WordPressでWebサイトを制作する①ドメイン&サーバーの取得

SPONSORED LINK




Wordpress site 1 eyecatch

こちらでは、Wordpressを使ったサイト作りの一番最初に必要な【ドメイン&サーバー】の取得について解説しています。

ドメイン&サーバーとは?

Webサイト作ろうと思うと必ず出て来るこの2つの言葉。

なんだか難しそう、と感じられる方もおられると思います。

簡単に、このように理解してください。

ドメイン・・・住所
サーバー・・・土地

Webサイトが家/物件だとしたら、それを設置する土地と住所が必要になりますよね。

それがドメイン(住所)サーバー(土地)です。

どちらも基本的には期間を設定してのレンタル契約になり、クレジットカードや銀行引き落としを設定しておくと、自動更新も可能です。また長期間を一括で契約する方が、月々のコストは下がります。

後で詳しく説明しますが、サーバー内にドメインを設置することで、Webサイトの設立が可能になります。

サーバーは容量によって分譲が可能で、一つのサーバーに複数のドメインを設置することができます。

それぞれの取得方法を見ていきましょう。

サーバーの取得

まずは土地にあたるサーバーを契約しましょう。

サーバーのレンタルを行っている会社で大手は以下の2つ。

GMOペパボ ・・・ ロリポップ!/ヘテムルなどを提供
エックスサーバー ・・・ エックスサーバー/wpX/シックスコアなどを提供

色んなサービスが違いがわからない!と思いますが、通常の個人サイトや大量のアクセスを想定していない、お店や施設のウェブサイトであれば、ロリポップ!で問題ないでしょう。

ぼくも自分のブログ立ち上げ時はロリポップ!を利用しましたし、大量のアクセスを見込んでいないクライアントさんにも基本的にロリポップ!をおすすめしています。

ただし月10万以上のアクセスがあるWebサイトの運営を行うつもりでいるのなら、ヘテムルもしくはエックスサーバーを検討してみてもいいかもしれません。

もう少し詳しく知りたい方のために、比較表を作成しましたのでご確認ください

運営会社 GMOペパボ エックスサーバー
サービス名 ロリポップ!(スタンダードプラン) ヘテムル エックスサーバー wpX(スタンダードプラン) シックスコア(S1プラン)
初期費用 1,500円 3,950円 1,500円 5,000円 6,000円
月額料金 500円〜 1375円 1,000円 1,000円 1,800円
容量 120GB 256GB 200GB 30GB 50GB
ドメイン設置可能数 100 無制限 無制限 10 5
特徴 個人サイト/初心者向け 個人サイト・ビジネスサイト/中級者向け 個人サイト・ビジネスサイト/中級者向け WordPressサイトに特化 ビジネスサイトに特化/
機能を絞り安定性とスピードを強化

wpXとシックスコアは、値段に対して機能の制限が多く、初心者にはクセが強いので、最初はあまりおすすめしていません。

初めての方にはやはり、操作が簡単でわかりやすく、低価格から始められるロリポップ!が一番おすすめです。

ロリポップ!でサーバー契約

というわけで今回はロリポップ!で実際にサーバーを契約する手順を紹介します。

まずはロリポップ!へアクセス。

画面上部の申し込みをクリックして、手続きを開始します。

ロリポップ 1

まずはプランの選択ですが、基本的にここではスタンダードをおすすめしています。

エンタープライズを利用するなら、同社サービスであるヘテムルの方がサーバーのクオリティが高いです。

ロリポップ2

プランを選択したら、次はアカウント情報入力の画面ですが、慣れない人はここで少し混乱するかも。

ロリポップ 3

ロリポップ!のドメインというのは、言わば土地とセットになった仮の住所のようなものです。

イメージとしては、自分の固有の住所ではなく、人の家を間借りしているような感じ。

アカウント名には自分の好きな文字列、ロリポップ!の複数選択する項目がありますが、どれでも構いません。

おそらくは「xxxxxxx.main.jp」のような形になると思いますが、これは実際に使う自分固有の「独自ドメイン」とは異なりますので、あまり深く考えなくても大丈夫です。(ただしログイン情報になるので絶対に忘れてはいけません。)

