え、そんなのまで知ってんの!?日本好きのアメリカ人が好きな日本のバンド・ミュージシャン・ベスト10!

SPONSORED LINK




Best10music eyecatch
(by:kris krüg)
不定期で、現地の人に日本語を教えてるインストラクター的な事をしてます。
それ故日本好きのアメリカ人の友人が結構多いのですが、そんな彼らとたまにカラオケなどにいくと、結構日本のバンドやミュージシャンの音楽を歌ってくれたりします。

今回は、そんな彼らから聞いた日本の好きなバンドやミュージシャンをまとめてみました。

ちなみに僕の友人から聞いたのをベースに作ったランキングなので、全く数値的な根拠はありませんが、何かの参考になればいいと思います。

第10位・Nujabes

いきなりのまさかのですが、これが結構ガチなんです。
サムライチャンプルーというアニメが非常に高い人気を博しているのですが、その音楽を担当していたのがこのNujabes。その関係か、彼の音楽の認知度が意外に高いです。

今聞いてもめちゃくちゃカッコいいんですが、残念ながら2010年に急逝してしまったのが悔やまれます。

MINMIとコラボしたエンディングテーマ「四季ノ唄」を聞くと、反応する人多し。

第9位・FLOW

もはや最強のアニソンバンドと言っても差し支えないかもしれません。
エウレカセブン、コードギアス、NARUTO…上げればキリがありませんが、それらの影響で、海外のイベントでも数々の成功を収めています。

エウレカセブンが海外でも高い人気を博した影響か、DAYSという曲は特に人気。

第8位・ASIAN KUNG-FU GENERATION

今や日本を代表するバンドの一つにまで上り詰めたアジカンもまた、海外での認知度が高まっています。

NARUTOの人気が海外で高いのはみなさんもご存知だと思いますが、その影響でアニメ初期にテーマソングになっていた「遥か彼方」は皆、歌詞を覚えてるほど。

第7位・Dir en Grey

元ビジュアル系・現ハードコアメタルバンドのDirは、一部の層の間でカリスマ的人気を博しています。
ボーカル京の描き出す、和をベースにした独特の世界観に魅力を感じる人が多いのかもしれません。

ヴィジュアル系時代の楽曲の方が認知度が高いですが、近年の海外ツアーでも着々と成功を収めています。2012年のニューヨークでのライブも大成功でした。

第6位・きゃりーぱみゅぱみゅ

近年精力的に海外で活動を行うきゃりーぱみゅぱみゅ。
その甲斐あってか彼女の認知度は結構高いです。

アリアナ・グランデなど、海外アーティストからのラブコールもあり、単なる日本好きだけでなく、一般レベルでの人気が高まっています。

但し、皆「ぱみゅぱみゅ」が発音できません。

第5位・マキシマム・ザ・ホルモン

彼らは間違いなく、DEATH NOTEで火がついたのですが、結構コアなメタルファンなども虜にしていて、海外ではCD販売してないにも関わらず、ライブは大盛況でした(笑)
>[ライブレポ]マキシマムザホルモンNYライブ!世界の中心で膣ジャンプしてきたった!

全くと言っていいほど海外戦略を展開していないのに、これほど海外で人気を博したのには、単純なイロモノ目当てではなく、楽曲や演奏のクオリティの高さが音楽ファンに届いてるのだと思います。

第4位・MIYAVI

海外で活躍するアーティストの一人として絶対に外せないのはこの人でしょう。
かなり以前から積極的に海外での活動を展開し、近年は日本を代表するアーティストの一人として認知されています。

圧倒的な演奏力とそのヴィジュアル、そして楽曲に散りばめられた彼独自の「和」のコンセプトが海外に受け入れられ、Youtubeでも彼の演奏に憧れて動画を投稿する人も多いです。

第3位・BABY METAL

その愛くるしいビジュアルと本格的なメタルサウンドのギャップで新たなジャンルを切り開く彼女たちBABY METALは、今や飛ぶ鳥を落とす勢い。

あのレディー・ガガまでがファンを公言し、単なる珍しい日本のアイドルの域を出て、世界のメタルファンなどの間で、その知名度を広げています。

第2位・ONE OK ROCK

海外で活躍するバンドといえば、彼らを外すことは出来ません。
若い子のあいだで今一番人気があるのは、間違いなく彼らONE OK ROCKでしょう。
>[ライブレポ]ONE OK ROCK Live in NY 行ってきた!けど・・・

毎年のようにワールドツアーを行い、海外のファンとも積極的に交流し、着実にその知名度、人気を高めつつあります。
ニューアルバム「35xxv」も世界に向けて発売され、今後もその注目を浴び続けるでしょう。

第1位・The Pillows

もはや大御所バンドでありながら、いつになってもその純度を失わないThe Pillows。
アニメ・FLCLがきっかけになり、日本よりも海外での評価が高まったのは、今の若い人はもしかしたら知らないかもしれません。

近年はあまり海外ツアーを行っていませんが、その人気は今でも健在で、特に20代後半から30代の男性に強い支持を得ています。
僕自身がファンなので、周りの奴らとも盛り上がり・・・結果的に一位になりました(笑)

その他

周囲の友達がやはり男20代中心なので、かなり偏ったランキングになってしまいました。
女の子の間では、安室奈美恵、倖田來未、中島美嘉、M-flo辺りが人気の印象です。
バンドでは、CrossfaithCold Rainなども活動の幅を広げていますが、どちらかと言えばヨーロッパの方が人気がある印象が強いです。
大御所で言えばXもランキングに含まれておかしくないのですが、周りにあまり好きな子がいなかったので今回は除外しました。

  • 関連記事▶[ライブレポ]X JAPAN、NY公演に参戦!ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで日本の伝説的バンドの熱狂を感じてきた。We are…X!!!!!
  • まとめ

    日本のバンド・ミュージシャンは、もっと海外展開すべき。
    一昔前に比べ、海外で聞けるアーティストのバリエーションは増えたものの、やはりまだほんの一部です。
    恐らく、今の音楽業界には色んなしがらみがあったり、海外戦略に長けた人があまりいないのが原因なのだと思いますが、実際にここに住んでいると日本のアーティスト、特にバンドはもっともっと海外で評価されていいレベルだと個人的には思います。
    それをプッシュできる事務所、レーベルがもっとあればいいのに、と思っています。

    海外ではPVが見れないとか有り得ないっすよソ○ーミュージックさん!!!

    そんな感じで。

    こちらの記事もチェック

    >日本人なら抑えておきたい”日本好きのアメリカ人が好きな漫画”まとめ[随時更新]

    >日本から帰ってきたアメリカ人の友人が見せてくれた一枚の写真が衝撃的だった。

    ↓このブログを書いた人↓

    SPONSORED LINK

    シェアしてもらえたらめっちゃ喜びます。

    LINE@発信中!

    就職経験無し、田舎暮らしのフリーランサーが、この不安だらけの世の中でいかに楽しく生き残るかについて書く「現代サバイバル論」をLINE@で発信しています!

    ブログでは見せない、ちょっと尖ったオピニオン発信中!