• Home
  • /
  • ガジェット関係
  • /
  • Macbook Pro 15インチ(mid 2010)のHDDをSSDに換装したら現役続行余裕だった話。

Macbook Pro 15インチ(mid 2010)のHDDをSSDに換装したら現役続行余裕だった話。

Macbookpro_hdd_ssd

着々とギークの道を歩みつつある気がします。

前々からやりたいなーと思っていた、Macbook Pro(mid 2010)のSSD換装。
準備が整ったのでついに実行に移しました!

今回は、そのプロセスの備忘録です。Macbookpro_hdd_ssd

SSDとは?

そもそもSSDってなんじゃい、という方のために簡単に。

SSD=Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)。
中身のことは僕も詳しくわかりませんが、HDDのもっとすごいやつという認識。(雑

SSDにするメリット

とにかく早くなる
実際にSSDを搭載したPCや換装済みのMacbook Proを触らせてもらっての感想です。
あとはネットで調べたら腐るほど噂が転がってる。

僕のMacbook Proはもう4年めに突入して、動きもかなりもっさりしてきてらっしゃったので、現役続行のためにはこの載せ替えは不可欠と感じていました。

デメリット

ただ、いくつかデメリットがありまして。

HDDに比べて高い。
一時期よりマシにはなりましたが、それでもまだ高いっす。
1TBなんて買えないっす。

あとwiki曰く
データ復旧できない。
方法が確立されてないので、故障した時にデータの復旧が出来ないそうです。

っても、アタシデータ復旧なんてしたことないし、それは別にいいや。(雑
ってことで換装決定。

参考にしたリンク

今回の換装にあたっては、このあたりのリンクを参考にさせていただきました。感謝!

用意したもの

Macbookpro_hdd_ssd

てなわけで本題の換装作業に移っていきますが、まずはそのために用意したものがこちら。

Samsung SSD 840 EVO 120GB

実はSamsung製品にはいい思い出がない(GalaxyS2は酷かった)ので極力買いたくなかったのですが、値段に負けて購入してしまいました・・・。

勘の良い人はお気づきかと思いますが120GBです。
もともと320GB搭載のものから120GBに容量をグレードダウンです。
いや、データ管理はほとんどクラウドと外付けなので、中身実際そんなに使わんかな〜と思いましてこの選択です。
移行アシスタントを使えば、自分で移行できる容量を選べるしね!

ドライバー(T6)

この段階ではよくわかってなかったんですが、なんや特殊なドライバーがいるということで注文しました。
後々わかりますが、たったこれだけのために・・・ってなるので一番安いのでいいと思います。

普通のプラスドライバー

一応僕がセットのをもってるのでセットで紹介してますが、別に単体でいいです。
今見たら、サイズがPH00ってのが丁度でした。

HDDケース

HDD/SSDを格納するためのケース。
移行だけならSATAケーブル?ってのだけでいいらしいですが、自分は取り出したHDDをそのまま外付けHDDにするつもりだったのでケースを購入。

起動ディスクが入ったUSBメモリ

ここの手順に従って、復元ディスクアシスタントをダウンロード・USBにインストールします。

移行するHDDよりもSSDの方が容量が多い方、あるいはHDDから移行するパーテイション容量がSSDよりも小さい方は、これは不要です。

以上です:)

本体HDDのデータ整理

まず、予算の関係で120GBのものしか買えなかったのでその前に本体のデータを減らさないといけません。
なので本体移行のためにデータを削減!
もともと約300/320GBを外付けHDDに移したり削除したりして80GBくらいまで減らしました。(!)

SSDのフォーマット

まっさらのSSDを、Mac用にフォーマットします。
購入したHDDケースに新品のSSDを挿入。

Macbookpro_hdd_ssd

Macbookpro_hdd_ssd

(別にケースに入れなくても、ケーブルをつなげば大丈夫です。)

Macbookpro_hdd_ssd

Macbookpro_hdd_ssd

認識したらライトが点灯しました。

そしたら、アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティを開いて
①パーティション追加
②名前を決定
③フォーマットを”Mac OS 拡張(ジャーナリング)

Macbookpro_hdd_ssd

で適用したら完成。

本体のHDDとSSDを入れ替える

いよいよ本番。
Macbookpro_hdd_ssd

久しぶりに裏返すと、なんか汚かった。(笑)
プラスドライバーで、裏の10個のネジを外していきます。

▼パカッ
Macbookpro_hdd_ssd

きったな!!!!!!

