feedlyの使い方を改めて確認してみましょう。

NewImage

情報収集の効率化にただならぬ情熱を抱いています。

毎度“SAGATMANPROJECT”にお越しいただきありがとうございます。SAGAT(@sagatman)です。

ぼくが情報収集のために愛用している、Feedlyというサービスがあります。

今回は出来るだけシンプルに、このFeedlyの使い方を紹介してみたので、まだ使っていない方は、是非この機会に導入してみてください。

Feedlyに入る前に、まずはRSSのおさらい

Feedlyは、RSSを活用したサービスです。

…そもそも、RSSとはなんぞや?という声が聞こえてきそうですが、これはいわば新聞配達のおっちゃんみたいなイメージです。

ブログのRSSを購読する、と言いますが、これすなわち自分の気にいった新聞=ブログを購読したら毎日最新の記事をおっちゃんが運んで来てくれるということ。

ただし新聞のように朝夕という固定の時間ではなく、ブログの場合は記事が出来たらすぐ届きます。

つまり、常にリアルタイムでお気に入りのブログの最新記事が配信されるというシステム。

というわけで「ここの最新記事は必ず読みたい!」というブログを見つけたら、RSSを登録しておきましょう。

では、その最新記事更新の通知はどこに届くのでしょうか?

FeedlyはRSSの受け口

Feedlyは、RSSという名の手紙が届くポストです。

Feedly - your work newsfeed

Feedly – your work newsfeed
開発元:DevHD
無料
posted with アプリーチ

かつて、Google ReaderというGoogleの提供するポスト的存在のサービスがあったのですが、惜しまれながらも終了。

その後釜として認知されてきたのが、このFeedlyです。

しかし当初はGoogle Readerの使いやすさには勝てず、あまりパッとしない印象でした。

Google Readerがサービスを終了してすぐ(あるいは終わる前から徐々に)乗り換えた人も少なからずいたみたいですが、やはりアプリとの互換性や馴染みのないインターフェイスに抵抗があった人も多かったようです。(実際、初期の頃はぼくもそうでした)

しかしRSSの便利さを知る人にとっては、なんとかして使いたいもの。

徐々にFeedly利用者も増え、対応するアプリやサービスも充実してきて、ようやくFeedlyを使ってストレスなく情報収集ができるようになりました。

中でも、Google Reader時代から愛用してたRSSリーダーアプリSylfeedFeedlyに正式対応したのが大きかったですね。

Sylfeed

Sylfeed
開発元:GACHANET
¥240
posted with アプリーチ

Feedlyの使い方

というわけで簡単にFeedlyの使い方をおさらいしていきましょう。

Feedly

まずはオフィシャルサイトに行って会員登録。

登録する時は、GoogleアカウントやTwitter,Facebook,Google+などのアカウントも使えます。

無事に登録が済んだら、これがトップ画面。

about-rss-how-to-use-feedly

左側のメニューに登録しているフィードが表示されるのですが、自分でこれらをフォルダ分けすることも可能です。

これを、カテゴリやジャンル等で分けておくと、同タイプの記事をまとめて読むのに非常に便利。(「IT」とか「個人ブログ」とか。

ブログやサイトのRSSを追加する方法

せっかくFeedlyに登録しても、中身がからっぽだったら意味がありません。

まずはこのFeedlyに、ブログやサイトを登録する必要があります。

Feedlyにサイト(のRSS)を追加する方法は2つ。

Feedlyボタンを押す

まずは、ブログ/サイト内に設置されたFeedlyボタンを押すこと。

最近はウェブサイトにもFeedlyボタンを設置しているところが増えてきましたよね。

このブログでも、記事上下に緑色のボタンを設置しています。

今回は特別に、こちらにも置いておきます。

⬆︎こいつをクリックしてもらえればわかると思うのですが、以下のようにFeedlyにぼくのブログが表示されます。

NYの暮らしと旅の情報ブログ metroglyph

これで、タイトル横の+feedlyを押せば、登録完了(購読開始)。

もしフォルダを作っていれば、登録する時にどのフォルダに入れるかを選ぶことも出来ます。

ちなみにタイトル下のはこのブログの購読者の人数です。

URLを記入

もう一つ別の方法としては、Feedlyのトップにある検索バーを利用します。

about-rss-how-to-use-feedly

ここに購読したいサイト・ブログのURLを入れるだけ。

ちなみに入れるURLはトップページのもの。

そのサイトがRSSを発行していれば、Feedly側で自動的に探してくれて表示してくれます。

あとはさっきと同じように+Feedlyボタンを押すだけです。

まとめ

  • RSSは最新記事通知
  • Feedlyは通知が届くポスト
  • Feedlyには好きなブログやサイトを登録できる
  • 好きなブログの最新記事を逃さずゲットして情報収集効率化しましょう

自分が信頼しているメディアや、大好きなブログさんの記事なんかは、常に最新を追っかけていたいもの。

昔はそういうサイトの最新記事を追いかけるために毎日アクセスしていたもんですが、RSSのおかげでそれらの作業が全く必要無くなりました。

おかげでブックマークがかなりスッキリしましたし、能動的に探しに行かなくても自動で情報が入ってくるようになったので、本当に楽になりました。

まだ使っていない方は、情報収集の効率化のためにも、ぜひ導入してみてください。

情報収集をよりスマートに

Twitterで時間を無駄にしてしまう人におすすめする3つの防止策

自慢や近況報告にはうんざり!FacebookやTwitterのうざい投稿をミュートして、便利な情報ツールに生まれ変わらせよう

自分のレベルに合った英語でニュースを読もう!Polyglotsが親切すぎてヤバい。

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。