• Home
  • /
  • コラム
  • /
  • オサレ感の欠片もない日常系インスタグラムに、幸せとは何かを考えさせられた。

オサレ感の欠片もない日常系インスタグラムに、幸せとは何かを考えさせられた。

ニューヨーク在住ということもあって、周囲にはアーティストやらフォトグラファーやらなんやお洒落な人が多いです。
そんなこんなで一番流行っているSNSも、自分がいかにお洒落でいけてる生活をしているかをアピールするにはもってこいのInstagramなのですが、僕もご多分に漏れず、全力でお洒落ぶって利用させてもらってます。(その涙ぐましい努力は是非僕のアカウントからご覧になってください。)

そんなオサレ感があふれ出まくるInstagramの中で、ある日、とあるアカウントに出会いました。

そのアカウントからは、あのInstagramにありがちなオサレ感が微塵にも感じることが出来ませんでした。
だけど、今まで出会ったどんなアカウントよりも笑顔をくれる、そんなアカウントでした。

アカウント名:bloodyhip

まず最初に突っ込みたいのは、どんなアカウント名だよっていう。
なんかのバンド名かと思ってググったけど何も見つかりませんでした。
ちなみにInstaの一番最初の写真までたどったけどわかりませんでした。
アカウント作った時に痔とかだったんでしょうか・・・?

そんな疑問はさておき、このアカウントの運営者はKojiro Watanabeさんという、4児(!)のお父さん。

確かにイカついビジュアルの方で、本人のコメント通り一歩間違えば誘拐現場に見えなくもn(ry

注目はコメント

このアカウントで載せられている写真は、美味しそうなご飯やお洒落な雑貨、コーディネートなどではなく、あくまでもKojiroさんとその家族の日常の写真。

お父さんが、いかに娘LOVEかを感じさせるようなのほほんとした一枚。

昨日の夜ご飯は「食べたくなるなる」でお馴染み、ケンタッキーフライドティキンだったよ。 え?ケンタッキーってご飯の支度が面倒臭い時か、パーリーの時しか食べないけどどうしたって? それはね、部活が終わってからイソイソと歯磨きをして出掛けた2号を怪しく思った嫁が2号の帰宅後問い詰めた結果、クラスの可愛子ちゃんに告白&OKをもらったみたいで、その御祝いだよ! こっちは冗談半分だけど、思春期真っ盛りの2号には、死ぬ程恥ずかしい仕打ちだね! 青春っていいね!2号! #日本 #japan #嫁 #妻 #家族 #よめ #つま #かぞく #wife #family #巨嫁 #息子 #むすこ #son #crazywife #ケンタッキー #2号 #告白 #成功 #御祝い #青春 #罰ゲーム #思春期には最悪の仕打ち #悪意 #クリスマスに余ってたシャンメリーまで開けた #2号おめでとうって乾杯 #2号終始苦笑い #グレないでね

A photo posted by Kojiro Watanabe (@bloodyhip) on

写真だけ見れば、何気ない家族団らんの様子。
だけど、Kojiroさんのコメントの鋭さがたまらない。
2号(息子くん)のいじられっぷりがやばい。

ショッピングモールにお出掛けした日の嫁の締めは皆んなもう分かってるよね? そう、大量のホイップが乗ったパンケーキだよ。 パンケーキを食いながら、嫁がブツブツ言ってるよ? え?何々?「前の牛カツの定食が食べたい」「さっきのステーキ、後400gはいけた」? うわー!パンケーキ食いながら言う事じゃねーよ! まさに食欲モンスターだね!嫁! #日本 #japan #嫁 #妻 #家族 #よめ #つま #かぞく #wife #family #巨嫁 #crazywife #ジャンボワイフ #大家族 #イオンレイクタウンMORI #パンケーキ #食欲モンスター #止まらない欲望 #永遠の育ち盛り #若い頃近所のおばちゃんに年頃になったら痩せるよと言われたらしいがまだ年頃になってない嫁

