• Home
  • /
  • デンマーク
  • /
  • コペンハーゲン観光!まるで魔女の宅急便の世界観。キオスクでバスチケットを買って回ってきた。[ヨーロッパ旅2014夏]

コペンハーゲン観光!まるで魔女の宅急便の世界観。キオスクでバスチケットを買って回ってきた。[ヨーロッパ旅2014夏]

ヨーロッパ旅一日目・デンマークのコペンハーゲンにて。
2014年夏のヨーロッパ旅の記録

空港からバスで宿泊先に到着後、すぐに街に繰り出して散策しました。
というのも、このコペンハーゲン滞在はたった一日。翌日朝7時にはベルリンに発つので、楽しむためには一刻の猶予もありませんでした。

宿泊先

copenhagen-walk-2

今回の旅行では全ての宿泊先をAirbnbを利用して見つけました。
低価格で抑えたかったのと、現地の人との生活スタイルを肌で感じたかった、そして、いわゆるホテルベースの「観光!」的な滞在を避けたかったのが大きな理由です。
宿泊先予約サービスAirbnbで、「暮らすように旅をしよう。」

今回宿泊させていただいた初Airbnbアパートは、コペンハーゲン市内でZone3というエリアに分類される場所にありました。

copenhagen-walk-3

喧騒とは離れた、穏やかな住宅街とメインストリートの中間点のような場所。
バスの表示とにらめっこしながらなんとか無事に降車し、グーグルマップのスクリーンショットを便りに歩くこと数ブロック。なんとかアパートに到着しました。

素敵な女性のオーナーが迎え入れてくれた部屋を見てびっくり。

copenhagen-walk-5

ウ・・・ウォシャレ!!!

オーナーの方はファッション関係の仕事をしているらしいのですが、そのセンスの良さが部屋からも伺えました。うーん、一日しかいれないなんてもったいない。

バスの回数券購入

部屋の居心地も良かったのですが、時間がないのですぐさま家を飛び出し街へ!
KIOSK(キオスク。売店。コンビニみたいなもので、どこにでもある)でバスのチケットが買えるということで近くの店舗に突入。

copenhagen-walk-11

英語はカタコトだけど、一生懸命聞いてくれた笑顔の素敵な店長になんとか伝えて無事購入。
ちなみに購入したのは、10回分の回数券。6回乗ればほぼ元が取れるようです。

そしてなぜか店の奥にはスロットが。
音は静かでした。
copenhagen-walk-10

この回数券を、バスに乗ってすぐの機械に通すと、チケットに時刻が刻字される仕組みです。
copenhagen-walk-12

この刻字から一時間以内なら乗り換え無料となるそう。
ゾーンによって使える回数が変わる?そうなのですが、詳しいことはよくわかりませんでした。検索するとちゃんとした情報が出て来ると思います。(適当)

デザインセンター

copenhagen-walk-15

バスを降りてすぐに出会ったのはチボリ公園。

copenhagen-walk-18

中はテーマパークのようになっていて、ジェットコースターではしゃぐ子供の声が聞こえて来ました。行きたかったけど、とりあえず目的地は別なのでとりあえずスルー。

信号を渡って向かい側、最初の目的地のデンマーク・デザインセンターへ。

copenhagen-walk-19

copenhagen-walk-20

家具などのデンマークデザインを展示するギャラリーで、是非行きたかった場所。
・・・だったのですが、中に入るとカフェしかない。上はオフィス。

???となって調べてみると、どうやら展示は別のエリアに移動して、ここはオフィスのみになってたみたいです。
この辺りの情報が各所全然アップデートされてないよ!

これから行く人は要注意です。

ちなみに、その新しい場所はどこかよくわからなかったので諦めました(笑)

デザインミュージアムへ

続いての目的地、デザインミュージアム・デンマーク行きのバス停に向かう途中で、国立博物館を発見。

copenhagen-walk-22

時間がないので今回は見送りましたが、結構大きめで館もいくつかあるようでした。

デザインミュージアムにいくまでの駅周辺。
copenhagen-walk-24
そうそう!この感じが僕の思うヨーロッパ!

