• Home
  • /
  • アメリカ横断
  • /
  • 二ヶ月歩けば横断できる?出来るだけ安く・安全にアメリカ横断をするための必要期間とコストを調べてみた。【アメリカ横断への道】

二ヶ月歩けば横断できる?出来るだけ安く・安全にアメリカ横断をするための必要期間とコストを調べてみた。【アメリカ横断への道】

Cost for across usa copy

ニューヨークで暮らし始めてからまもなく六年目に突入。

当初からの憧れだったアメリカ横断を未だ達成せぬまま、結局こんなに時間が経ってしまったわけですが、ついに実行に移そうと動き始めています。

ちなみに期間は一度国外に出て、観光ビザで入りなおして最大日数の三ヶ月間をできればいいなぁ、と考えていますが、これは予算と相談。
どうせやるなら三ヶ月、がっつりとやりたい。【アメリカ横断に向けて】

それに向けて着々と計画を練っており、安全面や期間、コストなどを踏まえ、どうやったら一番理想的な横断が出来るかを徒歩・自転車・車でリサーチしたので紹介します。

それぞれの方法に、いくつかの指標を星の数で五段階評価をつけてみました。
指標は

  1. 時間的余裕=(90日-必要最低日数)
  2. コストの安さ
  3. リスク
  4. 実現性
  5. モチベーション

の五つ。

もしアメリカ横断を考えている人がいれば、参考になれば幸いです。
※ちなみに、各方法に必要な備品などは計算に入っていませんので悪しからず。

徒歩

とゆーわけで一つずつ見ていきます。

もっともコストが安くできるのは間違い無く徒歩。
そりゃそうです。移動に必要なのは 自らの肉体のみ。

Cost for across usa walk copy

というわけで調べてみました。

必要日数

やり方は簡単。Googleマップで出発地をニューヨーク、目的地をサンフランシスコにするだけ。

その結果がこれ、どん!

oudan-toho

955時間!!
何日だよ!(※約23日です)

しかもこれ、ノンストップで歩き続けた場合の数値なので寝る時間は含まれてません。
となると、寝る時間以外歩いてることを想定して、多分死んだように寝るだろうから、最低8時間は必要として、24時間-8時間は16時間。

955時間を16時間で割ると、59日!

三ヶ月以内ではなんとか達成可能そうですが、二ヶ月ではギリギリですね。

とはいえ、これはあくまでも山だろうが川だろうが一定のスピードで歩き続けた場合の日数
途中雨が降ったり体を壊したりする可能性も考えたら、時間的余裕は一切ありません。

目的が本当にもうただ横断するだけになってしまうという致命的欠点があります。

必要資金

さらに徒歩は安いと最初に書きましたが本当にそうなんでしょうか?

アメリカは実は、許可のある場所以外での野営(キャンプ)は禁止されており、一日限界まで歩いてその場でキャンプ、なんてことは出来ません。
夜の移動は厳しいだろうし、ともすればできる時はまだしも出来ない時は、野宿をするか、あるいはモーテルなどを利用することになります。

キャンプ場なら一泊$5くらいから、モーテルなら最低一泊$50くらいからとのことなので、可能な限りキャンプ場を見つけつつ行きたいけど、毎日そんな徒歩圏内にキャンプ場が必ずある可能性はちょっと厳しいと見て、半々で行ったと予測して、$5×30day=$150&$50×30day=$1500。結果、$1,650
運良くキャンプ場などが見つからず、やむなくモーテル率が増えればもっと高くなるし、意外とバカにならなさそうな宿泊コスト。

もちろん、野宿をすればこのコストは限りなくゼロに出来ます。僕は極力したくありませんが・・・。

さらには一日ひたすら歩くわけだからとにかく体力がいる。となれば必然的に食べる量は増えるだろうし、むしろ食べないと歩けない。
しかし、道具加え食材を持ち歩くわけにはいかない(というか持てない)ので、自炊セットを持ったとしてもなんだかんだ毎日何かを買うことになるでしょう。
毎日都合よく安く済ませれる保証はないから一日最低$7~$10と見積もって、60日で$420~$700。
それに宿代も嵩んでくるとなると、だいたい$2,000~$2,500といったところでしょうか。

実現性

で実際のところこれ出来るのか、って言われたら出来るけどやりたくないというのが正直なところ。

これだと、とにかく60日どころか最大の90日以内にゴールを目指さなくてはならず、行きたいところに行けなくなる可能性が高く、毎日の寝床や食事の心配で、全く心に余裕のない旅になってしまいそうな。

