• Home
  • /
  • 英語
  • /
  • 無料かつ一人で簡単に出来る究極の英会話勉強法。

無料かつ一人で簡単に出来る究極の英会話勉強法。

Ultimate english study5

画像は、究極のナンセンスを目指してみました。

先日、オンラインで海外ブロガーミートアップなるものをやったんですけども、その時に軽く話した僕の英会話勉強法というのが、別に反響とかも何もなかったんですけど個人的に面白いかな、と思って記事にしてみることにしました。

これは、父より伝授された、一子相伝の秘技、秘術の様なものなのですが、今回は僕のブログの読者さまだけに特別にお教えしちゃいます。

1.二人ほど座れるスペースを用意する。

Tatami

ぶっちゃけ机に椅子とかでも何でもいいんですが、こっちのほうが集中出来そうなので。
畳も星座も、特に意味はありません。

2.目の前に何かを置く。

Ultimate english study2

これもぶっちゃけ何でもいいです。
ただ、初心者は特徴のある何かがいいと思います。
ちなみに僕の目の前にあるのはこいつです。

よくわかりませんが、なんか軽くレア物になってるらしいです。

ここから本番です。

3.目の前の何かに、英語で思いつく限りの悪口を言い続ける!!!

Ultimate english study3

もう、本当に、思いつく限りの悪口を言います。言いまくります。
目の前のこいつの人格をめちゃくちゃにしてやるくらいの勢いで悪口を言います。

目標は二十分。ノンストップで言い続けれたら大したもんです。

ボキャブラリーが尽きたら、次のステップです。

4.目の前の何かを、英語で褒めまくる!!!

Ultimate english study4

とにかく褒めます。
褒めちぎります。
こいつが照れすぎて動き出して殴ってくるんじゃないかっていう位まで褒めます。

これも目標二十分。ボキャブラリーが尽きるまでとにかくやります。

5.毎日続けます。

これを、とにかく毎日続けます。

最初は上述したようにぬいぐるみなど、特徴豊かなものを相手にすればいいでしょう。

Ultimate english study5

とにかくこいつをけなし、褒めまくるのです。

成長してきたな、と思ったら、対象の特徴を減らしていきます。

例えばこんなの。

Ultimate english study6

これは、あの、図面引いたりする時に使う長い定規みたいなのです。

こいつなんか難易度高いですね。
「細い」「冷たい」「長い」くらいしか思いつきません。

もっと難易度あげます。

Ultimate english study7

これは、あれです。

Ultimate english study8

ギターの弦を巻く時にペグをくるくる回すやつです。

これとかちょっとやってみましたけどめちゃくちゃ難易度高いんですよ。
けなそうと思ったポイントが褒めるべきポイントだったりして。

と、まぁこんな感じで徐々に小さく、シンプルにしていき、最終的にはと父が言っていました。

石を20分間、英語でけなし続ける。

これができたら、正直英語めっちゃ喋れる人です。。

この勉強法の意味

一見ふざけているように見えますが、この方法、スピーキングの訓練に凄まじい効果を発揮します。

実際これを20分続けようと思ったら、喋りを途切れさせずに展開させる技術膨大なボキャブラリーが必要となります。

最初はせいぜい10秒といったところじゃないでしょうか?
F○ck!とかS○it!であとは固まるのみです。

これを改善するために色んなボキャブラリーを取り込み、またそれをいかに使うかで、イディオムだったり言い回しの技術が上がります。

また、気持ちを込めて言う練習をすることにより表現によりリアリティが増し、より感情豊かに英語を話せるようになるのではないでしょうか。

実際に使ってみよう!

ある程度ボキャブラリーが増えてきたら、実際に使ってみましょう。

今は、オンライン英会話みたいなのがあって簡単に英語の話せる環境があるので、いいですよね。

※ここで悪口言っちゃったらダメですよ!!笑

正直なところ

いや、これまじで効くから。
だまされたと思ってやってみてください。
ちなみに僕は、こんな真正面に座ってセッティングしてやったりはしてませんが、たまに目の前にあるものに対して全力で悪口を言ったりしてました。
あと、一人で運転してる時に外の車に英語で文句言いまくるのも効果的。

ちなみに20分というハードルは多分親父も適当に言っただけだと思います。
これ本当に20分できたらマジですごいわ。(僕も絶対5分も持ちません)。

お時間ある時に、一度みなさんもトライしてみては?
自分のボキャブラリーの少なさに衝撃を受けると思います。

そんな感じで。

ちなみに個人的なオススメの単語帳。