円からユーロへの両替でおすすめの方法は?一番レートが良く手数料が安い方法はこれだ!

SPONSORED LINK




Euro exchange

今度イタリアに行くことになったので、現地通貨であるユーロを手に入れる必要が出てきたのですが、通常の両替だと高い両替手数料を取られそうなので、安い方法について調べてみました。

ドルの場合はFX口座を経由しての両替が一番安いことはわかっている(参考)のですが、果たしてユーロの場合も同じなのでしょうか。

というのも為替というのはそもそも、その国で取引されている量であったり現地の需要によって大きく左右されるものなので、例えば円の需要が少ないアメリカでは、円を現地で現金両替するなんてもっての他なのですが、東南アジアの国の場合は逆に、円を現金を現地で両替する方がお得な場合があります。

この辺り、イタリアの場合は一体どうなっているのか全くわからないので、その辺りの情報も含め、イタリアで使われているユーロを最も効率的に両替する方法を検証していきます。

やっぱり現地で円の現金両替は良くなかった

まず最初に調べたのが、現地での両替について。

これに関しては、様々なサイトや口コミで「イタリアの現地両替所はレートがめちゃめちゃ悪い」との記述がありました。

実際、イタリア旅行の経験がある人に聞いてみたところ、案の定、「現地での両替は絶対にやめておいた方がいい」という回答。

まぁ、EU圏内での円の需要を考えてみれば当然の結果ですよね。

というわけで現地での両替は絶対に避けることにして、その他の方法を検討していきます。

円とユーロの両替方法一覧と価格予想

やはりユーロは事前に両替していくべきという結論になったわけですが、まずは国内で出来る両替方法をざっと書き出してみました。

  • 銀行
  • 郵便局
  • 空港
  • 両替所/金券ショップ
  • オンラインFX口座

ドル両替の経験上、これを手数料の高い順に並べてみると

空港>郵便局>銀行>両替所/金券ショップ>オンラインFX口座

となるのではないかというのが私的な予想。

やはりドルと同じく、金券ショップもしくはオンラインFX口座のどちらかの利用がもっともお得な両替を実現するのではないかと。

ここに、両替と呼べるのかは微妙なところですが、クレジットカードによるキャッシングが入ってくるのではないかと。

こちらは現地での手続きになりますが、その他の多くの両替方法よりもお得に現地でキャッシュを手に入れられるので、こちらも併せて検証していきます。

各両替施設の為替レート比較

以下は、オンラインで公示されている各両替施設&サービスのレートを同じタイミングで調べたものです。(2017年6月26日調べ)

ここでのレートは当日の一般的な為替レートに124.56(参考リンク)対し、銀行/施設側が載せる為替手数料分をすでに加算してある数値になります。

みずほ銀行 130.58(空港支店だと2円割引)
三井住友銀行 128.60
三菱東京UFJ銀行 128.57
大黒屋 128.60
Travelex 128.60(クーポン利用で割引※ただし具体的な額は明示されない)
クーポン一覧
GPA外貨両替(空港) 128.12

ドルの場合、FX以外では大黒屋のレートの良さが際立ったのですが、ユーロの場合だとあまり差は感じられず、むしろ銀行、空港などとレートはほぼ横並びといった感じ。

また独自の為替レートを持っているクレジットカードとFX口座のレートも併せて調べてみました。

マスターカード(クレジットカード) 124.50
マネーパートナーズ
(FX口座)
124.67

クレジットカードブランドの代表格の一つであるマスターカードと、FX口座であるマネーパートナーズの両替レートは、先ほど指標にした基本レートとほぼ差はありません。

ただし、ここに公示されているのはあくまで両替のレートであり、実際に両替/海外利用する場合にはさらに手数料が加算されるので要注意です。

以下で、各両替方法に追加される手数料について解説していきます。

各両替方法に追加される手数料比較

両替のシステムって本当に面倒で、実は公示されたレートだけでは全てを判断できません。

いわゆる両替所、金券ショップなどはこのレートが手数料など全て込みなので問題はないのですが、銀行などはこれ以外に、両替のための事務手数料であったり、FX口座の場合は為替取引手数料、クレジットカードは海外利用手数料などとしてさらに手数料が上乗せされていきます。

以下、手数料が追加されるケースを確認していきます。

みずほ銀行

みずほを始めとるする大手銀行の三つは、両替時に発生した紙幣の数に合わせて手数料が変わります。

円貨両替手数料(窓口) 1~50枚 0円
51~500枚 324円
501~1000枚 540円
1001枚以上 1000枚ごとに
540円

三井住友銀行

円貨両替手数料(窓口) 1~30枚 三井住友銀行の口座を持っていれは無料
持っていなければ324円
31~100枚 324円
101~500枚 432円
501〜1,000枚 864円
1,001~ 500枚ごとに432円
円貨両替手数料(両替機) 1~500枚 1回目は無料
2回目以降は200円
501~1000枚 400円

※お取扱枚数の算定基準は、お持ち帰り(両替後)の枚数となります。

三菱東京UFJ銀行

円貨両替手数料(窓口) 1~50枚 無料
51~500枚 324円
501枚以上
(以降500枚ごとに)
648円
(324円を加算)
円貨両替手数料(両替機)(1件)

1~500枚 1日につき1回は無料、
2回目以降は200円
501~1,000枚 300円

※お取扱枚数の算定基準は、お持ち帰り(両替後)の枚数となります。

と、このようにして両替した際に、紙幣が何枚発生したかというのが両替手数料の基準になります。

クレジットカードで支払い

クレジットカードは海外で利用した場合、海外利用手数料というものがかかります。

こちらの金額は、利用金額の1.60~2.00%(クレジットカードによって異なる)。

<例:1ユーロ=124.60円の時に、手数料1.60%のクレジットカードで500ユーロの商品を購入した場合>

62,300円×0.016(手数料)=約997円(996.8円)