無事バスを降りて少し歩いた先に、デザインミュージアムありました。
copenhagen-walk-26

copenhagen-walk-27

デザインミュージアムに関しては別記事にて紹介していますので是非チェックして下さい。
椅子好きは必見。デンマーク・デザインミュージアムは名作チェアの宝箱だった。[ヨーロッパ旅2014夏] | NYの暮らしと旅の情報ブログ”metroglyph”

ニューハウン地区へ

デザインミュージアムから来た道を戻るように歩いて行くと、ちょいちょい脇道があって素敵なお店が。

copenhagen-walk-29

B56というセレクトショップ。

copenhagen-walk-30

そのまま歩いて行き、偶然入り込んだニューハウン地区。

copenhagen-walk-34

昼間から高そうな料理と酒を楽しむ中年の方々がたくさん。

copenhagen-walk-35

魔女の宅急便を思わせるような景色。

copenhagen-walk-36

ヨーロッパに来たことをひしひしと実感します。

王立図書館の庭園

地図も見ず、あてもなくブラブラ歩いて迷い込んだのは、王立図書館の旧館。

copenhagen-walk-41

といってもこれが全てそうなのかはよくわからず。
なんか裁判所的なことも書いてあったような?

copenhagen-walk-42

こっちが図書館の庭園。

copenhagen-walk-43

ピクニックをしている人達がちらほらいて、まるで貴族みたいでした。

copenhagen-walk-45

門で外界と隔たれています。

copenhagen-walk-47

ワクワクしますね。

夜は・・・

早朝フライトが控えているので、この日は結局夕方の六時頃まで散策して帰宅。

夜、チボリ公園に遊びに行こうかとも思ったのですが、入場料99クローネ(約1800円)にやむなく断念。

夕食は宿泊先近くのスーパーでパスタを買って、旅先でまさかの自炊。(以後、ほぼ自炊になります。)

結局寝ずに朝方までブログ書いたり荷物整理したりして、そのまま空港に行きました。

最後に

もっと長居したかった!!(切実)

これからいくつもの都市を巡るにも関わらず、初っ端からベストシティに出会ってしまった気がします。
だって、観光客にものすごく優しい街作りなんだもの。

例えば、車道、自転車道、歩道がしっかり別れているおかげでとても歩きやすかったり、石畳の歩道にタイルが敷かれていて、乳母車やキャリーケースの持ち運びがしやすい等、ホスピタリティの高さに驚きを隠せません。

copenhagen-walk-9

切符の仕組みなどはまだ分かりにくい部分もありましたが、街の人達がフレンドリーで協力的だったので、それほど困らずには済みました。

唯一気になるのは物価の高さ。
スーパーでのパンやパスタなんかはまだ安かったですが、外食や飲み物がめちゃ高い!(コーラ一本440円はさすがにちょっとね・・・。)

治安に関しては、時間帯や行った場所がよかったのか、全く危険を感じることはありませんでした。夜の中央駅らへんは危ないとも聞きましたが、そもそも足を踏み入れてないのでちょっとわかりません。

行けなかった場所がたくさんあるので、いつかまた絶対に戻って来たいと思います。

というわけで、旅路はドイツ、ベルリンへと向かいます。

続く。

次は…ベルリンでB級グルメを堪能してきました!

コペンハーゲンのホテルを探す

ヨーロッパでホテルを探すなら、オランダに本社を置くBooking.comが一番オススメです。
Bookin.comでコペンハーゲンのホテルを探す

滞在費を抑えたいならAirbnbで現地の人の家にショートステイ。ここから予約すると初回宿泊が$20(USドル)OFFになります。
Airbnbでショートステイを探す