旅中にブログの更新なんてとてもじゃないけど出来ないだろうし、なんだったら極力荷物減らすためにPC置いていきたい勢いです。

期間が一年、とかなら歩くペースを落としてゆっくりやってみたいかもですが、ビザの関係上厳しいというのもあります。

多分これが一番ウケるんだろうけど。

  1. 時間的余裕 ⭐︎
  2. コストの安さ ⭐︎⭐︎⭐︎
  3. モチベーション ⭐︎
  4. リスク ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
  5. 実現性 ⭐︎⭐︎

予測最低日数と資金

最低日数:約59日
最低資金:約$2,000
1日当たりのコスト:約$34

自転車

続きまして自転車です。
これはしんどさと達成感のバランスが良さそうだなぁ、と考えているのですがどうでしょうか。

Cost for across usa bike copy

見てみます。

必要日数

まずはかかる日数を計算してみます。

ニューヨーク州 ニューヨーク から カリフォルニア州 サンフランシスコ Google マップ

281時間。
約12日。

あら。思ってたより短い。

しかしこれも寝る時間は含まれてないので一日8時間を差し引き、16時間で割ります。
すると約17.5日

これなら、三ヶ月とっても結構時間が取れるので、余裕を持って移動もできそうです。

ただ、やはり夜は移動できない点と、常に宿泊場所をしっかり定めながら移動する必要があるので、行動に多少の制限は伴いますね。

日数はあるので、同じ場所に数日滞在ということもできますし、それなら各地のキャンプ場を巡りながら旅をすれば、野宿はする必要がないかもしれませんね。

必要資金

キャンプ場を巡りながらモーテルは一切使わない、というていでいくのであれば、キャンプ場の利用で$5~$10/泊が12日。平均$8とみても$96。

食費は先の例と同じくらいと考え、12日間で$84~$120ほど。

合わせると大体$200くらい。

ただ問題なのは自転車代。
自転車そのものを持ってないので購入しないといけないのですが、横断に耐えうる自転車ってなるとかなりの質のものがいると予想されます。

自転車については素人なので如何とも判断しづらいのが痛いところですが、ざっくりと調べてみても$2,000くらいの物は用意した方が良いみたいです。(安物を購入してもトラブルの可能性があるとのこと。)

となると、$2,200
実際の自転車の値段にも大きく左右されますが、あまり徒歩と変わんないじゃん・・・

実現性

で、実際のところ出来るのかって言われれば割と出来そうだな、という感じ。
ただリスクを難点か挙げるとすると

  • 自転車(のパーツ)が盗まれるリスク
  • 故障した場合のコスト
  • 何もないところで故障した場合、荷物になり日数が増える
  • 荷物量の制限

何より難点なのは、過去五年間、ほぼ自転車に乗ったことがなく、しかも今までもママチャリしか経験のない自分がいきなりロードバイクをちゃんと乗りこなせるのかということ。

地平線を見ながら自転車で風を切れたら最高ですが、歩いてるときと同じだけの荷物(もしくはそれ以上)を抱えて、さらに自転車を運転するのは思ってるほど甘くないですよねぇ・・・。

ただこの場合、自転車なら最終地点で売却することが可能です。(いくらで売れるかは未知数ですが)

  1. 時間的余裕 ⭐︎⭐︎⭐︎
  2. コストの安さ ⭐︎⭐︎⭐︎
  3. モチベーション ⭐︎⭐︎⭐︎
  4. リスク ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
  5. 実現性 ⭐︎⭐︎⭐︎

