一人ぼっちの寒い夜に。15分でできるIHで一人鍋レシピ

Hitori nabe  1  1

ぼくは「深夜食堂」が好きだ。

Amazonプライムビデオで見放題だったのがきっかけで、自炊している途中や食べている最中に一人で見るようになった。料理の扱われ方が絶妙で、見ているだけで温かくなれる(そしてお腹が空く)ヒューマンドラマだ。

そんな深夜食堂のあるエピソードで「白菜と豚バラの一人鍋」という回があった。
そこで見た一人鍋は、今ぼくが、まさに欲しているものだった。

引っ越してきて初めての冬。
隙間だらけの家は、予想外の寒さだった。

石油ストーブの前から動けないぼくは、その日深夜食堂を見ながら思った。
「明日は一人鍋だ。」

ノリで作ってみたら、簡単だった。

はじめに

総調理時間 15分くらい
材料 かつをぶし
白菜
えのき
豚バラ(豚こま)
尾行 鍋は二つあったほうがいい
ざるか、あく取りみたいなのもあればいい

お湯を沸騰させる

まずは鍋にお湯を沸騰させる。
写真ではIH対応の土鍋を使っているが、この作業は普通の鍋でやればよかった。理由は後述。

Hitori nabe11

かつお節を投入する

沸騰したらかつおを投入して弱火にする。
うちのIHでいうと7段階の1くらい。

Hitori nabe9

かつおの量は適当。
ぼくはがっつり一掴みくらいいった。

だしを取る時間はだいたい5分〜10分くらいらしいけど、ノリで。

漉(こ)す。あるいはすくい取る。

一人分なので、アク取りがあればそのまま取ってしまう。

ぼくはアク取りを持ってなかったので、土鍋からざるを通して別の鍋に入れ、再び土鍋に戻すという二度手間になってしまった。最初から普通の鍋でやればよかった。

具材を入れる

だしが出た鍋に具材を放り込む。

Hitori nabe7

本当は豚バラが良かったけど、豚こまが安かったので…。

入れ方は適当でいいけど、食べるときにテンションあげたかったので、気持ちきれいに並べてみた。

あとは火が通るまで煮る。肉の赤みが消えて沸騰したら大体いける。

出来上がり

Hitori nabe2  1  1

アク取りがないので、灰汁は取らない。(取れない。)

ポン酢につけて食べる。

深夜食堂では「ぶしゅかん」なるものを入れていたけど、とそんな特殊な食材は我が家にはないので市販のポン酢。

Hitori nabe5

うまい。

Hitori nabe1

ひとりぼっちの冷えた体に染みる。

細かい味付けもないし超簡単。おすすめ。

そんな感じで。

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。