その後は、個人情報の入力。

ロリポップ4

今回は、初めてのサーバーの契約なので、「サーバー移行」については「いいえ」を。

契約の自動更新は、クレジットカード登録で可能ですが、長期的にサイトを運営していくイメージがあるのなら自動更新をおすすめします。

バックアップオプションウイルス対策ソフトは自分の使い方と相談して決めてください。

支払いまで全てが完了すれば、登録したメールアドレスにサーバー設置完了の旨が届きます。

ドメインの取得

続いて、住所になるドメインを契約しましょう。

ドメインはサーバーに比べてより多くの選択肢がありますが、おすすめなのはサーバーと同じ会社で契約すること。

詳しくは後述しますが、このようにしておいた方が管理が楽になります。

つまり今回の場合なら、GMOペパボが運営する「ムームードメイン」もしくはエックスサーバーが運営する「エックスドメイン」を選ぶのがいいでしょう。

どちらも独自のキャンペーンを除けば料金的には大きな差はないので、自分が契約したサーバーの会社のサービスを選びます。

ドメインの構造は「好きな文字列」と「.com/.jp/.co.jp/.biz/.org」などの組み合わせになりますが、この組み合わせは基本的にはなんでも問題ありません。

好きな文字列に関しては、例えばウェブサイトの名前が決まっているならそれでもいいし、個人名、店舗名、施設名や、そのコンセプトを伝えるようなものでもいいでしょう。

強いて言うなら、手入力する可能性を考えてできるだけ覚えやすく短めのものにしておくと何かと都合がいいというのは、ぼく自身の経験談です。

一時は日本語名は不利とか、ドメインにキーワードが入っていたほうが検索にかかりやすいなどの噂もありましたが、実際全然違う結果になっているサイトも山ほどあるので、あまり深く考える必要はないでしょう。

そして後半の部分ですが、これもなんでも大丈夫です。

.com = companyの略。企業。
.org = organizationの略。組織。
.co.jp = 日本の企業。
.jp = 日本
.biz = ビジネス

などなど一応のルーツはあるものの、どれを選ばなくてはいけないという決まりは一切ありません。

基本的には〜.comというのが一番オーソドックスで間違いないので、悩んだら.comにしておくといいでしょう。

それぞれのドメインの種類によって値段が変わるので、一度検索して確認してみてください。

ムームードメインでドメイン契約

先の項目ではロリポップ!でサーバーを契約したので、同じGMOペパボが運営するムームードメインにてドメインを取得しましょう。

まずはムームードメインにアクセスし、トップページで自分の欲しいドメインを検索します。

ドメイン取得は  ムームードメイン 最安値69円 2017 08 10 14 02 56

ドメインは固有のものなので、他者と同じものを使うことはできません。

なので、まずここで、自分の欲しいドメインが使える状態にあるかをチェックします。

もし気に入ったものがあれば、それをクリックしてカートへと追加。

ドメイン取得は  ムームードメイン 最安値69円 2017 08 10 14 18 52

右上、カートのボタンをクリックして、購入(契約手続き)へと進みます。

ログインフォーム | ムームードメイン 2017 08 10 14 20 02

今回が初めての利用の場合は、ユーザー登録が必須となります。

まずは、画面の指示に従って登録を済ませてください。

ユーザー登録が完了したら、いよいよドメインの契約手続きに入ります。

FireShot Capture 23  ドメイン設定 I ムームードメイン  https muumuu domain com mode=order state=domain config

こちらの画面で契約を進めていきますが、以下4点に関してだけご注意ください。

WHOIS公開情報 – ドメインに紐付けられる個人情報のこと。登録者情報にすると、検索で簡単に住所や個人名がわかってしまうので、契約が法人ではない場合は「弊社の情報を代理公開」を選択するのが無難です。