予測最低日数と資金

最低日数:約12日
最低資金:約$2,200
1日当たりのコスト:約$183

ただし自転車が売れればその分コストは結果的に下がる。

そして最後は車。

問題となるイニシャルコストさえクリアすれば、あとは車の中で寝れるし最高だと思うんですがどうでしょうか。

Cost for across usa car copy

見ていきましょう。

必要日数

かかりそうな日数はこの通り。

ニューヨーク州 ニューヨーク から カリフォルニア州 サンフランシスコ Google マップ

45時間。

有料道路を使わなくても、二日。
途中寝て12時間ごと移動しても四日で行けます。

最大三ヶ月を考えても、なんていうか、時間的余裕最高。

雨にも負けず、風にも負けず、好きなときに好きなように移動できる。最高。
窓を全開に開けて、風を切りながら地平線を見つつルート66を走り抜ける。最高。

想像したら、僕の見たいアメリカがそこにありました。

必要資金

さらに車がいいなと思うのは、車の中で寝れるという点。
宿代も、キャンプなどを使わなければゼロ。

さらに車の中にものが詰めるので、クーラーボックスを利用すれば食材も腐らない程度のものなら多少買いだめできるし、自炊用品も持ち運べるので節約出来ます。
五年のNY生活で培った節約術を持ってすれば一日$3~5に抑えるのは余裕。
4日間であれば、$20でクリアです。

ネックなのは車の用意ですが、調べてみればニューヨーク発でレンタルするとSUV車で1日$200くらい。
4日間だと$800になります。

これだと、ちょっと自転車に心が傾く・・・。

これにさらにガソリン代がかかってきますが、車にもよるけどだいたい1,000キロあたり$60くらい見ておくといいらしいのですが、普通に横断すると大体5,000キロくらい。
で、結果$300くらいになるのでしょうか。

合わせれば$1120

実現性

実現性の高さではこれが一番リスクも低く快適ですが、レンタカーの費用から期間が伸ばしにくいというのが難点。一週間くらいまでなら、余裕ですが、これなら自転車で極限まで引き延ばしてもいいかなぁ、という感じ。

リスクもそれなりにあって、

  • アメリカで運転したことがない
  • 交通事故
  • 車が故障した場合の対策
  • 車中泊の安全性や如何に

など、懸念すべき点はたくさんあります。
ただ、他と比べてみると、できるならこれが一番理想かな、と。

  1. 時間的余裕 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
  2. コストの安さ ⭐︎⭐︎⭐︎(⭐︎⭐︎?)
  3. モチベーション ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
  4. リスク ⭐︎⭐︎
  5. 実現性 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

予測最低日数と資金

最低日数:約4日
最低資金:約$1,120
1日当たりのコスト:約$280

レンタカーをする場所を変えると・・・?。

1日当たりのコストが非常に高くついた車ですが、レンタカーをする地点をニューヨークではなく他の場所にすることでコストを押さえられる可能性があるそうです。

実際試しにNY発ではなく、フロリダ発で調べたところ、車種は違えどSUV車を1日$39で借りれることが判明。
参考サイトRentalCars.com

これだとだいぶ話が変わってきますし、期間を延ばすことも可能。

というか、仮に$39でレンタルした場合のコストは

最低日数:約4日
最低資金:約$520
1日当たりのコスト:約$130!!

しかもさらに、長期でレンタルすると割引が効くようで、長ければ長いほどコストは下げれるっぽい。
ニューヨークからフロリダまでの国内線LCCの分を加味しても、このコストの安さは目を見張るものがあります。

ただ、世話になったニューヨークから最後、車で出て行きたかったというのが心残りですが、まぁそれはいいや。

僕は車で行きます。

実はこのリサーチを行ったのは一ヶ月以上前で、この記事時点では車で行くことは決定しておりました。

あとはどれくらいまで期間が伸ばせるか。
つまるところ、帰国までにいくら稼げるか。

資金繰りに関しては今色々と試行錯誤中ですが、一体どうなることやら。
やれるだけ頑張ってみます。

最大の難点はシャワー

さて、ここに至るまでホテルやモーテルは極力使わない、とのたまってきましたが、シャワーはどうするのか。

当然僕もいい年齢の男なので考えないワケではないのですが、トイレの水道でタオルを濡らして体を拭いてたなんて猛者もいるので、なんとでもなると思っています。

人間、寒さや食欲で死ぬことはあっても、臭さで死ぬことはありませんから!

達成なるか・・・?

アメリカ横断したい。

三十分で終了!門真の免許センターで国際免許の取得方法。【アメリカ横断に向けて】

田舎暮らしをしながらサイト運営したり、Webや空間をデザインしたり、ディレクターしたり、文章書いたりしているフリーランス。ブログでは、こんなにも選択肢が多く、だけどなぜか生き辛いこの世界で「どうやったら【楽しく】生き残れるか」をテーマに、日々の暮らしに役立つモノの紹介、効率化、サバイバル術、その他「生きる」ためのあれこれについて書いています。 • • • プロフィール // 問い合わせ // Instagram