テレビの日本礼賛番組から見る日本人の欧米コンプレックス

先日、こんなツイートを見つけました。

現在の日本に来る訪日外国人の比率は中韓台三ヶ国がその半数以上を占めており、非アジア圏との比率差は圧倒的です。(参考:日本政府観光局(JNTO))

しかし、上記ツイートでも言われている通り、日本のテレビメディアで紹介される「日本が好きな外国人」として取り上げられるのは、非アジア圏(もっと言えば白人)ばかりだそう。
僕自身はもう長くNYに住んでいるので日本のテレビ番組を見る機会はほぼないのですが、ニュースや友人らの話から察するに、大体の予想が着きます。(近く日本に一時帰国するので調査してみたいと思っています。)

日本礼賛番組の偏り

昨年の帰国時、天神橋の立ち飲み屋で友人と飲んでいた時のこと。

備え付けのテレビから流れていたテレビ番組の内容は、日本のラーメンブームに関するものでした。

世界各国(主に欧米)から来た白人達が「日本のラーメンは世界一!」「わざわざここのラーメンを食べるために外国から来たよ!」といった感じでインタビューに答えており、アナウンサーも「嬉しいですね!」と満足げにしている姿を見て、「世界から日本はこんなに愛されていますよ。」と、どこか必死にアピールしているような様子だったのが印象的でした。

聞けばこの流れはどんどん進んでいるようで、「外国人に褒められている日本」を「自らヨイショ」する番組が非常に多いとか。そして、そこに出てくる「外国人」は、白人を中心した欧米人ばかり。

先のツイートはまさにこれについてのことなんですが、このツイートに対しての反応は「中韓のマナーが悪いから」や「中韓の人間は日本を褒めないから」というものが多く見られました。

実際そういう側面もあるのかもしれませんが、僕自身はこれを「日本人の欧米コンプレックスの表れ」だと考えています。(あくまで個人的見解です。)

内在する欧米人へのコンプレックス

戦後から今に至るまで、日本は米国によってアメリカを始めとする欧米の影響を多分に受け続けています。
これによって日本の価値観は非常に欧米的なものに近付いていきました。

ファッション業界が良い例です。
国内有名ブランドの広告に起用されるモデルの大半は外国人。

その理由は明確。

日本人(特に若い世代)は、欧米人に対する憧れが非常に強く、外国人モデルの方が見る側により良い印象を与えるから。

これは言うなれば、美の基準が非常に欧米的である、ということです。
もちろん全ての人に当てはまるわけではありません。が、多くの人にとってはそうでしょう。

憧れとコンプレックスは表裏一体です。
自分が「こうなりたい」という思いは、対象と比較して自分を下に見ているということです。

本屋で女性誌などを眺めると一見してわかります。
「デカ目」「高い鼻」「彫りが深い」・・・etc
本来のアジア人的な「細い目」「低い鼻」「のっぺり顔」の真逆を行くキーワードたち。

日本におけるハリウッド俳優、もしくはハーフタレントやハーフっぽい顔の芸能人人気などを見てもその憧れ/コンプレックスの存在は疑う余地はありません。

「外国人の彼氏・彼女が欲しい」なんてのは聞き飽きましたし、「(欧米人モデル/俳優/アーティスト)みたいになりたい」という人も多くいます。
(一部韓流アイドル人気などや美容技術的な側面から韓国人に憧れるタイプの人もいるものの、やはり欧米人に対する憧れを持つ人の比率が高めです。)

故に、テレビ番組などにおける外国人に関しても、そういう人種を起用する方が視聴者への効果は期待できるワケです。

問題点はコンプレックスではない

僕がここで言いたかったのは、「欧米コンプレックスは悪」ということではありません。
僕だってジョニー・デップは最高にカッコいいと思ってます。

ただ、「必死に欧米人に認めてもらってると言い聞かせてる感じがすごくダサい」ってことなんです。

「ニホンハサイコウダヨ!」なんてテレビでわざわざ雇われ外国人タレント外国人観光客に言わせてそれを日本人にアピールすることも、それを見て「日本は欧米人にも認めてらってるんだ、やったー!」って自賛することも、なんかもう色々必死すぎて最高にダサい。

海外からの評価は気にするべきだと思うし、彼らに日本のコンテンツを楽しんでもらうことは今後の日本の発展のためにも非常に重要な課題ですが、上記のようなヤラセ番組やって/観て満足してる今の現状は、ただの平和ボケ、思考停止なのではないかと、ニューヨークの片隅から見ていて、僕は感じます。

あくまで僕の意見です。

英語なんか話せなくて別にいいから、今すぐ日本を飛び出して海外に行くべき3つの理由。

ニューヨークに来て、僕は「無駄に謝る」ことをやめた。海外に出て、日本人は謝りすぎということに気付いた。

国旗を振らない日本人。

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で