ブログエディタMarsEditの導入方法と最初にやったほうが良い設定諸々の話。

Marsedit first setting

Macでブログ書いてるならこいつを使ってないとモグリだ!

先日運良く手に入れた旧型のMacBook Airで、MarsEditを初期設定し直したので、備忘録を残してみました。

カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]

これから使おうと思ってる方や、改めて設定の仕方を忘れた人等に参考にして頂けたらと思います。

初期設定

まずは始めての起動画面。
skitch.9

至ってシンプルな画面ですが、ここに(すでに持ってる人は)自分のブログの表示をさせなくてはいけません。

画面上のメニューからFile→New Blogを選択して下さい。
以下のような画面が出てきます。

skitch.8

ここにブログ名と自分のブログのトップページのURLを登録。
僕の場合はこのブログ、SAGLOGで登録しました。
するとこんな感じに登録されます。

skitch.7

しかし、このままだとまだ自分のブログの名前が登録されただけで、過去記事を見ることはおろか、新規投稿も出来ません。

接続するために、まずこのブログ名を右クリック→Edit Settignsをクリック。
以下の画面が登場します。

skitch.5

この枠でくくった部分に、http://自分のサイトのURL/xmlrpc.phpを入力して下さい。
※もしWordpress以外を利用の方は、System Nameを自分の使っているサービスに変更するのをお忘れなく。

もしかしたら順序が前後してるかもしれません(はっきり覚えてない)が、再びメイン画面のブログ名を右クリック→Edit Passwordでいつも自分のブログのダッシュボードにログインするときのIDとPASS情報を入力して下さい。

そしたらメイン画面上部のRefreshボタンが押せるようになってるはずなので、クリックすると、一気に記事を取得してくれます。

skitch.3

初期設定は以上です!

簡単ですね〜。

やっておくと良い設定

突っ込んだまたの機会にして、ここではMarsEdit内だけで出来る簡単なカスタマイズ(設定)を紹介します。

公開設定

まず最初に、記事公開設定です。

新規投稿(New Post)をクリックして下さい。
記事の投稿画面に行きます。

skitch.2

上記の画像の枠でくくった部分、初期設定だとPublishedになっていませんか?
これだと、上のSend to Blogを押した時、自動で公開になってしまいます。
未完成の記事が勝手に公開されるのを防ぐためにも、まずはここをDraft(下書き)に変えておきましょう。

ちなみに、上の画像に載ってる記事は、書いてる途中で飛んだ本記事の元です。(苦笑。こまめにセーブしましょう)

スラッグの設定

スラッグというものがあります。
いわゆる、パーマリンクのこと(ですよね?)で、自分のパーマリンクを手動で設定してる方は、このスラッグを入力することで自分の好きなパーマリンクを設定できます。
(パーマリンクというのは、この記事のURL”http://sagadylan.com/marsedit-first-setting”の”marsedit-first-setting”のところのこと。)

こいつをMarsEditで直接編集出来るようにしようぜ、ということ。
これも超簡単です。

トップのメニューからView→Slug Fieldをクリックするだけ。

View_と_Menubar_1

すると、投稿画面のTagフィールドの上にSlugフィールドが出来ます!

続きを読むの設定

僕のブログにもあります、続きを読む、の設定。
これを設定します。

先ほどと同じように、メニューからPost→Split Postを選択するだけ。

Post_と_Menubar_1

投稿画面が裂け(?)ましたー!

プレビューの設定

リアルタイムプレビュー画面の設定。

Preview of ブログエディタMarsEditの導入方法と最初にやったほうが良い設定諸々の話

初期設定のままだと、改行がうまくプレビューに反映されません。

これを変えるには、メイン画面からブログ名>Edit Settings>Edititingの画面へ。

Metroglyph Settings

変更するのは以下の箇所。

Metroglyph Settings

Convert Line BreaksをTextileにすると改行が反映されるようになります。

さらに、もしブログに差し込む画像のサイズを今後一定にしておきたいなら、下の赤枠部分も設定。
ぼくの場合は640pxで、今後Mars Editから入れた画像は横640px縦600pxを超えない設定になりました。

あと、おすすめはpost statusの項目をPublishedからDraftにしておくこと。
未完成のブログの誤送信を防げます。

まとめ

しっかり好みの設定に出来れば、執筆が面白いくらいサクサクになります。

まだ導入していないブロガーの方は、本当におすすめ。
高い買い物ですが、それに見合うだけのアプリだと思いますよ。

こんな記事もあります

Mars Editで投稿しようとしたら”Post to Weblog Error”が出て来て投稿出来なかった時に僕がとった対策法。

僕がブログ書くのに使ってるツールとか・Mac編(2014/1月版)

オフラインで安心カスタマイズ!WordPressのローカル環境を構築するためにMAMPを導入してみた。

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。