そもそも開いたのが二年ぶりくらい。
そらホコリもたまりますわな・・・。

ホコリ取りで掃除しました。

▼ちなみに蓋になんかガムテープの破片みたいなのがついてたので、あれ?と思いながら触ったら

Macbookpro_hdd_ssd

と、取れちゃった・・・

Macbookpro_hdd_ssd

よくわからなかったので放置します。(雑

気を取り直して・・・
本体右下の部分がHDD。
▼まずは、上の2つのネジを外します。

Macbookpro_hdd_ssd

▼こんな感じで取れました。

Macbookpro_hdd_ssd

▼そしたらHDDを慎重に外す!

Macbookpro_hdd_ssd

テープ型?のケーブルなので、勢いよく取るとちぎれちゃいそうです。慎重に。

▼引っこ抜きます。

Macbookpro_hdd_ssd

次は外したHDDについてる特殊なネジを外します。
▼ここでようやくT6の星型ドライバー登場。

Macbookpro_hdd_ssd

▼4つのネジを外して、それをそのままSSDの方に装着。

Macbookpro_hdd_ssd

▼HDDと同じように設置。

Macbookpro_hdd_ssd

▼最初に外したパーツも付け直します。

Macbookpro_hdd_ssd

念の為にカバーのネジは付けずにはめるだけでひっくり返し、起動してみます。

起動→OSインストール

▼しばらく何も表示されず。

Macbookpro_hdd_ssd

▼クリックしてみると

Macbookpro_hdd_ssd

いや、俺が「?」やっちゅーねん

って冗談は置いといて、これはSSDの方に起動ディスクが入ってないからだそうです。

先ほど用意した起動ディスクの入ったUSBと、ケースに入れたHDDをポートを両方挿入。
すると見慣れたリンゴマーク出るのでoption押しながら待つと、こんな画面が登場。

Macbookpro_hdd_ssd

復元用を選択すると、ユーティリティ画面に。

Macbookpro_hdd_ssd

Time Machineのバックアップデータがある方はそこから復元、あるいはディスクユーティリティから復元って方法があるんですが、この時注意なのが

移行するときにSSDに必要な容量は、HDDの容量そのものではなくパーティションに使われてる容量

僕は掃除してHDDの中身を80GBまで減らしたのですが、パーティションは200GBくらいで固定でした。(これ以下に出来なかった)
それで120GBのSSDにディスクユーティリティから移行しようとした訳なんですが、何度やっても失敗。原因がわかるまで軽く2時間はテンパってました。

で、解決策の復元用ディスクのOS新規インストール→移行アシスタントにたどり着きました。
ので、OSXの再インストールを選択。
▼こんな感じで始まります。

Macbookpro_hdd_ssd

▼ちなみにフォーマットが”OS拡張(ジャーナリング)”になってないと、こんな風にエラー出ます。(笑)

Macbookpro_hdd_ssd

ひと通り上手くいくと、こんな感じで移行アシスタントに行けます。(具体的な手順は記録するの忘れてました笑)▼

Macbookpro_hdd_ssd

これで移行したいのを選べば、あとは勝手にやってくれます。(適当

あとは、初めてMacを設定した時と同じように初期設定画面が続いてログインすると、移行元の状態がそのまま登場します。

とゆーわけで完成!!

起動してみた感想。

とりあえず一発目、起動早かったような気はしたのですがあまり注意を払っていなかった(笑)ので、

システム環境設定→起動ディスクで、起動ディスクをSSDにちゃんと変えて再起動。

はやっ!!!!!!

正直、びっくりするくらい早くなってました。
今までだと、再起動押してからまともに起動するまでに5分くらいかかってた気がするんですが(酷いな)、今これ、30秒かかってましたかね。

嬉しくなってxbenchなんていうソフトを使ってベンチマークテストをしてみたのですが

Macbookpro_hdd_ssdMacbookpro_hdd_ssd

見てくださいこの圧倒的な数値の差・・・・・・ん?
あれ、そんなに変わってなくね?

一応元の方は、80GBまで容量減らしてからの数値なんですけど、それが原因なのか、実のところあんまり変わってないのか、このソフトの使い方がわかってないのか

まぁぶっちゃけ全然わかんないんですけど体感的に劇的に早くなったのでOKです。(笑)
 
 
 

まとめ

マジおすすめ。

新しく買い換えるより全然安いし、簡単だし、環境も変わらないし
強いて言うなら容量が減ったから今後本体でのデータの扱いは気を使わなくちゃいけないけどぶっちゃけ心配点はそれだけだし。

今使ってるMacが遅い、けど買い換えるのはちょっと・・・って方は、やってみる価値ありですよ。

 
 
 
そんな感じで。

 
 
 

この記事の更新に使用したアプリ

カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]
カテゴリ:[仕事効率化][グラフィック&デザイン]