A photo posted by Kojiro Watanabe (@bloodyhip) on

奥さんをモンスターと呼びながらも、愛が滲み出るコメント。
比率高めお奥さんネタが半端なく面白いのです。

皆様からのあたたかいお祝いのメッセージ、本当にありがとうございます。 余りの御祝いメッセージの多さに感動して、まさかの本人降臨。そして皆様に感謝のメッセージがあるそうです。見てやって下さい。 しかしこの妊娠中、皆さんに意味もなくバレない様にするのも大変でした。 途中何人かの方からの気付かれたかの様なコメントには驚きました。 でも嫁の妊娠を隠し通したのは、(どうせ太いからバレへんかな?)という実験と、今日この瞬間に「ジャジャーン」ってアップしたかっただけで、何の意味もありませんでした。 これからもこのアホ家族をどうぞ宜しくお願い致します。

A photo posted by Kojiro Watanabe (@bloodyhip) on

もはや奥さんの出産ですらネタとしてしまうこの勢い。
そして奥さんもノリノリである。

感動の一面も

4人目がお産まれになった時のもの。幸せさが溢れ出ます。
ちゃんと落としてくるのは相変わらずですが笑

思わず泣きそうになった一枚。
自分がはじめて妹と出会った瞬間を思い出しました。

この親にしてこの子らあり。
こんなに愛の溢れる家族図。現代ではもう、珍しくなってしまったんじゃないだろうか。

いやー、大変な夜やった。 夜勤中、めったな事では電話をかけてこない嫁からの着信。 嫌な予感がして出ると、見事的中。 「娘が婆ちゃん(母)の薬を誤飲しちゃった!今から病院に連れて行くね!」 救急相談に連絡したら副作用が怖い薬らしく、救急に行ってくれと言われたらしい。 慌てて残りの作業を任せてから病院へ。 まぁー速かったね。あの時の湾岸線をぶっ飛ばすハイエースに追いつけたのは、シューマッハがギリやったと思う。 鈴木亜久里は、多分俺を抜けなかったね。 ちなみに俺が居ない間、パニックになる2号を尻目に1号がファインプレーの連続だったらしい。 嫁が電話してる間、サッと着替えて外に飛び出してタクシーを止めて嫁を待つ手際の良さ。 ついでに「(俺の事だから)ぶっ飛ばして帰ってくるだろうけど、事故らないかな?」と、俺の心配までしてくれてたらしい。 俺が病院に着いたら処置は終わっていて、子供達は帰宅。娘は俺の顔を見たら、笑顔を見せながら涙を一粒ポロリ。 「命に別状はまったくないが、副作用の心配が抜けるまで取り敢えず入院しましょう。」 との事で入院が決まった。 末っ子が嫁か俺でないとギャン泣きしてまうんで、病院では交互に末っ子を抱っこしながら娘の元へ。 皆さんもお子さんの誤飲は気を付けてくださいね。 #日本 #japan #娘 #むすめ #daughter #家族 #かぞく #family #大家族 #誤飲 #病院 #入院 #点滴 #大事には至らず #1号ファインプレー #当の娘は腕の点滴カバーに描かれたキティちゃんとおままごとを楽しむ

A photo posted by Kojiro Watanabe (@bloodyhip) on

子の一大事にも、ユーモアを交えるKojiroさん。
だけどそこからは感じるのは軽薄さや悪ノリではなく、あふれんばかりの愛情。

ブログがあります

Instaのアカウントプロフィールにも載っていますが、Kojiroさんはブログを持ってます。

ブログ開始の理由は、奥さんの乳がん。

ただ、大丈夫だったという結果を聞いた時、思わず泣いてしまった自分に「あぁ、普段の当たり前の生活って、こんなにも幸せなんだなぁ。」と気付かされた私。
その平凡な日常と、非凡なよめの生態を記録として残すべく、これからここに観察日記を記録していこうと思う。-ブログより

これを読んでからの、ブログ記事やInstagramの写真の数々を見ると、また胸が熱くなります。

ブログ7回(約二ヶ月)で終わってるけど!!!