ネームサーバ(DNS) – サーバーとドメインの接続に必要な情報。ロリポップ!でサーバー契約している場合は「ロリポップ!」を選択するだけでOKです。(これがドメインとサーバーの会社を合わせる最大の理由)

契約年数 – 基本的にドメインは1年固定です。

ムームーメールご利用料金/契約 – 取得したドメインを使ったメールアドレスを使えるようになる機能ですが、サーバー契約をしている場合は不要なのでチェックしないこと。

必要事項を記入して手続きを進めると、連携サービスの紹介が出てきます。

FireShot Capture 24  連携サービス I ムームードメイン  https muumuu domain com mode=order state=free trial

すでにサーバー契約が済んでいるはずなので、ここはスキップして問題ありません。

最後に利用規約に同意して取得するを押せば、無事に契約は完了。

登録したアドレスにメールが届いたら、契約に関する手続きは全て終了です。

サーバーにドメインを設定

ただし、現在のままでは土地(サーバー)と住所(ドメイン)が結びついていません。

Webサイトの構築には、この2つを連携させる必要があります。

サーバー側の設定

まず、さきほど契約したサーバーのコントロールパネルにいきましょう。

左のメニュー、独自ドメイン設定をクリックすると下記のような画面が表示されるので、下部の独自ドメイン設定をクリックします。

ロリポップ ユーザー専用ページ  独自ドメイン設定 一覧 2017 08 10 13 41 54

ここで、先程取得したドメインの情報を入力。

ロリポップ ユーザー専用ページ  独自ドメイン設定 登録 2017 08 10 13 42 54

公開(アップロードフォルダ)は、今後複数サイトを作る予定があるとか、何らかの意図があって整理しておきたい場合のみ入力しますが、基本的には空欄でも問題ありません。

記入したら最下部、独自ドメインをチェックするをクリックし、問題なければ無事に設定が完了します。

ロリポップ6 1

ドメイン側の設定

※これまでの手順通り、「ロリポップ!×ムームードメイン」の設定を行い、ドメイン登録時にネームサーバ(DNS)を「ロリポップ!」にした場合は以下の手順は不要です。

再びムームドメインにログインし、右側メニュードメイン操作ネームサーバ設定変更をクリックします。

ネームサーバ設定変更 | ムームードメイン 2017 08 10 14 46 07

もし使うサーバーがロリポップ!であるならば、こちらでロリポップ!にチェック。

ネームサーバ設定変更 | ムームードメイン 2017 08 10 13 44 47

もし、他社のサーバーを利用している場合は、こちらでネームサーバを入力する必要があります。

ネームサーバ設定変更 | ムームードメイン 2017 08 10 14 49 04

ネームサーバの入力項目に関しては、「各サービス名 ネームサーバ」などでググるとすぐに情報が出てきます。

チェックもしくは入力が終わったら、ネームサーバ設定変更をクリック。

以下のような画面になっていれば、無事完了です。

ドメイン詳細 | ムームードメイン 2017 08 10 13 44 04 1

手続きには最大72時間かかりますので気長に待ちましょう。

無事に手続きが完了していたら、以下のような画面が表示されます。

トップページ 2017 08 10 14 52 00

現在はまだ何のコンテンツもないので、ロリポップ!側の仮のページが表示されている状態ですね。

ここにこれからWordpressをインストールしてサイトの構築を行っていきます。

まとめ

WordPressサイトを作るためにまず必要な、サーバーとドメインの取得、及び設置について解説しました。

今回紹介したのは以下の③ステップ。

サーバーの取得
ドメインの取得
サーバー&ドメインの接続

繰り返しになりますが、初めてWebサイトを構築される方には以下2つのサービスの組み合わせがおすすまです。

次のステップでは、Wordpressのインストールと初期設定について解説します。

↓このブログを書いた人↓

SPONSORED LINK

シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。