請求額=62,300+997=63,297円

となります。

注意
クレジットカードのレートの基準は支払い情報が日本のカード会社に届いた時点(基本2~3日後)なので、もしその日のレートが良くても情報が届いた時のレートが変動していると、値段が大きく変わる可能性があります。

クレジットカードでキャッシング

キャッシングはいわば借金なので抵抗のある人も多いですが、実は外貨を入手するためには最も手っ取り早くてお得な手段。

キャッシングの利息は実はすごくシンプルで、

借りたお金×金利÷365日×借りた日数=利息

という計算式になります。

クレジットカードの金利は基本的に年18%なので、こちらをベースに計算してみましょう。

<例:1ユーロ=124.60円の時に、現地で500ユーロをキャッシングして30日後に返済した場合>

62,300円(500ユーロ)×0.18(金利)÷365(日)×30(日)=約922円(921.69円)

請求額=62,300+922=63,222円

となります。

注意点としては、現地のATMを利用してキャッシングした場合、ATMの利用料が取られる場合があります。(というか経験上ほとんどの場合取られます)

だいたいこのATM利用料が日本円で200~300円相当であるのがほとんどなので、キャッシングの場合は先の請求額に+200~300円が乗ると考えていいでしょう。

海外でのキャッシング方法→アメリカのATMの使い方。クレジットカードのキャッシングをする方法 – BASIK NEW YORK


支払いにしてもキャッシングにしても、ぼくがクレジットカードが良いなと思うのはポイント還元があるから。

例えば、海外での支払いに高還元率のクレジットカードを利用すれば、その分のポイントが返ってきますよね。

となると、ポイント分は実質得したことになるので、他の両替方法に劣っているように見えても実はそのポイント分、得していることになります。

マネーパートナーズ(FX口座)

FX口座のマネーパートナーズを利用した両替の場合、日本円のレートに対して1通貨あたり20銭が手数料になります。

パートナーズFX 2017 06 26 14 11 41

(20銭=0.20円です。)

こちらも計算してみましょう。

<例:1ユーロ=124.60円の時にマネーパートナーズで500ユーロ両替した場合>

500(ユーロ)×0.2(20銭)=100(円)

請求額=62,300+100=62,400円

手数料、たった100円。

.
.
.

やっす!!!

その安さは他の追随を許しません。

ただしこの両替はあくまでもFX口座内の手続きなので、これを現金として手に入れるためには、口座から引き出す必要があります。

マネーパートナーズ内にある現金を引き出す方法は二つ。

  • あらかじめ登録してある外貨出金先口座へ振り込む(手数料は相手銀行による)
  • 空港受け取りサービスを利用する(手数料500円)

つまり実際に先の100ユーロを手に入れるためには

振り込みの場合:62,400円+所定の銀行振込手数料+ATMからの引き出し手数料

もしくは

空港受け取りの場合:62,400円+500=62,900円

となります。

手数料を加算しても、やはり圧倒的にお得ですね・・・。

各方法で500ユーロ両替/利用した場合の比較一覧

先に出した方法で500ユーロを手に入れようと思った場合にかかる円を一覧にしてわかりやすく比較してみました。

みずほ銀行 65,290
みずほ銀行(空港支店) 64,290
三井住友銀行 64,300
三菱東京UFJ銀行 64,285
大黒屋 64,300
Travelex 64,300
GPA外貨両替(空港) 64,060
クレジットカード支払い(マスターカード) 63,297
クレジットカードキャッシング(マスターカード) 63,222*
マネーパートナーズ
(別口座へ振込)
62,400+所定の銀行振込手数料+ATMからの引き出し手数料(おそらく+300~600円くらい)
マネーパートナーズ
(空港受取)
62,900

*キャッシングに関してはあくまで30日設定なので、返済までの時間が短ければその分、手数料は安くなります。

このようにしてみると、銀行とマネーパートナーズでも3000円近い開きがあることがわかります。

500ユーロだと、多少細かくしても紙幣だと30枚を超えることはないので銀行の両替時に発生する手数料はすべてゼロにしてありますが、額が大きくなってきた場合、銀行側の手数料はどんどんと上がっていきます。

それに対して、マネーパートナーズの利用は基本的な手数料が固定なので、大きな額になればなるほどお得になります。

クレジットカードでの支払いもしくはキャッシングは、やはりマネーパートナーズには劣るものの、お手軽さ的に一番良い選択肢ですね。

まとめ – やはり安定のクレジットカード&FX口座

というわけで改めてユーロと円の両替方法について比較検討してみましたが、クレジットカードとFX口座(マネーパートナーズ)が安いというのはやはり予想通りでした。

ただ驚きだったのは、ドルの場合とっても安かった大黒屋などの金券ショップが、ユーロの場合だと全然ぱっとしなかったということ。

もしこれからヨーロッパ、ユーロ圏内への旅行を検討されている方でユーロを手に入れたい方は

  • 旅行までの日数がない場合は大黒屋/金券ショップへ
  • 金利及び還元率の良いクレジットカードを取得
  • さらに余裕があればマネーパートナーズの口座開設

というのが両替手数料を抑える最適解ではないでしょうか。

もし、ここで検証した内容に誤りがあるもしくはさらにお得な方法があるという場合は、ぜひぼくのTwitterなどへ教えてください!

そんな感じで。

↓このブログを書いた人↓

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。

LINE@発信中!

就職経験無し、田舎暮らしのフリーランサーが、この不安だらけの世の中でいかに楽しく生き残るかについて書く「現代サバイバル論」をLINE@で発信しています!

ブログでは見せない、ちょっと尖ったオピニオン発信中!