これすらももはや魅力に思えてくるKojiroさん。
なんていうか、おもろい大阪のおっちゃん感がたまりません。(大阪の方なのかどうかわかりませんが)

そして奥さんも

奥さんの友美さんもアカウントをお持ちです。

今日ホワイトデーで明日初デートな2号!なのにまさかの娘の風邪もらって昨晩高熱(;д)今朝は気合いで起きて気合いで熱下げて( ´艸`) 今日の学校のボランティアで渡す約束したらしく部活を休んだらボランティア行けないしボランティア行かなかったら渡せないしで無理してでも部活にいった2号(´д`)明日は初デートなんだし無理するなよ #これからボランティアデート#清いお付き合い#明日は初デート#本当はまだ身体が怠そう#でも決して弱音は言わない#頑張れ青春#手を繋ぐか繋がないか相談した#チャンスがあったらすることに決定

A photo posted by 渡邊知美 (@tomomi0711) on

Kojiroさんとはまた違った視点から見れる家族の様子は、DVD特典的な嬉しさがあります(笑)
合わせて見ると、楽しさ二倍。

「家族」という幸せ。「笑顔」という幸せ。

幸せとはなんなのか。
これは、成人したころからずっと胸に抱いている思いです。

これまでたくさんの人と話しながら、例えば名誉やお金であったり、最愛のパートナーと出会い家族をもつことだったり、あるいは自分の夢の実現だったり、人それぞれが持つ幸せの指標の多様さと、自分にとっての一番の幸せとはなんなのかを、今もずっと考えています。

ニューヨークに渡ってからは、様々な分野の第一線で活躍する人たちを見て、ぼくもこうなりたい、と思ったりもしました。

だけどKojiroさん家族を見ていると、こういう何気ない、家族と作る日常の中に、そこから生まれる笑顔に、穏やかな、かけがえのない幸せがあることを感じさせられます。

実際帰国する度に、母と夜遅くまでお茶を飲みながら喋ったり、そっけない妹を質問攻めしたり、おばあちゃんとお菓子食べながら喋ったり、父に酒飲みながら説教されたり、そんなみんなでお好み焼きをひっくり返しながら団欒している中で「幸せだなぁ」と感じたりするのです。

まだまだ経験不足のぼくには本当の幸せとはなんなのかはわかりませんが、こういう家族の幸せというものも自分の目指すべきものの一つであることは間違いないありません。

そしてまた、こういう自分とは直接つながりのない場所で生まれてくる笑顔ですら守れるような、そういうところを目指していきたいと、Kojiroさんのアカウントに溢れる子供たちの笑顔を見ていて、切に思いました。

本当に、本当に素敵なアカウントです。
みなさん、ぜひお二人のアカウントをフォローしてみてください。
きっと、幸せを分けてもらえるはず。

2014年は皆様に我が家を愛して頂き、誠にありがとうございました。 お陰様でフォロワーの皆さんも1000名を超え、嫁が出先でフォロワーさんに声を掛けてもらうという夢も現実に近付いてきました。 ただ、皆さんの写真全てにいいねを押せず、頂戴しているコメントの返事もなかなか返せない事を申し訳なく思っています。 皆さんの写真は楽しませてもらってますし、コメントも出来る限り返していきますので、気長にお待ちください。 2015年も引き続きマイワイフ、ビッグベイビー1号、2号、娘、末っ子を何卒宜しくお願い致します。 #日本 #japan #嫁 #妻 #家族 #よめ #つま #かぞく #wife #family #巨嫁 #crazywife #2015 #新年のご挨拶

A photo posted by Kojiro Watanabe (@bloodyhip) on

あ、ついでにぼくのアカウントもよろしければ・・・。笑

チャンスがあれば、ぜひKojiroさんの主催するオフ会なんかにも参加してみたいです。

 
 
 
そんな感じで。