• Home
  • /
  • ガジェット関係
  • /
  • 大人気のANKER Astro M3をゲット!これは現行モバイルバッテリーの完成型かもしれない。

大人気のANKER Astro M3をゲット!これは現行モバイルバッテリーの完成型かもしれない。

anker_m3

iPhone 5のお供に、新たなモバイルバッテリーを導入しました。

電池の持ちが悪いiPhoneと、もはやセットになりつつあるモバイルバッテリー。
私的にその二強と言えばCheeroとANKERですが、僕はANKER Astro 3Eを愛用していました。
iPhoneに必須。携帯充電器はANKER Astro 3Eが良いよ。

そんな僕の元に、今年の夏頃入ってきた情報。
3E以上の容量を持ちながら、3EよりもコンパクトなAstroが出た、と。

それを聞いた僕はすぐさまチェック。
そして見つけてしまったのです。

そう、ANKER Astro M3に。

これは衝撃でした。
このコンパクトさ、鮮やかなシェイプ、そして3Eを上回る充電量。
一目見て、これは買いだと思いました。

ANKER Astro M3

今までのイメージを一新して、パッケージから本体まで劇的にデザインが変わりました。

開封の儀

▼3Eの時とは同じ会社とは思えぬパッケージ。→参照記事。
anker_m3
日本版だからなのか。
日本版の3Eもこんな箱だったのか。

▼裏の説明書きも、まるでテンプレのようなシンプルさ。若干QRコードの位置が気になる。
anker_m3

▼そうです、13000mAh。iPhone約7回分の容量。どんだけ。
anker_m3

▼表面のカバーを外すと、シンプルな箱が登場。
anker_m3
本当、何があったんだろう3Eの時から。

▼ゆっくりとその姿を現すM3。
anker_m3

▼そして明らかになる全貌。
anker_m3
憧れの人に会えたような気持ちです。
目の前にM3がいる!!!

▼これが全体内容。
anker_m3
専用ポーチとmicroUSBケーブル、充電アダプタ、そして説明書。

▼説明書には日本語の記載アリ!(当たり前か)
anker_m3
充電のことなどが、非常にわかりやすく書かれています。

使ってみた

とりあえずテスト使用をしてみることに。
▼その前に表面のフィルタをはがしておきます。
anker_m3

説明書によると、電源ボタンを三秒以上長押しするとLEDライトが点灯するとのこと。

・・・は?

何でLEDライト???

試しに3秒押してみたら
▼わぁほんとだ、ライトがついた!
anker_m3
暗闇でも懐中電灯の役割がはたせるっちゅー事でしょうか。
まぁ、あって困るもんではないからいいか。

▼ば、ばれたー!!
anker_m3

▼ちなみに電源を押すと、このように青いライトが光ります。
anker_m3

この青いライトの光具合でそれぞれ、本体とスマホの充電量がわかるみたい。便利。

▼動作確認のため3GSでトライ。
anker_m3

画面は写ってませんが、ちゃんと充電出来ました。

▼iPhone 5もKeroのNomad cableで実験。
anker_m3
こちらもバッチリでした。

▼付属のアダプタとケーブルを使って、本体そのものの充電をチェック。
anker_m3
¼が点滅していました。これは75%~100%充電が終わっているという意味らしい。

まとめ

モバイルバッテリーは、軽くて小さいに越した事無い。

これでカバンの中の面積をまた少し稼げました。
ものがコンパクトになると、その分動かし易く、あるいは動き易くなっていいですね。

これからはM3を使って、スマートなiPhone充電ライフを送りたいと思います。

田舎暮らしをしながらサイト運営したり、Webや空間をデザインしたり、ディレクターしたり、文章書いたりしているフリーランス。ブログでは、こんなにも選択肢が多く、だけどなぜか生き辛いこの世界で「どうやったら【楽しく】生き残れるか」をテーマに、日々の暮らしに役立つモノの紹介、効率化、サバイバル術、その他「生きる」ためのあれこれについて書いています。 • • • プロフィール // 問い合わせ // Instagram