ドメイン、サーバーとは?WordPressって何?これからブログを始めたい人にわかりやすく解説してみた。

IMG 8888

先日淡路島でブログ初心者向けのワークショップにて講師をさせていただいたのですが、参加者の中には「これらからWordpressを使ってブログを始めたい」という方々もおられました。

そういう方々にとって、やはりドメイン、サーバー、WordPressなどの単語は壁。

かつてぼくも、ブログどころかインターネットすらよくわからなかった頃、なんとなくブログやってみたいと思って色々調べ、その内にこれらの単語にぶち当たり、ちんぷんかんぷんになり諦めた経験があります。

今は何となく(あくまで何となく)理解できたおかげでなんとかこうしてブログの運営が出来ていますが、多分誰よりも「わからない人の気持ちがわかる」と思います。

今回は、そんなぼくがこれらドメイン/サーバー/Wordpressなどの言葉の意味、仕組みをどのように理解したか、というお話です。


これだけ知ってりゃ運営できる基本用語

「よくわかんねぇけどみんな使ってるし、とりあえずWordpressっていうのでブログやるか!…で、ドメインとかサーバーって何?」というのがぼくのスタート地点でした。

そしてこの記事を読んでいる人の多くも、同じような疑問を持っておられるのではないでしょうか?

ぼくはこれらが何なのかを理解するのにかなりの時間を要しました。
ていうかぶっちゃけ、何度か諦めました。

かなり昔からブログ、あるいはWordpressを用いたウェブサイト作りに興味があったのですが、このWordpressの使い方やらなんやらの壁が立ちふさがって、幾度か諦めて来た過去があります。

それでもなんとか今、こうしてブログを運営することができているのは、その仕組みを単純明解にして理解できたから。

この基本を理解するための方法…それは、ブログを家に例えるという方法でした。

ドメイン=住所

ドメインというのは自分のブログの住所を示すもので、ぼくのブログだとURLのsagadylan.comがドメインに当たります。○○○町2611-1みたいな感じですね。

サーバー=土地

住所は、土地に紐づいているものです。
住所が欲しければ土地を得なくてはいけません。

そんな現実世界における土地が、ネット上ではサーバーと呼ばれています。

サーバー(土地)を得て、ドメイン(住所)を得る。

無事に土地と住所ができたら次は?
そうです、家です。

ブログの骨組み(CMS) = 家

Photo 1463946494630 d7d39d1ff445

この家にあたるのが、ブログの骨組み、ブログの「型」のようなものでしょうか。

一般的な家には「リビング、寝室、トイレ、お風呂」などがあるのと同じで、ブログという型にも「ヘッダー、サイドバー、メインコンテンツ、フッター」などの設備が揃っています。(もちろん例外もありますが)

この基本的な骨組み、全くデザインされていないシンプルな家が、CMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

CMSとは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。 広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称。引用:CMSとは|コンテンツマネジメントシステム|Contents Management System - 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典

ブログをやる上でよく聞くであろうWordpressというのはこのCMSの一つで、他にもMovable Typeなどが有名ですね。

WordPressと他の無料ブログの違い

いわゆる、無料ブログサービスであるはてな、FC2、アメーバ等は、上記の住所から家までが全部セットになった、いわば家具付きアパートみたいなものです。レオパレス的なものを想像するとわかりやすいかも。

ポイントなのはこれが購入ではなくレンタルということ。
あくまで、FC2とかアメーバさんが経営する集合住宅に、一室借りるイメージですね。

こういうサービスは、ドメイン、サーバー、ツールなどが全部セットになっており(というかそれぞれを自分で取得する必要がない)、登録すればすぐにブログ始めることができます。
ただし、この手のサービスは利用が無料かつ非常に簡単である反面、自由度に限界があります。

さらに利用はタダですが、そのサービス指定の広告が自動的に挿入されるとか広告を自由に貼れないとかレイアウトを自由に変えれない、などのデメリットがあります。

また同時に、ドメインがhttp://ameblo.jp/(自分で決めるところ)/(記事タイトル).htmlのように、自動的にameblo.jpという大元の会社のドメインが付属されてしまい、自由に設定できないという点も重要です。

ブログを自分の思い通りの見た目にしたい、とか、いらない広告を消して自分の選んだ広告を挟みたい、自分自信のドメインで運用したい、と思っても、これらのサービスを利用していると100%自分の思い通りには出来ません。

WordPressを使うメリット

それに対してWordPressなどのCMSは、完全に自分のものとして使うことができます。
レイアウトも色も広告も、多少の知識があれば思い通りに変えることができます。

簡単なことであればHTMLやCSSの知識も不要で、実際多くのブロガーさんたちがそれらの知識ナシでブログを運営されていたりもします。

WordPressの管理画面の一例▼
ダッシュボード  metroglyph メトログリフ  WordPress 2016 11 16 00 43 36

またWordpressは、CMSの中でも世界ナンバー1のシェア率を誇り、多くの無料/有料テンプレートが制作されています。

それらテンプレートを適用し、少しデザインをいじるだけですぐにでも自分だけのウェブサイトを作ることができます。

収益化に特化したテンプレートなども販売されており、まさに「お金を稼ぐブログ」を作るためには持ってこいと言えるでしょう。

まとめ

今回ご説明した、用語の簡単な理解方法をまとめてみました。

土地 サーバー
住所 ドメイン
家(の骨組み) WordPress(CMS)
家のデザイン/家具 ブログのデザイン

WordPressについて

  • CMSの一つ。
  • レイアウト/デザインが自由。
  • テンプレートが豊富。
  • ブログやるなら定番。

基本的な用語の説明は以上です。
とりあえずこれだけ知ってればブログの運営はできるはず。

そんな感じで。

【関連記事】

【フリーランス】独学でWebデザインを学び、仕事を得るまでの道のり

ミニサイトの作り方。同カテゴリの記事をスピンアウトしてサイトを完成させるまでの全て。

在宅ワークが捗る!ノートPC/Macbookユーザーが外部ディスプレイを使うメリット

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。