高速バス・ユーロラインに乗って、アムステルダムからパリへ。電子書籍があって良かった。[ヨーロッパ旅2014夏]

amsterdam-to-paris

ヨーロッパ旅十日目、オランダはアムステルダムより。
2014年夏のヨーロッパ旅の記録はこちら

アムステルダムの締めだった中央図書館で大満足した翌日。
早朝、滞在していた部屋を後にし、Kantoorという名の駅に向かいました。
駅では、ユーロラインと呼ばれる欧州を巡るバスに搭乗します。

次の目的地は、パリです。

※前回の記事はこちら→アムステルダム中央図書館はもはやレジャー施設。日本にもこんなの作って欲しい!>>スマホで読める!パリの観光ガイド

ユーロライン

amsterdam-to-paris

日本で言うところの、所謂長距離バス。
ただし、日本国内で乗るのとは訳が違うようで、同じEU圏内とはいえ国家間を通るので、一応受付での荷物の手続きなどが必要となります。(パスポートの確認をされたかどうかは覚えてません)

少し迷ってしまったこともあり、駅に着いたのはバス出発予定午前8:00の10分ほど前だったのですが、停留所の受付に、既に10人位人が並んでました。受付のカウンターが10個くらいあるにも関わらず一個しか空いておらず、焦る。

ただ、さすがのバスも非情ではなく、ちゃんと全員揃うまで待ってくれました。ってゆーか、皆ガンガン遅れて来てた。

amsterdam-to-paris
内装も日本の高速バスと大差ない感じで、特別良くも悪くもなく。
ただ素晴らしかったのは、Wi-Fiが完備だったこと。
七時間の長距離移動だと、やることなくなってくるのでインターネットは助かります。

ただ一つ辛かった点が。
一応共通語として、運転手さんが英語でもアナウンスしてくれるのですが、フランス訛りかなんなのか、その英語がものっすごいわかりにくいのです。
一度、パーキングエリアで乗客全員降ろされることがありまして、不安になって理由を尋ねたのですが、全く何いってるか分かりせんでした。後からわかった理由は、そこでバスの運ちゃんが交代するってだけだったのですが(乗客の確認のために全員降ろされたっぽい)、運ちゃん、顔怖すぎたわ。

amsterdam-to-paris
ちょいちょいGoogleマップで居場所を確認していると、いつの間にかブリュッセルを通過。

そこからまた数時間揺られつつ、バスは西へと向かって行きます。

パリ到着

やはり言語がわからないというのは不安なもので、色々心配しつつもなんとかパリ、Galliani駅に到着。
ほぼ予定通り、15:00頃着。
総時間は約8時間で、途中二回ほどの休憩を挟みました。

ちなみに価格は€33(4500円くらい?)。
国を移動すると思えば、全然安いですね。

バスの旅には電子書籍

バスが朝早かったこともあり、寝てた&iPadに入れてた電子版「闇金ウシジマくん」のお陰で、割とあっという間に感じました。

パリへ向かう景色を横目に読むウシジマくんも、なかなかオツなもんでした。(なにしてんねん)

飛行機や新幹線みたいにテーブルなどもついていないし、動けるスペースが限られているバス。
スマホは画面小さいから目が疲れるし、ということでタブレットが最高でした。
僕のはiPad Retinaなので少し重いのがネックですが、現行のiPad Airやminiならもっと快適だと思います。

※2016年1月追記:Kindle Paperwhiteが超はかどりますよ。
これから海外で暮らすのなら今から電子書籍デビューしておくことをお勧めします。

こう思った。

バスの旅には是非電子書籍リーダーを。

ヨーロッパを安価に旅したい方には、格安バスであるユーロラインは非常にお勧めできますが、とにかく時間がかかるのでその暇つぶしのためにも一つ、持っておくことをオススメします。

続く。

>>スマホで読める!パリの観光ガイド

パリのホテルを探す

ヨーロッパでホテルを探すなら、掲載数・割引率ナンバーワンのBooking.comが一番オススメです。
パリでホテルを探す

滞在費を抑えたいならAirbnbで現地の人の家にショートステイ。ここから予約すると初回宿泊が$20(USドル)OFFになります。
Airbnbでショートステイを探す

Facebookもちょくちょく
更新してます。

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。