• Home
  • /
  • ブログ運営
  • /
  • IFTTTを使ってSNSへのブログ更新情報を自動化してみた!

IFTTTを使ってSNSへのブログ更新情報を自動化してみた!

IFTTT___Mobile

ブログを再開しつつ、様々な環境を整えています。
どうも、さがやん(@sagadylan)です。
SNSへブログ更新情報を流すためにIFTTTを利用し始めました。
登録や設定等、備忘録的に記録したのでシェアしたいと思います。 

IFTTTとは?

シンプルに説明すると
アプリAで○○○する

アプリBでXXXする
という一連の動作を自動化してくれるサービスです。
つまりこれを利用して、
ブログが更新されたら

自動的にSNSに更新通知が投稿される
という流れを作ることにしました。

登録

まずはIFTTTにアクセス。
TOP画面から新規登録画面へ。

IFTTT___Join

ユーザーネーム、メールアドレス、パスワード、確認の順に入力したら、アカウントを作成します。しばらくすると、先ほど登録したメールアドレスに確認のメールがきます。
メール内にあるボタンをクリックして認証、再びIFTTのページへ。
Airmail

これが登録後の会員ページ。

IFTTT___Dashboard

会員登録はこれで完了です。

レシピ作成

アプリ同士の動作を決定するレシピを作ります。

サンプルから作ってみる。

僕はまず、@shintarofreshさんのところで公開されていたレシピをテストに使わせていただきました。

prasm

この記事からWordPressの更新通知FBページ用というリンクをクリックすると、このようなIFTTTのレシピページに飛びます。↓
IFTTT___WordPressの更新通知FBページ用_by_shintarowfresh_と_IFTTT___Dashboard
スクロールすると下に記入部分があるので、自分の好みに設定し登録します。

IFTTT___WordPressの更新通知FBページ用_by_shintarowfresh

こんな感じで、人が公開しているレシピをそのまま使わせてもらうことも出来ます。
ハイパー便利。

ゼロから作ってみる。

使い方が分かったので、今度はゼロから自分でレシピを作ってみたいと思います。
ダッシュボードのCreate a Recipeをクリック。
IFTTT___My_Recipes

画面に現れる、if this then thatの文字。
ようは、「こう」したら、「ああ」なるってことですね。
このthisthatに当てはまるアプリケーションを選んで行きます。

まずは青くなっているthisをクリック。
すると下に、使用可能なアプリケーションの一覧が出てきます。
IFTTT___Create_Recipe_2

ここから希望のアプリと動作を選びます。

同じ要領で次はthatの部分を選択。
IFTTT___Create_Recipe_1

同じようにアプリと動作を選択します。
すると、先ほどサンプルで作ったような画面にたどり着くので、希望の動作や完成系のフォーマットを作成します。
IFTTT___Create_Recipe

ちなみにここでは僕は
WordPressで記事が更新されたらDropboxにその記事のテキストファイルが作られる
という、ビミョーレシピを作りました。(笑)

本当に動作するのか

という訳で、記事を実際にアップしてみます。

待つこと数分。

更新されない。

Twitterを更新してみるも変化なし。

設定間違ったかなーと思ってIFTTTのダッシュボードを見てみると
IFTTT___Recipe_7260403
これが本当に更新ボタンだったのかはよくわからないのですが、一回これをクリックしたらその下のように一分以内に使われた、的な表示に変わりました。

Twitterを確認してみると…

きたー!大成功。
こんな感じで、ちゃんと動作するみたいです。

せっかくなので、今回僕が作ったレシピたちを置いておきます。
良かったら使ってみてください。

IFTTT Recipe: wordpressで記事が更新されたらTwitterに流すレシピ。

IFTTT Recipe: wordpressで記事が更新されたらTwitterに流すレシピ。

IFTTT Recipe: wordpressで記事が更新されたらDropboxにテキストファイルを作るレシピ。

ほなまた!

この記事の更新に使用したアプリ

カテゴリ:[ソーシャルネットワーキング][仕事効率化]
カテゴリ:[仕事効率化][グラフィック&デザイン]